発表論文2007

201520142013 20122011201020092008

1)横尾京子、楠田聡 【毎日のケアにプラス!ストレスサインの見極めと痛みの緩和ケア】 採血時の痛みの予防 医師と看護師の協働 Neonatal Care 20:1208-1211,2007

2)柳貴英、丸尾良浩、楠田聡 【周産期と黄疸 Up to Date】 産科における新生児管理  周産期医学 37:1275-1280,2007

3)新井順一, 高塚美紀, 田中太平, 渡部晋一, 大川直子, 石井玉起, 吉井千穂, 大木康史, 内山温, 楠田聡 【NICU夜勤・当直マニュアル まんがとチャートで強力バックアップ!】 入院から診断まで Neonatal Care 2007秋季増刊:61-127,2007)

4)平野慎也、藤村正哲, 楠田聡, 青谷裕文 超低出生体重児の脳室内出血および動脈管開存症の発症予防(ランダム化比較試験) 日本小児臨床薬理学会雑誌20:98-102,2007

5)世川修, 山高篤行, 吉田竜二, 川島章子, 木村朱里, 光永眞貴, 土屋晶義, 佐久間泉, 楠田聡, 仁志田博司, 宮野武 小児外科 新生児医療における内視鏡的アプローチ 新生児に対する腹腔鏡検査・手術 14年間の経験 日本周産期・新生児医学会雑誌43:905-907,2007

6)河野由美, 三科潤, 篁倫子, 原仁, 佐久間泉, 楠田聡, 仁志田博司. 腎障害を伴った糖尿病母体から出生した極低出生体重児の長期予後 糖尿病と妊娠7:97-101,2007

7)楠田聡【周産期の症候・診断・治療ナビ】 新生児編 診断ナビゲーション 酸塩基平衡の異常 周産期医学 37:560-562

8)楠田聡【周産期の症候・診断・治療ナビ】 新生児編 症候ナビゲーション 呼吸 呼吸困難 周産期医学37:376-379,2007

9)楠田 聡. 新生児の非侵襲モニタリング.今日の治療指針2007 :933-934,2007

10)楠田 聡. 未熟児貧血の治療は? EBM小児疾患の治療2007-2008 :675-684,2007

11)楠田 聡. 新生児仮死(neonatal asphyxiaあるいはbirth asphyxia).小児科学 第3版9章 新生児

12)山﨑千佳  新生児の基本管理マニュアル ボーダーラインリスクのある児の扱い方

周産期医学 37:71-75,2007

13)金子孝之. HFO. ネオネータルケア 20:39-44,2007

14)山﨑千佳. 新生児医療の代表的は手技・看護 保育器管理. ネオネータルケア 20:39-44,2007

15)楠田 聡 MFICUマニュアル 新生児薬物療法. 486-491 メディカ出版 2007 大阪

16)Kono Y, Mishina J, Takamura T, Hara H, Sakuma I, Kusuda S, Nishida H. Impact of being small-for-gestational age on survival and long-term outcome of extremely premature infants born at 23-27 weeks' gestation. J Perinat Med 35:447-54,2007

17)横尾京子、楠田 聡 採血時の痛みの予防. Neonatal Care 20:40-43,2007

18)横尾京子、楠田 聡、中込さと子、藤本紗央里、村上真理. NICUにおけるルチーン採血の現状と課題. 日本新生児看護学会誌13:18-25,2007

19)羽鳥文麿、市川光太郎、植田育也、梅原 実、我那覇仁、楠田 聡、阪井裕一、桜井淑男、志馬伸朗、杉浦正俊、鈴木康之、竹内 護、森田 潔. 新生児・小児集中治療委員会報告. 日本集中医誌 14:351-357,2007

20)楠田 聡 PalibizumabによるRSV感染症の予防 新生児医療の進歩 小児科診療 70:659-663,2007

21)楠田 聡 早産児のRSウイルス感染対策 シナジスの適正な使用方法 化学療法の領域 23:416-420,2007

22)妙中信之, 落合亮一, 平井勝治, 松川周, 宮内善豊, 安本進, 羽鳥文麿, 市川光太郎, 植田育也, 梅原実, 我那覇仁, 楠田聡, 阪井裕一, 桜井淑男, 志馬伸朗, 杉浦正俊, 鈴木康之, 竹内護, 森田潔,中澤誠, 青谷裕文, 岩佐充二, 市川光太郎, 長村敏生, 田中篤, 舟本仁一, 前多治雄, 松裏裕行, 森俊彦, 安田正, 山田至康, 和田紀久, 渡部誠一, 藤村正哲, 松井陽, 中川聡, 伊藤龍子, 衞藤義勝, 日本集中治療医学会集中治療部設置基準検討委員会: 小児集中治療部設置のための指針.日本集中治療医学会雑誌14:627-638,2007

23)竹村秀雄、楠田 聡. 周産期医療の地域化とそのシステムを見直す. 日本周産期・新生児医学会雑誌 43:957-959,2007

24)楠田 聡. 新生児とRSウイルス感染症. 小児科 48:1967-1972,2007

25)楠田 聡. 大きく変わりつつある治療法―RSウイルスとパリビズマブ. 小児内科 39:861-863,2007

26)楠田 聡. 超低出生体重児の生命予後の国際比較. 周産期医学 37:519-522,2007