当院について初診の方はこちらお見舞いの方はこちら交通のご案内

文字サイズの変更

TOP > 診療部門のご案内 > 化学療法科

化学療法科

化学療法科詳細ページヘ >

診療案内

2016年4月より八千代医療センターでは新たに化学療法科(腫瘍内科)を開設します。化学療法科では、胃癌、大腸癌、膵癌、肝癌などの悪性腫瘍に対する薬物治療(抗がん剤治療)を専門的に行います。近年の薬物療法の急激な進歩により、薬剤の種類は大幅に増え、治療は複雑化しており、専門的な知識を有する化学療法医(腫瘍内科医、薬物療法医ともいいます)の需要が高まっています。当科では薬物療法の専門医が最新の化学療法を、副作用を抑えて安全に施行できるように努めております。また消化器科、呼吸器科、画像診断科、内視鏡科、心身医療科などの各診療科と密に連携して診療にあたっています。標準的な化学療法の他に、さらに優れた治療法の開発を目指した臨床研究にも取り組んでおります。

医師紹介

医師イメージ

倉持 英和(Hidekazu Kuramochi)

准教授・診療科長

資格
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医 指導医
日本癌治療認定医機構認定医 暫定指導医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医 指導医
日本外科学会認定登録医
米国腫瘍学会(ASCO) Active member
専門分野
消化器がん化学療法
一言
最新の化学療法を安全に行っていくことを心がけています。また癌によって起こる様々な症状(痛み、食欲不振、嘔吐、肝障害など)を緩和しながら治療が行えるように配慮していきます。患者さんのこころに寄り添った医療を提供していきたいと思います。

医師イメージ

石井 雅之(Masayuki Ishii)

医員・消化器外科兼務

医師イメージ

石多 猛志(Takeshi Isita)

医員・消化器外科兼務

医師イメージ

新村 秀樹(Hideki Shinmura)

医員・消化器内科兼務

専門分野
消化器内科
一言
心のこもった診療を心掛けております。