発表論文2013

20152014201220112010200920082007

1)内山 温, 中西 秀彦, 戸津 五月, 増本 健一, 鷲尾 洋介, 首里 京子, 今井 憲, 石田 宗司, 杉田 依里, 楠田 聡.インドメタシン投与が有効であったがその後に動脈管再開通を認めた極低出生体重児の臨床的特徴と再開通危険因子の検討

東京女子医科大学雑誌(0040-9022)83巻臨増 PageE125-E130(2013.01)

2)竹下 暁子,平澤 恭子, 内山 温, 楠田 聡, 大澤 眞木子.頭部MRIでprofound asphyxiaを認めた正期産児の予後(Outcomes in Term Neonates with Profound Asphyxia Diagnosed by Cranial MR Imaging)
東京女子医科大学雑誌(0040-9022)83巻臨増 PageE131-E136(2013.01)

3)杉田 依里, 平澤 恭子, 花谷 あき, 鷲尾 洋介, 戸津 五月, 増本 健一, 中西 秀彦, 内山 温, 楠田 聡, 櫻井 裕之, 大澤 眞木子.BCG接種時の皮膚裂傷からEhlers-Danlos症候群 と診断された超早産児の1例
東京女子医科大学雑誌(0040-9022)83巻臨増 PageE317-E322(2013.01)

4)内山 温.読解力がぐんぐんUP 新生児のバイタルサイン速習ドリル カルテ番号(11) Neonatal Care(1341-4577)26巻2号 Page164-166(2013.02)

5)内山 温.読解力がぐんぐんUP 新生児のバイタルサイン速習ドリル カルテ番号(12) Neonatal Care(1341-4577)26巻3号 Page232-233(2013.03)

6)楠田 聡.脳性麻痺と産科医療補償制度 産科医療補償制度の対象となる脳性麻痺 周産期医学(0386-9881)43巻2号 Page133-135(2013.02)

7)内山 温.水・電解質・糖の働きがまるわかり!新生児輸液管理なるほどQ&A (第3章)身体に必要な水・電解質・糖のはなし なぜ、身体には酸・塩基が必要?
Neonatal Care(1341-4577)2013春季増刊 Page130-134(2013.03)

8)内山 温.読解力がぐんぐんUP 新生児のバイタルサイン速習ドリル カルテ番号(13) Neonatal Care(1341-4577)26巻4号 Page336-337(2013.04)

9)西田 俊彦, 楠田 聡.注目のTopics データベースの構築 新生児領域におけるデータベースの構築.Fetal & Neonatal Medicine(1884-555X)5巻1号 Page19-23(2013.04)

10)内山 温.クローズアップ 図説 最新の小児科処置 臍処置(臍消毒、結紮、硝酸銀処置).小児内科(0385-6305)45巻4号 Page736-737(2013.04)

11)中西 秀彦.いつどのようにしてその治療を打ち切るか-エキスパートに聞く- 呼吸窮迫症候群.小児科(0037-4121)54巻5号 Page749-756(2013.04)

12)内山 温.読解力がぐんぐんUP 新生児のバイタルサイン速習ドリル カルテ番号(14) Neonatal Care(1341-4577)26巻5号 Page448-449(2013.05)

13)内山 温.読解力がぐんぐんUP 新生児のバイタルサイン速習ドリル カルテ番号(15) Neonatal Care(1341-4577)26巻6号 Page562-563(2013.06)

14)楠田 聡.ネットワーク研究でわかった新生児医療 周産期母子医療センターネットワークにおける極低出生体重児データベース 構築.周産期医学(0386-9881)43巻5号 Page619-622(2013.05)

15)内山 温.ネットワーク研究でわかった新生児医療 周産期母子医療センターネットワークにおける極低出生体重児データベース 年次推移(trend).周産期医学(0386-9881)43巻5号 Page635-639(2013.05)

16)中西 秀彦. 内分泌機能に大きく依存する新生児の循環調節 副腎皮質ホルモンの昇圧作用.日本周産期・新生児医学会雑誌(1348-964X)49巻1号 Page158-161(2013.05)

17)内山 温.読解力がぐんぐんUP 新生児のバイタルサイン速習ドリル カルテ番号(16) Neonatal Care(1341-4577)26巻7号 Page718-720(2013.07)

18)楠田 聡, 山口 文佳, 田村 正徳.NICU長期入院児の動態調査 日本小児科学会雑誌(0001-6543)117巻7号 Page1103-1109(2013.07)

