Home NICUとは
NICU設立の歴史

08東京女子医科大学母子総合医療センターは1984年10月1日に開院しました。当時は、産科医療と新生児医療は別の医療として考えられており、運営も全く別の部門として行われていました。
しかし、母子の予後を改善するためには、両者を連続的な医療として扱う周産期医療の概念が必要になってきました。そこで、大学病院としてはわが国で初めての母子総合医療センターが設立されました。初代センター長は東京大学名誉教授坂元正一先生でした。開院に合わせて、それまでの新生児病棟を新生児集中治療管理が可能な機能をもったNICUに改修する工事が行われました。そして、NICU9床を含む20床の新生児部門が誕生しました。誕生時の責任者は、もちろん、東京女子医科大学名誉教授の仁志田博司先生です。

05その後、1996年に全国に周産期医療施設を整備する目的で、 厚生労働省(当時:厚生省)から周産期医療体制整備指針が出されました。これは、全国に周産期医療の基幹施設として、総合周産期センターを各都道府県に最低1か所整備する計画です。同時に、母体胎児集中治療室(MFICU)9床も新設されました。総合周産期母子医療センターの指定は、東邦大学の総合周産期母子医療センターと同時で、全国で最初の認定された総合周産期母子医療センターです。


NICUはその後2005年に9から12床に、GCUを24床に増改築しました。さらに、2009年には、NICUを15床に増床し、わが国有数の大規模周産期医療施設となっています。