看護学部

看護学部からのお知らせ

2022年01月07日 【看護学部】一般選抜対応に関するQ&A ― 新型コロナウイルス感染症との関連において ―

一般選抜対応に関するQ&A
― 新型コロナウイルス感染症との関連において ―
 
東京女子医科大学
看護学部
 
 本学の一般選抜を受験なさるにあたり、新型コロナウイルス感染症との関連で受験生ならびに保護者の方々が判断に迷う可能性がある事柄について、大学としての対応を下記の通りQ&Aにまとめました。
 
 
1.試験日までの準備等に関して 
Q1:受験生本人の新型コロナウイルスワクチン接種がまだ完了していません。試験当日までに2回目(もしくは3回目)の接種が完了していない場合でも受験できますか?
 
 →受験生のワクチン接種は受験要件とはしておりません。したがって、受験生ご自身がワクチン未接種の場
  合でも受験可能です。
 
Q2:新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する書類や記録を、試験日当日に持参する必要はありますか? 
 →ワクチン接種の完了は受験要件とはしておりません(前掲Q1参照)。したがって、受験生ご自身にワク
  チン接種記録や証明書類をご提出していただく必要はございません。
 
Q3:試験の何日前から体温測定が必要ですか? 
 →試験日当日を含む14日前からの体温計測を求めています。受験生ご自身やご家族の健康、安全な受験環境
  を確保するためにも、1日1回以上体温測定を行ってください。
  試験日当日を含む14日前から何らかの身体症状が出現した等の場合の対応は、Q4~Q7をご参照くださ
  い。
 
Q4:試験の14日前から試験日までの間に、受験生本人に発熱、咳、味覚の異常あるいは嗅覚の異常等の症状が現れた場合、予め女子医大への事前申告が必要ですか? 
 →電話等での事前もしくは当日の申告は不要です。受験生ご自身や、他の受験生の方々を感染から守るため
  にも、試験当日を含む2週間以内に、次の各症状(37.5℃以上の熱、強いだるさ、息苦しさ、発熱・咳な
  どの比較的軽い風邪症状が4日以上持続している、寒気、筋肉痛、咽頭痛、嘔吐・下痢、味覚障害・嗅覚
  障害、下痢)が出現している場合には、一般選抜本試験の受験は取り止めていただき、追試験受験に該当
  する場合は、追試験の受験をご検討ください。
 (試験当日に咳・発熱等の症状が出た等の場合の対応は、Q9~Q11を、追試験については本Q&A末尾の
 【本試験の取扱いについて】をご参照ください。)
 
Q5:試験日の14日前から試験日までの間に、受験生と同居する家族が新型コロナウイルス感染症の感染者であると認定された場合、試験当日の受験は可能ですか?
 →試験日の14日前から試験当日までの間に、受験生ご自身に次の各症状(37.5℃以上の熱、強いだるさ、
  息苦しさ、発熱・咳などの比較的軽い風邪症状が4日以上持続している、寒気、筋肉痛、咽頭痛、嘔吐・
  下痢、味覚障害・嗅覚障害、下痢)が出現した場合は、一般選抜の受験はお控えいただき、該当する場合
  は追試験の受験をご検討ください(Q14参照)。
  受験生ご自身が濃厚接触者である場合(本Q&Aでの濃厚接触者とは、保健所より濃厚接触者に該当すると
  伝えられた者をいいます)の対応はQ7をお読みください。  
 
Q6:本試験日当日を含む14日前より以前に受験生自身が新型コロナウイルス感染症に感染していると診断されました。試験当日は経過観察期間が終了しており、PCR検査の結果陰性が確認された場合、受験は可能ですか?その場合、陰性であることを証明する書類の提出は必要ですか?
 →受験は可能です。試験当日を含む14日以内に次の各症状(37.5℃以上の熱、強いだるさ、息苦しさ、発
  熱・咳などの比較的軽い風邪症状が4日以上持続している、寒気、筋肉痛、咽頭痛、嘔吐・下痢、味覚障
  害・嗅覚障害、下痢)が出現していない場合(すなわち試験当日を含む14日よりも前の時点で症状が消失
  している場合)、受験が可能です。本試験実施日に受験生ご自身が無症状であることを健康チェック表
 (受験票と一緒に郵送)にてご申告いただければ結構です。本試験の実施日に新型コロナウイルス感染症に
  罹患または濃厚接触者に該当するとして追試験を受験する場合を除いて、陰性であることを証明する書類
  の提出は不要です。
 