19)内山 温.読解力がぐんぐんUP 新生児のバイタルサイン速習ドリル カルテ番号(17) Neonatal Care(1341-4577)26巻8号 Page782-783(2013.08)

20)楠田 聡, 藤村 正哲, 渡辺 博.新生児関連疾患がわが国の幼児死亡に与える影響 日本小児科学会雑誌(0001-6543)117巻8号 Page1267-1272(2013.08)

21)内山 温, 中西 秀彦, 戸津 五月, 増本 健一, 鷲尾 洋介, 首里 京子, 今井 憲, 石田 宗司, 杉田 依里, 楠田 聡.糖尿病母体より出生した極低出生体重児の臨床像と修正1歳6ヵ月時の予後.糖尿病と妊娠(1347-9172)13巻1号 Page84-87(2013.08)

22)内山 温.読解力がぐんぐんUP 新生児のバイタルサイン速習ドリル カルテ番号(18) Neonatal Care(1341-4577)26巻9号 Page938-940(2013.09)

23)楠田 聡.脳性麻痺-発症防止への挑戦 脳性麻痺発症率低減への戦略 新生児仮死への対応.臨床婦人科産科(0386-9865)67巻9号 Page943-950(2013.09)

24)中西 秀彦.周産期におけるPros、Cons 新生児編 超低出生体重児の人工換気はHFOで開始したほうがよい. 周産期医学(0386-9881)43巻9号 Page1085-1089(2013.09)

25)戸津 五月.周産期におけるPros、Cons 新生児編 超早期授乳はNEC発症のリスク因子である.周産期医学(0386-9881)43巻9号 Page1118-1119(2013.09)

26)柴田 直昭, 内山 温, 今井 憲, 首里 京子, 鷲尾 洋介, 増本 健一, 戸津 五月, 中西 秀彦, 山口 清次, 楠田 聡. 糖尿病母体児における低血糖時のインスリン、遊離脂肪酸、ケトン体の検討. 日本周産期・新生児医学会雑誌(1348-964X)49巻3号 Page969-973(2013.09)

27)内山 温.読解力がぐんぐんUP 新生児のバイタルサイン速習ドリル カルテ番号(19) Neonatal Care(1341-4577)26巻10号 Page984-985(2013.10)

28)楠田 聡.臨床研究の成果を実地臨床へ生かそう-産科編 関連データベースとのリンケージに向けて 新生児.周産期医学(0386-9881)43巻10号 Page1255-1261(2013.10)

楠田 聡. 痙攣. 産科婦人科疾患最新の治療 157-158、吉川史隆、倉知博久、平松祐司編、南江堂 2013 
2)楠田 聡. 便通異常. 産科婦人科疾患最新の治療 157-158、吉川史隆、倉知博久、平松祐司編、南江堂 2013

茨 聡, 和田尚弘, 大曽根義輝, 加藤英二, 澤田真理子, 長 和俊, 徳久琢也, 中澤祐介, 早川昌弘, 廣間武彦, 前出喜信, 山本 裕, 芳本誠司, 楠田 聡. 体外循環による新生児急性血液浄化療法ガイドライン. 日本未熟児新生児学会医療の標準化検討委員会. 日本未熟児新生児学会雑誌 (1347-8540)25巻1号 Page89-97(2013.02)
楠田 聡. 呼吸器疾患 標準小児科学 第8版 内山 聖 監修、原 寿郎、高橋孝雄、細井 創 編、医学書院 108-123, 2013

 

1)Yoshihara S, Kusuda S, Mochizuki H, Okada K, Nishima S, Simoes EA; C-CREW Investigators.
Effect of palivizumab prophylaxis on subsequent recurrent wheezing in preterm infants.
Pediatrics. 2013;132(5):811-8.

2)Kusuda S, Fujimura M, Uchiyama A, Nakanishi H, Totsu S; for Neonatal Research Network, Japan
Identification of practices and morbidities affecting the mortality of very low birth weight infants using a multilevel logistic analysis: clinical trial or standardisation?
BMJ Open. 2013;3(8):e003317

3)Ishii N, Kono Y, Yonemoto N, Kusuda S, Fujimura M; Neonatal Research Network, Japan.
Outcomes of infants born at 22 and 23 weeks' gestation.
Pediatrics. 2013;132(1):62-71.

4)Washio Y, Uchiyama A, Nakanishi H, Totsu S, Masumoto K, Kusuda S.
Hemodynamic analysis in infants with late-onset circulatory collapse.
Pediatr Int.2013;55(5):582-8.