当院について初診の方はこちらお見舞いの方はこちら交通のご案内

文字サイズの変更

TOP > 看護のご案内

看護のご案内

看護局長より

東京女子医科大学の創設者である医師吉岡弥生先生は、「自己を忘れ誠心誠意人(ひと)につくす」ことを医療の中で一生涯実践してこられました。八千代医療センターの看護部門では、この「至誠と愛」の理念の元に、患者さんに対して「誠実」で「慈しむ心」を念頭においています。採用の基本である「みんなちがってみんないい」を合言葉にして、「安全・安心・安楽」な看護を目指し、笑顔で看護実践していきたいと考えています。

看護の理念

地域の皆様の健やかな暮らしのために。
至誠と愛の精神のもとに、急性期医療を担う病院として患者さん一人ひとりの人間性を尊重した看護をめざします。

基本方針

●いつも笑顔であたたかい、思いやりのある看護を行います。
●地域の皆さまが24時間安心して安全な医療をうけることができるように支えます。
●わかりやすい言葉使い・親切・丁寧・速やかな対応を行います。
●医療チームの一員として他職種と連携を保ち看護の専門職としての責任と義務を果たします。
●常に向上心を持ち、看護の知識技術を高め、看護師としての品位と誇りをもって行動します。

総合周産期母子医療センター

千葉県は現在人口約620万人であり、県内に存在する総合周産期母子医療センターは現在のところ2施設です。当院が開院する以前は八千代市の母体搬送は、86%が市外へ搬送されており、当センターが担う役割は大きいといえます。
今後も地域に密着した医療・看護を行っていきたいと考えています。

小児ユニット

こどもの権利を尊重し、医療者一人ひとりとこども及び家族が、お互いに尊重しあい信頼し合える良質な医療の実現をめざします。
外来ではトリアージを実施し、小児救急医療体制の充実を図っています。

トリアージの目的

・生命を脅かす病態にある患者を迅速に見分ける
・症状の緊急性と重症度を判断し適切な加療場所へ誘導する
・診察待機中の患者再評価と看護的ケアの早期介入

成人・老年ユニット

成人・老年看護は16歳以上で全診療科(母性看護領域を除く)のそれぞれの患者さんに合った診療・看護計画表にもとづいて看護しています。
常に各職種間の連携を図り、治療やケアについて質の高い医療を目指して患者さん中心の思いやりのある看護を展開しています。

手術室

手術室では全記録のIT化を実現しました。術中の安全・効率を追及し、床のコード類を除けるスカイブームを導入しました。コントロール室に全手術の状況把握ができるモニターを設置しました。
またベットサイドモニターを使用した術前訪問を行っております。

ICU/CCU・救急ユニット

1・2次から3次救急外来と集中治療室で構成されており、24時間診療体制で患者さんを受け入れています。八千代医療センターの集中治療部門を担う看護スタッフとして24時間365日 専門医医師、臨床工学技士、臨床検査技師などからなるチームで治療や看護ケアを提供できるよう取り組んでいます。

外来ユニット

患者さんに愛され心から満足していてだけるよう「目配り」「気配り」「心配り」を心がけています。
外来ではがん化学療法、日帰り手術なども行っております。外来に訪れる患者さん・ご家族の方々に、病気の治療、処置、検査など医師、検査技師などさまざまな職種と協働して安心して外来での治療が受けられるように関わっています。

 

看護局HPはこちら