小さな創の内視鏡下手術

内視鏡下手術をごぞんじですか?

最近、「小さな創の手術」「内視鏡下手術」「鏡視下手術」「穴を開けて行う手術」など様々な名称で紹介されるようになった手術治療方法の一つです。内視鏡下手術とは、あくまでも手術であり、胃や大腸のいわゆる胃カメラや大腸カメラなどの消化管の内腔を観察してポリープを採る種類のものとは異なります。

これまでは、腹腔(胃、大腸、肝臓、胆嚢、女性付属器など)あるいは胸腔(肺、縦隔、心臓など)、後腹膜(腎臓、副腎など)の手術をするためには大きな創でお腹(胸)を開いて、外科医が直接眼で見るために明かりを入れたり、直接手を入れるなどして手術操作を行っていました。そのため20から30cmの大きな創が必要でした。しかし、手術用光学機器、手術機器の進歩により3mmから2cm程度の穴を数カ所あけることにより大きな創と同様の手術が出来るようになってきています。

体の中を見るカメラの種類によってお腹の場合は腹腔鏡下手術、胸の場合は胸腔鏡下手術といいます。最近話題になっている「ロボット手術」もこの内視鏡手術の更に進歩したものです。

胸腔鏡下手術風景

胸腔鏡下手術風景

内視鏡手術の歴史

腹腔鏡、胸腔鏡ともに比較的古くから観察することを目的とした検査として用いられてきましたが、実際に手術として用いられるようになったのは、1986年に小型のテレビカメラの開発によりテレビモニターを見ながら手術ができるようになり、さらに、1990年に入り自動縫合器という手術機器の開発によります。

当院での取組み

1992年より腹腔鏡下胆嚢摘出術、胸腔鏡下自然気胸手術にはじまり、現在では消化器外科手術(胃がん、大腸がん、ほか)、呼吸器外科手術(肺がん、縦隔腫瘍、ほか)、小児外科手術、婦人科手術、腎泌尿器手術(腎臓移植手術、腎臓がん、ほか)、整形外科手術(側湾症、関節手術、ほか)、内分泌系手術など多岐にわたり、積極的に「小さな創の手術」に取り組んでおります。
さらに、本年より手術支援ロボットを用いた「ロボット手術」も行うようになりました。

内視鏡下手術の特徴

従来から行っている手術と同じ事を創を小さくすることにより、術後の創の痛みなど苦痛を減らすことができます。従来の手術では皮膚の内側にある筋肉を大きく切断する必要がありましたが、内視鏡下手術では、筋肉は少し押し広げられるだけで機能的にも、美容的にも優れています。

内視鏡下手術のメリット
次のようなことがあげられます。
1)術後の疼痛が少ない。
2)手術の創が小さく美容的である。
3)筋肉への負担が少なく、術後の回復が早い。
4)入院期間が短期間ですみ、職場復帰が早まる

内視鏡下手術はテレビカメラを用いて2次元のモニターの画像を見ながらの手術のため誰でもができる手術ではなく、トレーニングを積んだ外科医でなければできません。

また、同じ病気であっても個々の患者さまの病気の状態によって適切な手術法を選択する必要があります。当院では積極的にこの内視鏡下手術に取り組んでいます。詳細、ご不明な点、ご質問は各診療科にご相談下さい。

 

当院で行っている主な内視鏡下手術/診療科

胸腔鏡下手術(呼吸器外科消化器外科乳腺・内分泌外科
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺がん、転移性肺腫瘍)
胸腔鏡下肺切除術(自然気胸、肺良性腫瘍)
胸腔鏡下膿胸手術
胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術
胸腔鏡下良性胸壁腫瘍手術
胸腔鏡下漏斗胸手術
胸腔鏡下食道アカラシア形成術
腹腔鏡下手術(消化器外科乳腺・内分泌外科婦人科泌尿器科腎臓外科
腹腔鏡下胃切除術
腹腔鏡下胃全摘術
腹腔鏡下胆嚢摘出術
腹腔鏡下肝切除術
腹腔鏡下脾摘出術
腹腔鏡下結腸切除術
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術
腹腔鏡下直腸切除・切断術
腹腔鏡下虫垂切除術
腹腔鏡下ソケイヘルニア手術
腹腔鏡下食道裂孔ヘルニア手術
腹腔鏡下食道噴門部縫縮術
腹腔鏡下子宮筋腫摘出術
腹腔鏡下子宮全摘術
腹腔鏡下子宮付属器腫瘍摘出術
腹腔鏡下腎摘出術
腹腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術
腹腔鏡下副腎摘出術
腹腔鏡下移植用腎採取術
腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術
その他の内視鏡下手術(整形外科
内視鏡下椎弓切除術
内視鏡下椎間板摘出術
内視鏡下脊椎固定術

 

Copyright (C)2016 Tokyo Women's Medical University Hospital. All Rights Reserved.