当院について初診の方はこちらお見舞いの方はこちら交通のご案内

文字サイズの変更

TOP > 診療部門のご案内 > 呼吸器外科

呼吸器外科

診療案内

呼吸器外科では、胸部の呼吸器・縦隔(両側の肺の間にはさまれた部分で、心臓・大動脈・食道以外の臓器)・胸壁(肋骨)に対する内視鏡検査や外科治療を中心に行っています。特に、肺がんや胸腺腫などの悪性腫瘍と自然気胸などの良性疾患、肺膿瘍などの感染・炎症性疾患の症例を多く扱っています。70%の症例で胸腔鏡下手術(内視鏡を用いた治療)を行っています。通常術後気胸で2日、肺がんで6日ほどの入院治療で退院されています。癌に対しては、必要に応じて術後抗がん剤治療を入院または外来にて行っています。
新患患者数および手術件数の推移は、下のグラフの通りで、年々増加傾向を示しています。手術の約半数が肺癌で、以下自然気胸、胸腺腫、転移性肺癌、悪性胸膜中皮腫などの手術が多くみられます。おかげさまで手術関連死亡はなく、肺炎などの重い術後合併症は2%以下にとどまっています。

呼吸器外科で扱う病気

  1. 悪性腫瘍(癌など):肺がん、転移性肺がん(他の臓器の癌の転移)、胸腺腫瘍、縦隔胚細胞性腫瘍、悪性胸膜中皮腫、気管・気管支腫瘍、肺内悪性リンパ腫など
  2. 肺嚢胞(のうほう)性疾患:自然気胸、肺のう胞、縦隔のう胞(胸腺のう胞、気管支のう胞、心膜のう胞、食道のう胞など)
  3. 良性腫瘍:良性肺腫瘍(結核腫、過誤腫、血管腫、腺腫など)、神経腫瘍、縦隔奇形腫、胸壁腫瘍など
  4. 重症筋無力症(筋肉に力が入らなくなる病気で胸腺と関係しています。そのため胸腺を摘出します)
  5. 感染性疾患、その他:肺膿瘍(肺の中の膿)、膿胸(肺の外の膿)、肺動静脈瘻(肺の血管の病気)、外傷(肋骨骨折、血胸、肺・気管支損傷など)胸水貯留など

治療期間

予定手術の場合、気胸は良性疾患で術後2,3日程度、肺がんでも標準的な手術の場合、術後1週間程度です。年齢・体力・手術の大きさ・術前に持っている様々な病気(糖尿病や心臓病、肺気腫など)で、入院期間は変わってきます。

2018年 病院HP 情報

早期肺がんや転移性肺がんに対する画期的な手術

 当院では、早期肺がんや転移性肺がん(大腸がんや乳がんなど様々な癌が肺に転移した状態)に対して、肺機能を温存するための縮小手術(確実ながんの切除+必要以上にたくさん肺を取り除かない手術)を積極的に行っています。
 ここで問題となるのは、どういった患者さんが、どの程度の肺を、どのようにして切除すれば、確実ながんの切除、再発予防となる切除、肺機能が保てる切除となるのかです。実は、この問題に対して確立した方法ができている訳ではありません。縮小手術の対象となる病状はある程度固まってきましたが、どの程度の肺切除が良いのか、それをどのように決めるのかは全く決まっていないのです。
 そこで私たち呼吸器外科では、最新の画像解析システムと特殊な内視鏡技術を用いて、切除範囲をシミュレーションし、最も適した切除範囲を決定しています。そして、それに基づいて解剖学的に正確な肺縮小手術を行っています。これは世界で初の手術手技であり、当院が独自に開発した手術方法です。すでに70例以上の方がこの手術を受けられ、手術側の肺での再発は見られていません。
 具体的には以下の写真をご覧下さい。