Q7:試験当日を含む14日前から試験日までの間に受験生自身が濃厚接触者と認定された場合、試験実施日の受験は可能ですか?その場合、どのような対応をとる必要がありますか?
 →本試験受験に際して、新型コロナウイルス感染症に関して濃厚接触者に該当すると保健所等から認定され
  た方は、一般選抜本試験の受験はとりやめ、追試験の受験をご検討ください。追試験については、本Q&
  A末尾の【追試験の取扱いについて】をお読みください。
  なお、追試験日が濃厚接触者として該当する場合には、入試本部にお電話ください。詳細は本Q&A末尾
  の【追試験日に関する追加措置】をお読みください。
 
 
2.試験当日にかかる対応等に関して
Q8:新型コロナウイルス感染症に罹患していないことの証明は必要ですか?
 →本試験の実施日には証明は不要です。しかし、本試験の実施日に学校保健安全法第1種感染症(新型コロ
  ナウイルス感染症等)の罹患者または濃厚接触者であるとして追試験を受験される方には、追試験受験に
  際して別途対応を求めております。詳細は本Q&A末尾の【追試験の取扱いについて】をお読みくださ
  い。
 
Q9:試験当日の体温が37.5℃以上の場合、受験できますか?
 →受験することはできません。試験当日の体温が37.5℃以上の場合は、一般選抜の受験はとりやめていただ
  き、該当する場合は追試験の受験をご検討ください(Q14参照)。試験当日を含む14日以内に体調不良の
  症状が見られる方に受験をとりやめていただくことは、受験生ご自身だけでなく他の受験生等を感染から
  守るための措置でもあることをご理解ください。
 
Q10:試験当日になり、受験生本人に発熱・咳等の症状が出ました。感染が心配なので、当日PCR検査で新型コロナウイルス感染症の陰性確認を受けた後で、試験を受験することは可能でしょうか?
 →試験日の朝の体温、試験会場のサーモグラフィーの計測体温が37.5℃以上の場合、受験することはできま
  せん(Q14参照)。
  追試験の受験該当者を除き、新型コロナウイルス感染症に関する検査結果等の提示は受験要件とはしてお
  りません。仮に受験者自身がPCR検査等を試験当日に受けたことにより試験開始時間に間に合わなかった
  場合でも、不利益に対する救済措置は行っておりません。
 
Q11:受験生本人が新型コロナウイルス感染症に罹患し、本試験の実施日当日の時点で治癒したと診断されませんでした。受験は可能ですか?
 →本試験の受験は取り止めてください。本試験の実施日に、学校保健安全法第1種感染症(新型コロナウイ
  ルス感染症等)に罹り、治療などによる出席停止の期間が経過していない受験生は、他の受験生などへの
  感染の恐れがあるため、本試験を受験できません。該当する場合には、一般選抜の本試験の受験はとりや
  めていただき、追試験の受験をご検討ください。
  追試験の受験については本Q&A末尾の【追試験の取扱いについて】をお読みください。
 
Q12:新型コロナウイルス感染症への感染が不安なので、個別に別室受験を申請することは可能ですか?
 →受験生の希望に基づく別室受験の制度はございません。本学の入学者選抜に際しては、「令和4年度大学
  入学者選抜に係る新型コロナウイルス感染症に対応した試験実施のガイドライン(令和3年6月4日決定令
  和3年12月28日改訂 大学入学者選抜協議会)」を基に、感染拡大の防止に留意して随時試験会場の換気
  等を行い、「3つの密」が生じないように感染防止対策しているほか、受験生には受付時にサーモグラフ
  ィーによる体温チェックならびに健康チェック表の提出などをご協力いただいております。適宜、医師・
  看護師等を試験会場にも配置しておりますので、安心して受験なさってください。
 
Q13:新型コロナウイルス感染症への感染予防対策として、個別に準備が必要な物品等はありますか?
 →受験当日は①受験生ご自身の健康チェック表(受験票と一緒に郵送)、②ゴーグル(花粉症用の眼鏡等も
  可)、③マスクをご用意ください。①健康チェック表は受付時に提出していただきます。手指消毒用のア
  ルコールは会場内に完備しています。
 
