当院について初診の方はこちらお見舞いの方はこちら交通のご案内

文字サイズの変更

TOP > 診療部門のご案内 > 呼吸器外科

呼吸器外科

診療案内

呼吸器外科では、胸部の呼吸器・縦隔(両側の肺の間にはさまれた部分で、心臓・大動脈・食道以外の臓器)・胸壁(肋骨)に対する内視鏡検査や外科治療を中心に行っています。特に、肺がんや胸腺腫などの悪性腫瘍と自然気胸などの良性疾患、肺膿瘍などの感染・炎症性疾患の症例を多く扱っています。70%の症例で胸腔鏡下手術(内視鏡を用いた治療)を行っています。通常術後気胸で2日、肺がんで6日ほどの入院治療で退院されています。癌に対しては、必要に応じて術後抗がん剤治療を入院または外来にて行っています。
新患患者数および手術件数の推移は、下のグラフの通りで、年々増加傾向を示しています。手術の約半数が肺癌で、以下自然気胸、胸腺腫、転移性肺癌、悪性胸膜中皮腫などの手術が多くみられます。おかげさまで手術関連死亡はなく、肺炎などの重い術後合併症は2%以下にとどまっています。

呼吸器外科で扱う病気

  1. 悪性腫瘍(癌など):肺がん、転移性肺がん(他の臓器の癌の転移)、胸腺腫瘍、縦隔胚細胞性腫瘍、悪性胸膜中皮腫、気管・気管支腫瘍、肺内悪性リンパ腫など
  2. 肺嚢胞(のうほう)性疾患:自然気胸、肺のう胞、縦隔のう胞(胸腺のう胞、気管支のう胞、心膜のう胞、食道のう胞など)
  3. 良性腫瘍:良性肺腫瘍(結核腫、過誤腫、血管腫、腺腫など)、神経腫瘍、縦隔奇形腫、胸壁腫瘍など
  4. 重症筋無力症(筋肉に力が入らなくなる病気で胸腺と関係しています。そのため胸腺を摘出します)
  5. 感染性疾患、その他:肺膿瘍(肺の中の膿)、膿胸(肺の外の膿)、肺動静脈瘻(肺の血管の病気)、外傷(肋骨骨折、血胸、肺・気管支損傷など)胸水貯留など

治療期間

予定手術の場合、気胸は良性疾患で術後2,3日程度、肺がんでも標準的な手術の場合、術後1週間程度です。年齢・体力・手術の大きさ・術前に持っている様々な病気(糖尿病や心臓病、肺気腫など)で、入院期間は変わってきます。

手術症例graph

呼吸器外科 関根医師が講演したセミナー「肺がん検診を生かしたCOPDの早期診断」の記事がマイナビニュースに掲載されました。(2012/5/31掲載)セミナーPDFはコチラ


[肺癌登録事業について]
・2010年肺癌手術症例の全国登録調査
・患者さんまたはご家族の方へ―臨床研究に関する情報および臨床研究に対するご協力のお願い―


医師紹介

医師イメージ

関根 康雄(Yasuo Sekine)

教授・診療科長

資格
日本外科学会  指導医
日本胸部外科学会  指導医
呼吸器外科  専門医
日本呼吸器内視鏡学会  気管支鏡指導医
日本レーザー医学会  レーザー専門医
日本医師会  認定産業医
日本移植学会 認定医 評議員
日本呼吸器内視鏡学会 評議員
日本レーザー医学会 評議員
専門分野
呼吸器外科全般
内視鏡手術
慢性呼吸不全合併患者の外科治療
一言
高齢化社会を迎え、80歳を過ぎて元気な方々がたくさんいらっしゃいます。
年齢と肉体年齢は徐々に食い違いをみせてきます。
高齢者でも手術を乗り越え、とても元気に過ごされている方がたくさんいらっしゃいます。
そういう方々を見ていると、こちらも元気になってきます。
如何に元気な状態を保ち、短期間で治療できるかに情熱をかけています。
前職(千葉大学)の紹介はこちら
2010-2011のベストドクターin Japan

医師イメージ

黄 英哲(Eitetsu Koh)

講師

資格
日本外科学会 認定医・専門医
日本呼吸器内視鏡学会 専門医
呼吸器外科 専門医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本医師会認定産業医 
日本旅行医学会 認定医
ICD
肺がんCT健診認定医師
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
千葉県がん緩和ケア研修会終了
専門分野
肺がん、縦隔腫瘍、気胸、胸腔鏡手術、免疫、
気管支鏡診断(EBUSなど)
一言
よろしくお願いいたします。

医師イメージ

石橋 史博(Fumihiro Ishibashi)

医員

資格
日本外科学会外科 専門医
呼吸器外科 専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医
日本がん治療機構 認定医
肺がんCT検診 認定医師
日本医師会 認定産業医
日本呼吸器内視鏡学会 評議員
専門分野
呼吸器外科全般
一言
地域のみなさまのお役に立てるよう、精一杯頑張ります。