発表論文2008

20152014201320122011201020092007

1)楠田 聡. 早産児と骨代謝. 小児の骨と発達とその異常性. 藤枝憲二編 診断と治療社 64-68, 2008

2)中西秀彦、楠田 聡. 新生児の交換輸血. 周産期・新生児の輸血療法. 大戸 斉、大久保光夫編 メジカルビュー社 89-93, 2008

3)楠田 聡 1500~2500g生まれた赤ちゃんのケアの留意点 ペリネータルケア27:1-6,2008

4)Fujioka H, Shintaku H, Nakanishi H, Kim TJ, Kusuda S, Yamano T. Biopterin in the acute phase of hypoxia-ischemia in a neonatal pig model. Brain Dev 30:1-6,2008

5)Masumoto K, Kusuda S, Aoyagi H, Tamura Y, Obonai T, Yamasaki C, Sakuma I, Uchiyama A, Nishida H, Oda S, Fukumura K, Tagawa N, Kobayashi Y. Comparison of serum cortisol concentrations in preterm infants with or without late- onset circulatory collapse due to adrenal insufficiency of prematurity. Pediatr Res 63:686-90,2008

6)楠田 聡. 新生児医療の経済的評価. 周産期医学38:117-120,2008

7)岡田賢司、楠田 聡、望月博之、戸苅 創、森川昭廣、西間三馨. RSウイルス感染重症化予防による後年の反復性喘鳴・喘息発症抑制効果の検討. 日本小児科学会雑誌 112:1017-1020,2008

8)Wada M, Kusuda S, Takahashi N, Nishida H. Fluid and electrolyte balance in extremely preterm infants

9)楠田 聡. Late Pretermに対応する周産期システムのあり方-新生児側から. 周産期医学 38:1031-1035,2008

10)金子孝之 呼吸窮迫症候群 ネオネータルケア 21;10-15,2008

11)青柳裕之 新生児一過性多呼吸 ネオネータルケア 21;16-22,2008

12)楠田 聡、福井トシ子. 周産期医療の格差を考える. 日本未熟児新生児学会雑誌20:203-204,2008

13)楠田 聡. 新生児の生理的特徴, 胎児循環・呼吸と出生時の変化. よくわかる病態生理15 小児疾患 日本医事新報社 2-8, 2008

14)楠田 聡. 新生児内分泌疾患マス・スクリーニングに関連した最近の話題-低出生体重児の低T4血症― ホルモンと臨床 56:945-948,2008

15)楠田 聡. 副腎機能 周産期臨床検査のポイント 周産期医学 38:363-364,2008

16)大塚素子, 小保内俊雅, 増本健一, 青柳裕之, 山崎千佳, 佐久間泉, 平澤恭子, 楠田聡, 仁志田博司, 大澤真木子 在胎28週の早産児に発症したビタミンB6依存性けいれんの一例 日本未熟児新生児学会雑誌20:281-286,2008

17)牧野康男, 松田義雄, 篠原徳子, 楠田聡, 太田博明【出生前診断と情報提供】 心室内腫瘤 周産期医学38:1389-1392,2008

18)楠田 聡、側島久典. 医療の標準化による新生児医療の今後を探る. 日本未熟児新生児学会雑誌 19:181-183,2008