Q14:新型コロナウイルス感染症に関連して、一般選抜(本試験)を受験することができないケースを教えてください。
 →①新型コロナウイルス感染症に罹患し、試験日までに治癒したと診断されていない場合
  ②試験当日に受付に提出する健康チェック表(受験票と一緒に同封)に列記する項目に該当する症状が、
   試験当日出現している場合
  ③試験日直前に保健所より新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者に該当すると伝えられ、試験日が健康
   観察期間中に含まれる場合
  ④学校において予防すべき感染症(学校保健安全法施行規則の規定による感染症)に罹っている場合

上記①~④に該当する場合は、受験者ご本人ならびにご家族の健康を守り、なおかつ安全な受験環境を確保するため本試験の受験を取り止め、追試験の受験をご検討ください。追試験の手続きに関しては下記の通りとなります。
 
【追試験の取扱いについて】
令和4年1月29日の一般選抜実施日に新型コロナウィルスに罹患した者(疑いも含む)や濃厚接触者の場合に限り、追試験を設定します。追試験の受付は、一般選抜試験当日、午前8時00分~午前10時00分の間のみ、入試本部(看護学部学務課TEL:03(3353)8112 内線31132~5)で電話のみで受け付けいたします。追試験当日に下記の書類を提出してください。追加受験料は徴収しません。
◎罹患した場合:診断書(治癒したことを証明するもの)
◎濃厚接触が疑われる場合:直近のPCR検査結果(陰性であることの証明書)
 

◆【追試験日に関する追加措置】
 追試験日(令和4年2月17日)に濃厚接触者に該当した場合には、直ちに入試本部(看護学部学務課TEL:03(3353)8112 内線31132~5)にお電話ください(平日:9時~17時)。
「濃厚接触者試験受験申請書」(申請書はこちら)を提出していただきます。

2022年01月07日 【追加】 看護学部 令和4年度一般選抜における追試験について

令和4年1月7日
 
【追加】 看護学部 令和4年度一般選抜における追試験について
(新型コロナウイルス感染症の罹患者または濃厚接触者への対応)
 
東京女子医科大学 看護学部
  
  東京女子医科大学看護学部では、令和4年度一般選抜試験における追試験について新型コロナウイルス感染症に対応した試験実施のため、下記のとおり特別措置を追加することをお知らせいたします。
 
新型コロナウイルス感染症 「罹患者」または「濃厚接触者」への対応を追加します
 
【現 行】
【試験に関わる注意事項】
・入学志願者が新型コロナウィルスに罹患した場合(疑いも含む)や濃厚接触者の場合に限り、追試験を設定します。追試験の受付は、一般選抜試験当日、8:00~10:00の間のみ、入試本部で電話のみ受け付けいたします。この他の日時では追試験の受付はいたしません。追試験当日に下記の書類を提出してください。追加受験料は徴収しません。
◎罹患した場合:診断書(治癒したことを証明するもの)
◎濃厚接触が疑われる場合:直近のPCR検査結果(陰性であることの証明書)
参考:令和4年度学生募集要項「8.選抜方法」
 ↓
【追 加】
◆追試験日に関する追加措置
 本試験の追試験日(令和4年2月17日)に濃厚接触者に該当した場合は、入試本部にお電話ください。
「濃厚接触者試験受験申請書」を提出していただきます。

申請書はこちら>>
 
入試本部:東京女子医科大学看護学部学務課 電話03-3353-8112 内線31132~5
以 上
 
【この件に関するお問い合わせ先】
東京女子医科大学 看護学部学務課
電話:03(3353)8112 内線31132~5

2022年01月06日 動画で見よう-キャンパスライフー 看護学部 第1弾を公開しました!

第1弾は、3年生の「精神看護学・各論」の授業の様子をご紹介します。
WEBオープンキャンパス・女子医大チャンネルをぜひご覧ください!(こちらをクリック

2022年01月06日 看護学部 一般選抜 願書受付中!!(1/21まで)

看護学部 一般選抜の出願を受付しております。

<日程>
入学検定料振込期間 ~令和4年1月19日(水)
出願期間 ~令和4年1月21日(金)当日必着
試験日 令和4年1月29日(土)
※募集要項の請求はこちらから。
 看護学部学務課窓口(平日9:00-17:00、土曜9:00-13:00)でも販売しております。

みなさまの出願をお待ちしております!