当院について初診の方はこちらお見舞いの方はこちら交通のご案内

文字サイズの変更

TOP > 市民のみなさまへ

市民のみなさまへ

八千代健康フェスタ2017のご報告


ウィンターフェスタ2017「健康公開講座」開催のご報告


世界糖尿病デー2016 市民公開セミナーを開催します。

平成28年11月12日(土)に開催いたしました、世界糖尿病デー2016 市民公開セミナーは無事終了いたしました。ご来場ありがとうございました。


フェスタ
大きな画像はこちらから

やちよ健康フェスタ2016開催のご報告

平成28年10月2日(日)に開催いたしました、やちよ健康フェスタ2016は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから


フェスタ フェスタ
大きな画像はこちらから 大きな画像はこちらから

平成28年2月21日(日)に開催いたしました、ウィンターフェスタ2016は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから


フェスタ フェスタ
大きな画像はこちらから 大きな画像はこちらから

湯澤紘子医師
平成27年4月25日ネパール中部でM7.8の地震がおきました。4月27日時点での人的被害は死者数約3千人以上、被害者数800万人以上と言われました。
国際緊急援助隊医療チーム一次隊の一員として当院救急科湯澤紘子医師も現地での活動を行いました。
これに対し、本年11月5日外務大臣感謝状授与式、11月18日天皇皇后両陛下拝謁が行われました。
 

平成27年9月27日(日)に開催いたしました、やちよ健康フェスタ2015は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから


フェスタ フェスタ
大きな画像はこちらから 大きな画像はこちらから

dmat
平成27年9月11日、八千代医療センターでは9月10日に発生した茨城県常総市の堤防決壊に係る地域災害に対し、医療活動を支援するため災害派遣医療チーム(DMAT)を派遣し、災害医療支援活動を行いました。
大きな画像はこちらから
 

平成27年2月22日(日)に開催いたしました、ウィンターフェスタ2015は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。

フェスタの様子はこちらから

フェスタ フェスタ
大きな画像はこちらから 大きな画像はこちらから

朝青龍関

第68代横綱、朝青龍関が小児病棟、小児集中治療室(PICU)、新生児集中治療室(NICU)、周産期病棟を視察にこられました。「モンゴルでこども病院を作りたい」、横綱の熱い思いに感銘を受けました。

 

ふなっしー

平成26年12月22日小児病棟にふなっしーがクリスマスプレゼントを持って遊びに来てくれました。普段ふなっしーのイベントに行くことのできない入院中の子供達。突然の訪問に泣きだす子供もいましたが、みんな大好きなふなっしーに大喜びでした。予定時間を超えてまでみんなに会ってくれて、ありがとうございました。

 

平成26年9月28日(日)に開催いたしました、やちよ健康フェスタ2014は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから

フェスタ フェスタ
大きな画像はこちらから 大きな画像はこちらから

からだ情報館

外来棟1階にある「からだ情報館」は、病気やからだについての様々な情報を得るための場所です。患者様、ご家族様・ご面会の方々、診察を受けない方もご自由にご利用ください。
からだ情報館についてはコチラ


 

エコ委員会 

このたび、当センターでは関東経済産業局より“省エネルギーの一層の普及促進を図るために省エネルギーへの貢献が顕著であった”として『平成25年度エネルギー管理優良事業者等の関東経済産業局長表彰』を賜りました。 表彰式は平成26年2月20日(木)さいたま新都心合同庁舎において執り行なわれ、当センターからはエコ委員会委員長である清水課長が出席し、登壇のうえ安藤久佳局長より賞状を授与されました。

表彰式 表彰状

 受賞の決め手となった省エネ施策はズバリ!空調システムの円滑運用です。当センターは冷暖房で使用する冷水と温水を夜間に蓄え、昼間のピーク時に放熱する水蓄熱システムを採用しています。(下図参照;一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センターHPより)