1)CTにて腫瘍の場所や大きさを分析。赤丸の中が腫瘍
腫瘍の画像

2)最新の画像解析システム(VINCNT® 富士フィルム)により、至適な肺切除範囲を決定。

画像解析システム(VINCNT® 富士フィルム)その1
画像解析システム(VINCNT® 富士フィルム)その2

3)決定した切除範囲にICGというお薬を注入し、近赤外線内視鏡(PINPOINT® 日本ストライカー)で観察することで、切除範囲が緑色に光り、切除範囲を同定。


4)その範囲に沿って、肺を切除することで、シミュレーション通りの解剖学的に正確な肺切除が完了。

肺切除の画像

治療実績

手術実績 2012 2013 2014 2015 2016 2017
肺悪性腫瘍 73 106 113 97 113 122
(肺癌 70 97 89 75 97 98
(転移性肺がん 3 9 24 22 16 24
縦隔疾患 2 8 5 10 3 8
(胸腺腫瘍 2 6 3 4 2 6
(その他 0 2 2 6 1 2
肺のう胞性疾患 54 33 30 28 27 32
(自然気胸 50 30 30 28 25 30
(その他 4 3 0 0 2 2
炎症性疾患 2 2 3 10 11 9
(膿胸 1 2 2 ..3 2 4
(肺膿瘍 その他 1 0 1 2 9 5
肺良性腫瘍 2 4 9 4 2 4
その他 3 1 10 1 15 21
総数 146 154 176 150 171 196
呼吸器外科・新患数・紹介状持参数・新規入院患者数・延べ入院患者数
  初診患者数 紹介状持参件数 新規入院患者数 延べ入院患者数
2012年度 平成24年度 166 158 266 3,412
2013年度 平成25年度 189 192 325 3,130
2014年度 平成26年度 165 159 281 3,002
2015年度 平成27年度 147 119 309 2,983
2016年度 平成28年度 164 148 346 3,436
2017年度 平成29年度 230 219 365 3,947

呼吸器外科 関根医師が講演したセミナー「肺がん検診を生かしたCOPDの早期診断」の記事がマイナビニュースに掲載されました。(2012/5/31掲載)セミナーPDFはコチラ


[肺癌登録事業について]
・2010年肺癌手術症例の全国登録調査
・患者さんまたはご家族の方へ―臨床研究に関する情報および臨床研究に対するご協力のお願い―


医師紹介

医師イメージ

関根 康雄(Yasuo Sekine)

教授・診療科長

資格
日本外科学会  指導医
日本胸部外科学会  指導医
呼吸器外科  専門医
日本呼吸器内視鏡学会  気管支鏡指導医
日本レーザー医学会  レーザー専門医
日本医師会  認定産業医
日本移植学会 認定医 評議員
日本呼吸器内視鏡学会 評議員
日本レーザー医学会 評議員
専門分野
呼吸器外科全般
内視鏡手術
慢性呼吸不全合併患者の外科治療
一言
高齢化社会を迎え、80歳を過ぎて元気な方々がたくさんいらっしゃいます。
年齢と肉体年齢は徐々に食い違いをみせてきます。
高齢者でも手術を乗り越え、とても元気に過ごされている方がたくさんいらっしゃいます。
そういう方々を見ていると、こちらも元気になってきます。
如何に元気な状態を保ち、短期間で治療できるかに情熱をかけています。
前職(千葉大学)の紹介はこちら
2010-2018のベストドクターin Japan

医師イメージ

星野 英久(Hidehisa Hoshino)

准教授

資格
日本外科学会認定医、外科専門医、指導医
呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本呼吸器外科学会評議員
日本呼吸器内視鏡学会評議員
専門分野
肺がん、縦隔腫瘍、嚢胞性肺疾患
気管支鏡診断
呼吸器インターベション
一言
肺がんの診断から、主に外科療法を中心に診療を行っております。
新規治療薬が承認され、肺がんの治療もより複雑化してきておりますが、皆様により最適な治療が提供できるよう心がけております。

医師イメージ

黄 英哲(Eitetsu Koh)

講師

資格
日本外科学会 認定医・専門医
日本呼吸器内視鏡学会 専門医
呼吸器外科 専門医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本医師会認定産業医 
日本旅行医学会 認定医
ICD
肺がんCT健診認定医師
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
千葉県がん緩和ケア研修会終了
専門分野
肺がん、縦隔腫瘍、気胸、胸腔鏡手術、免疫、
気管支鏡診断(EBUSなど)
一言
よろしくお願いいたします。

医師イメージ

太枝 帆高(Hodaka Oeda)

医員

専門分野
呼吸器外科(肺癌、縦隔腫瘍、気胸)
一言
患者様中心の医療を提供します。