当院について初診の方はこちらお見舞いの方はこちら交通のご案内

文字サイズの変更

TOP > 病院のご案内 > クリニカルパス

クリニカルパス

クリニカルパスとは

クリニカルパスは、病気ごと、あるいは治療や検査ごとに、必要な医療行為や看護ケアの内容を時系列に記載した予定表です。医学的根拠と経験に基づいて医師、看護師、薬剤師、コメディカルなどの医療スタッフが一緒に検討して作成しており、現時点で最良と考えられる医療を標準化したものです。複数の医療スタッフが情報を共有することでスムースな連携を図り、安全で適切なチーム医療の推進に役立てられています。

クリニカルパスには、医療者用と患者さん用の2つがあります。
医療者用のクリニカルパスには、継続的に評価を行って改善に結びつける仕組みが備わっており、患者さんの安全と医療の質の向上を図るためのツールとして用いられます。
患者さん用のクリニカルパスには、入院中に受ける検査や処置の内容、食事、入浴などの予定や、気をつけて戴くことなどがわかりやすく示されており、安心して医療を受けていただくことができるように考えられています。

当院の取り組み

当院では、開院当初からクリニカルパスの推進に力を入れており、院内のさまざまな職種から選ばれたメンバーから成るクリニカルパス委員会を組織し、運用の評価や改善に向けた取り組みなどの活動を行っています。ほぼ全ての診療科でクリニカルパスを運用し、全入院患者さんの50%以上にクリニカルパスを使用しています。

現在、東京女子医科大学3施設(本院、東医療センター、八千代医療センター)のどこでも同じように質が高く安全な医療が提供できるように、クリニカルパスの共有化を進めています。

医療者用クリニカルパス一覧

医療者用クリニカルパス一覧(平成29年7月4日現在)