空調システム

水蓄熱槽の冷暖房切り替え時に1,500トンの水蓄熱槽を満蓄熱にするための電力消費が非常に大きくなっており、この電力を低減するために春と秋に放熱運転を徹底し、逆に夏と冬のはじめに蓄熱の放熱ポンプ運転停止等の運用改善を行い、大きな電力を使う空冷ヒートポンプチラーの運転時間を削減した事が高く評価されたものです。 ちなみに、同局行政区域内(1都10県〜茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県)において局長表彰を受けた12事業者のうち病院施設は当センターを含め2事業者しかありませんでした。同局は“一般的に省エネルギー対応が難しいと考えられる病院において、大幅な省エネルギーを図った”として表彰の理由をあげております。その意味からもこの受賞が稀有であったことがうかがえます。 これからも当センターでは、貴重なエネルギーを有効活用のため、エコ委員会を中心に全スタッフとともに2エコ(エコロジー、エコノミー)に配慮した電力使用量の削減に努力を続けて参ります。

以上 


平成26年2月23日(日)に開催いたしました、ウィンターフェスタ2014は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから


フェスタ フェスタ
大きな画像はこちらから 大きな画像はこちらから

平成25年9月29日(日)に開催いたしました、やちよ健康フェスタ2013は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから


フェスタ フェスタ
大きな画像はこちらから 大きな画像はこちらから

感謝状 感謝状

「麻酔科佐藤医師が小児診察?」
東日本大震災の直後は全国から膨大な数の医療支援チームが被災地に入り現地の医療を支えました。東京女子医科大学八千代医療センターの医療チームもそのひとつでした。しかし被災後2,3か月経過するにつれそうした支援を続けることが困難となり支援チームの数が減り始めたのです。
復興に向かわなければならない状況のなかで、私たちは何度も被災した医療施設を訪れ、草の根として何ができるのか問いました。登米市民総合病院と気仙沼市立本吉病院での週末の日当直医療支援がそれでした。自らも被災者でありながら献身的な医療活動を続けている現地の医師たちがつかの間ですが休息することができますし、私たちも本務の合間にたまに訪れるだけなのでそれほどの負担にはなりません。八千代医療センターの医師たちだけではなく、私たちの友人たちが、遠くは長野や九州からも支援を継続して下さっています。

そして今度は、登米市民総合病院から救急部の看護師さんたちが八千代医療センターでの救急業務に参加して下さったり、八千代医療センター初期研修医の地域医療研修を本吉病院で受け入れることが決まったりと、被災地医療施設との交流も行われています。

そして医療支援活動をしていてうれしいのは、現地の病院の医師や看護師そして患者さんたちとの心温まる交流です。支援しているはずの私たちが逆に癒されているのです。
麻酔科 佐藤二郎

当センターでは、エコ活動の一環としてペットボトルのキャップを回収し定期的に搬出しています。
院内回収ボックスにも掲示しているエコキャップ報告とエコキャップ受領書をご覧下さい。

エコキャップ エコキャップ

平成25年2月24日(日)に開催いたしました、ウィンターフェスタ2013は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから


フェスタ フェスタ
大きな画像はこちらから 大きな画像はこちらから

平成24年9月30日(日)に開催いたしました、やちよ健康フェスタ2012は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから

フェスタ フェスタ
大きな画像はこちらから 大きな画像はこちらから

 リレー・フォー・ライフは、がん患者さんの支援とがん予防や治療に関する啓発を目的に、全国各地で開催されているチャリティーイベントです。がん患者とともに歩き、語らうことで生きる勇気と希望を生みだしたいという思いをこめて、24時間一昼夜にわたり歩き続け、毎年多くの患者さんや家族、がん治療に関わる医療機関や企業・団体などが参加・協力しています。千葉県では3年連続で八千代市での開催となり、八千代医療センターは、第1回目より「救護班」として、参加者の方々の応急処置に対応するなどお手伝いさせていただいています。今年は2012年9月15日〜16日に八千代総合運公園内多目的広場にて開催され、当院からは高萩事務長をはじめ、医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、事務職員など約20名が参加し、救護の傍ら、参加者とともに歩き、ゲリラ豪雨に見舞われたり、真夏のような日差しで厳しい暑さのなか、みんなで交代(リレー)しながら頑張りました。今年も大きなけがや事故もなく、無事に終えることができました。今後も機会がありましたら、お手伝いさせていただきたいと思っています。


