当院について初診の方はこちらお見舞いの方はこちら交通のご案内

文字サイズの変更

TOP > 病院のご案内 > 八千代市の医療

八千代市の医療

市の概要

  • 位置:千葉県北西部(東京から約30km)
  • 面積:約51.27Ku
  • 人口:約19万人
  • 交通:京成電鉄本線、東葉高速鉄道、国道16号線、国道296号線
  • 八千代市ホームページhttp://www.city.yachiyo.chiba.jp/

医療施設

施設数と病床数

  • 病院数(一般病院、精神病院)は11施設、医療施設数は255施設です。医療施設数を5年前と比較すると、約3.5%の増となります。
  • 病院の病床数は2,561床で、医療施設全体の病床数は、2,678床です。5年前と比較すると、病院の病床数で約14.6%の増、医療施設全体では約12.5%の増となります。
  • 人口1万人当たりの病院数は約0.4施設で、医療施設数全体では約13施設になります。
  • 人口1万人当たりの病院の病床数は約133床で、医療施設全体では約140床になります。

市内医療施設及び病床数

  施設数 病床数
一般病院 精神病院 総数 一般病床 療養病床 精神病床 総数
病院
7
4
11
710
718
1133
2561
診療所
132
-
132
109
8
-
117
歯科
112
-
112
-
-
-
-
合計
251
4
255
819
726
1133
2678

平成21年4月末現在



参考資料

千葉県の平均施設数と病床数

  県平均 八千代市 県内順位 人口 10万人当たり
県平均 八千代市 県内順位


病院
5
11
7
5
6
19
診療所
66
130
7
61
71
7
歯科
56
110
7
51
60
4


病院
1014
2561
6
931
1389
13
診療所
67
117
8
62
64
24
一般病床
658
902
12
604
489
29
療養病床
180
643
3
165
349
13
精神病床
236
1133
4
217
615
9

平成19年10月1日

救急医療

救急医療体制

  • 夜間の救急医療体制は、5医療機関の当番制です。
  • 休日の救急医療体制は、市内の診療所などが交代で診療(内科、小児科、外科系、その他の科目(耳鼻咽喉科等)、歯科)します。
    また、1日ごとの当番医は、5医療機関です。

小児救急体制

  • 夜間の小児救急は、八千代医療センター小児科内に併設された「やちよ夜間小児急病センター」で市医師会などの協力を得て、18時から23時まで運営され、同センターの重症患者24時間受け入れとあわせて、初期から三次救急まで一か所で対応する体制が実現しました。
  • 平成22年度の「やちよ夜間小児急病センター(18時〜23時)」の患者数は、9,232人。

救急搬送

  • 平成22年度の八千代市内の救急車搬送人数は、年間6,893人。
  • 平成18年までは、救急搬送の約60%を市外の医療機関へ搬送していましたが、平成19年以降の市外搬送は約27%まで減り、地域完結型医療が実現しました。

 平成22年度 救急搬送人数
  平成20年度 救急搬送人数

(平成23年1月現在)