リレー・フォー・ライフinちば2012リレー・フォー・ライフinちば2012

リレー・フォー・ライフinちば2012



呼吸器外科 関根医師が講演したセミナー「肺がん検診を生かしたCOPDの早期診断」の記事がマイナビニュースに掲載されました。(2012/5/31掲載)
セミナー(PDF)はコチラ

「多発性硬化症」についての 神経内科 大橋医師のインタビュー「早期治療で前向きな日々を」が読売新聞オンライン「DREAMS Award 2012〜第2回作文コンテスト」に掲載されました。

ウィンター健康フェスタ2012『健康公開講座』を開催します。

平成23年2月19日(日)に開催いたしました、
ウィンターフェスタ2012『健康公開講座』は無事終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

フェスタの様子はこちらから

フェスタ
大きな画像はこちらから

やちよ健康フェスタ2011のご報告

平成23年10月2日(日)に開催いたしました、やちよ健康フェスタ2011は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから

フェスタ フェスタ
大きな画像はこちらから 大きな画像はこちらから

ウィンターフェスタ2011『健康公開講座』開催のご報告

平成23年2月27日(日)に開催いたしました、ウィンターフェスタ2011『健康公開講座』は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。

フェスタの様子はこちらから
フェスタ
大きな画像はこちらから

八千代健康フェスタ2010開催のご報告

平成22年7月25日(日)に開催いたしました、やちよ健康フェスタ2010は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。

フェスタの様子はこちらから

フェスタ フェスタ
大きな画像はこちらから 大きな画像はこちらから

病院ボランティアを開始しました

八千代医療センターでは、ボランティアのみなさまの温かい気持ちと、貴重なお時間を提供していただき、地域に開かれた病院として、より行き届いた患者サービスを提供できることを目指しております。活動していただけるボランティアの方々には、病院に新鮮な風を吹き込み、患者さんの細やかなニーズに応えてくれる人として、かけがえのない役割を果たしていただきたいと考えています。

八千代医療センターでは、病院ボランティアを募集しています

  • ボランティア活動に特別な資格などは必要ありません。
  • 活動時間や回数は、無理のない範囲で、ご相談の上お願いしております。
  • 活動日は平日の9:00〜17:00、土曜日(第3を除く)は9:00〜13:00を原則としています。
  • 病院ボランティア活動に関心があり、高校生以上で参加を希望される方は、医療支援室までご連絡ください。
  • 説明会に参加していただき、オリエンテーション(見学など)後に正式登録し、活動を開始していただきます。(日程は後述)
  • 活動に必要な知識や技術を身に付けるためのボランティア講習会も予定しています。

活動内容

  • 来院された患者さんのご案内(売店、食堂、診察の待合場所、薬局など)
  • 患者さんの移動をお手伝い(車椅子介助、視覚障害者の誘導など)
  • 入院中の患者さんの身の回りのお手伝いや、お話し相手
  • 配膳のお手伝いやお茶の用意          など

ご連絡・お申し込み先
平日:月〜金曜日  9:00〜17:00

八千代市社会福祉協議会 八千代市ボランティアセンター :047-483-3021
又は、東京女子医科大学八千代医療センター 医療支援室 :047-450-6000(内線:2464)

みなさまの温かい力とお時間の提供を心からお待ちしています|ボランティア募集


「八千代アゼリア会」は、八千代医療センターで糖尿病の治療を受けている患者さんおよびそのご家族の方の会です。当院の医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士等の糖尿病療養スタッフが運営に参加しています。

主な活動内容
・歩こう会
・糖尿病勉強会
新しい会ですので、これから交流できる企画を考えていきます。

<入会方法>
下記の連絡方法にて、入会される方の氏名・住所・電話番号をお送りください。


FAX 047(458)7058

メール azeria@tymc.twmu.ac.jp


にて、入会される方の氏名・住所・電話番号をお送りください。

その後、事務局より詳しいご案内を送付いたします。
入会費無料 年会費4000円

毎月糖尿病情報誌「さかえ」を配布致します。


平成21年2月28日小児病棟にドラえもんが遊びにきてくれました。
つらい入院生活を余儀なくされている子どもたちと、時間いっぱいまでみんなに会ってくれて、ご家族の方も大喜びでした。
TOHOシネマズ八千代緑が丘さん、フリーペーパーまいぷれさんのご協力ありがとうございました。

ドラえもんが遊びにきてくれました


ウィンターフェスタ2010『健康公開講座』のご報告

平成22年2月14日(日)に開催いたしました、ウィンターフェスタ2010『健康公開講座』は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。

フェスタの様子はこちらから


やちよ健康フェスタ2009のご報告

平成21年8月2日(日)に開催いたしました、やちよ健康フェスタ2009は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。

セミナーレジメ
更年期障害をのりこえよう(総合母子・小児診療部 婦人科 正岡直樹)
“ちょっと気になる子”への理解とかかわり‐小学校に入る前に‐
(臨床心理室 秋山三左子)
新型インフルエンザの理解と対応のために(感染対策室 発達小児科 林北見)


ウィンターフェスタ2009『健康公開講座』のご報告

平成21年2月15日(日)に開催いたしました、ウィンターフェスタ2009『健康公開講座』は無事終了いたしました。 たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから

セミナーレジメ
当院における周産期の救急の状況と対応について(母性胎児科 坂井昌人)
ドクターブッシュのネパール・ミャンマー奮闘記(麻酔科 佐藤二郎)
薬の飲み方について(薬剤部 小坂好男)
前立腺の病気のおはなし(泌尿器科 鬼塚史郎)


やちよ健康フェスタ2008のご報告

平成20年7月27日(日)に開催いたしました、やちよ健康フェスタ2008は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから

セミナーレジメ
みんなが知りたい内視鏡の話(内視鏡科 光永篤)
肩こり腰痛体操!気分は爽快!体操を、やりたいぞう!
(リハビリテーション室 薄直宏)
子供の予防接種、最新事情 (発達小児科 林北見)
貧血のない生活〜貧血を予防する食生活〜(血液・腫瘍内科 増田道彦)
鉄欠乏にならないための食べ方 うそ?ほんと?(栄養管理室 松原薫)


ウィンターフェスタ2008『健康公開講座』のご報告

平成20年2月10日(日)に開催いたしました、第1回ウィンターフェスタ2008『健康公開講座』は無事終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
フェスタの様子はこちらから

セミナーレジメ
気管支喘息をアトピー性皮膚炎(小児科 武藤順子)
蛋白尿と血尿の見方(腎臓内科 小池美菜子)
お産をとりまく環境の変化(母性胎児科 坂井昌人)
セルフチェックで早期発見(女性科 寺本穂波)
子宮筋腫を切らずに治す(画像診断・IVR科 遠田譲)


「やちよ健康フェスタ第3回日本イベント大賞・特別賞受賞」のご報告

平成19年7月22日に当院主催で行われた「やちよ健康フェスタ2007」に第3回 日本イベント大賞・特別賞をいただきました。
このイベントでは地域市民の健康推進の啓発、地域への交流・貢献を目的とし、「健康公開講座」、中学生を対象とした「キャリア教育(看護師・医師)」などを企画、実施しました。
また、入院中の患者さんにも楽しんでいただけるように、病棟では弦楽二重演奏やハンドベルによるミニコンサートを開催、小児病棟ではバルーンマンも登場し、明るい大きな笑い声が響いていました。
ご来場者は約3000人を数え、たくさんの方々に喜んでいただけたと自負しています。
今後も地域のみなさんと一緒に「健康」について、考えるイベントにしたいと思っています。


やちよ健康フェスタ2007のご報告

やちよ健康フェスタ

平成19年7月22日(日)に開催いたしました、第1回やちよ健康フェスタ2007は、約3千人のご来場を頂きました!大盛況だったフェスタの様子をご覧ください。
ムービーはこちらから
スナップはこちらから

セミナーレジメ
肩こり・腰痛の予防と体操
(講演:病院長 伊藤達雄・体操:リハビリテーション室長 薄直宏)
メタボリックシンドロームにならないためのコツ(糖尿病内分泌代謝内科 橋本尚武)