当院について初診の方はこちらお見舞いの方はこちら交通のご案内

文字サイズの変更

薬剤部

薬学部のご案内

薬剤部のご案内

薬剤部では、薬物治療における有効性や安全性の確保に責任を持ち、医療スタッフの協働・連携によるチーム医療に貢献し、患者さんに安全かつ最も効果的な薬物治療を提供していきたいと考えています。
また、当院は、地域医療支援病院であり、八千代市内や地域の医療機関・保険薬局と更に連携を深め、患者さんが継続性のある適切な医療を受けられるよう、当院の理念である「地域社会に信頼される病院としての心温まる医療」を実践していきたいと思います。

新人薬剤師

新人の私たちは薬剤部内での中央業務を主に行っております。
内服薬や注射剤の調剤、高カロリー輸液や抗がん剤の調製、手術室の医薬品管理など様々な業務を先輩薬剤師に付き添いながら習得しているところです。
当院薬剤部の新人教育の特徴は固定業務でなく、全ての業務をローテーションで繰り返し行うため、満遍なく知識を修得できることです。
患者さんのために正確な調剤業務を心がけて、より効果的な薬物治療を提供できるよう日々努力し続けております。

2015健康フェスタ

医薬品情報管理部門

医薬品情報室

医薬品が適正かつ安全に使用されることを目的として、医薬品に関する情報を収集・整理し、医療スタッフに提供しています。また、これまでに医療スタッフから寄せられた薬に関する質疑応答内容をデータベース化し、医師や看護師等に迅速で的確な情報提供を行なっています。入・@治療中の適正使用情報はもちろんのこと、退院時に提供する薬剤情報についてもデータベースの蓄積を行っております。抗菌薬や抗てんかん薬などの血液中濃度解析を行い、服用量・服用間隔・副作用などをモニタリングすることにより、薬物の適正使用に貢献しています。

治験管理室 日本臨床薬理学会認定CRC薬剤師

治験管理室では、院内における治験の実施に係る業務全般、および一部の臨床研究の支援を行なっております。治験施設支援機関(SMO)スタッフと協力し、治験コーディネーター(CRC)および事務担当者が一丸となって、患者さん−医療スタッフ−治験依頼者の三角形が円滑に成り立つよう調整(コーディネート)しております。また、担当薬剤師の役割としてはこれらの他、治験薬管理者の指名を受け、調剤室と協力して治験薬の調剤をはじめとする管理全般を行なっております。薬剤師としての視点を持ちつつ、新人時代に教わったCRCの真髄 “walk and talk” を日々実行し、当院における治験および臨床研究の円滑な実施や更なる発展のために常に役立つ存在となることが目標です。

調剤・注射調剤部門

調剤・注射調剤

T.内服・外用・注射薬の調剤

調剤室では、医師の処方せんに基づき調剤を行います。
患者さんに安全な薬を渡すために処方せんの内容(用法・用量・投与日数・飲み合わせなど)を複数の薬剤師の目をとおすことで、不備や調剤の見落としを確認しています。
また、調剤支援(電子カルテ)システムにより、処方内容の「禁忌薬」、「重複投与」、「相互作用」の監査が可能になっています。具体的には、粉薬は、粉薬同士を混合したり、1種類であっても分包したりすると薬剤の確認ができなくなるため、散剤監査システムを用いて正確な調剤を行っています。他にも薬のシートから錠剤を取り出すことが不自由な方のために錠剤分包機を用いてお薬を1つの袋にパックする一包化や薬の名前・飲み方・注意点といった内容を記載した「おくすり説明書」や「お薬手帳」を用いて情報提供も行っています。

調剤室
注射調剤室

U.無菌調剤

長期間、食事の摂取困難な患者さんには、食事の代わりとなる高カロリー輸液(中心静脈点滴)の混注業務を薬剤部内にて無菌的に行っています。薬剤の相互作用を確認し、複数の薬剤師で調剤・調製・監査をした上で払い出しをしています。

V.抗がん剤の監査・調製

注射抗がん剤に関しては、レジメン(抗がん剤)の処方内容について患者さんごとに個人ファイルを作成しています。レジメンの投与量・投与間隔・生涯投与量などの薬学的な監査や取り揃えた薬品の確認を行った後、外来化学療法ミキシングルームにて無菌的に混注業務を行っています。また、臨床検査値や吐き気止めなど抗がん剤の副作用に対する薬剤が適切に処方されているかどうかの確認も行い、化学療法が安全かつ有効に実施されるように努めています。

無菌調製業務

薬剤部では全病棟(ICU・CCUを除く)対象に高カロリー輸液の調製を行っております。病態に合わせた薬剤の情報提供や配合変化の有無の確認など、薬剤師の立場から処方支援に関わっています。

無菌調剤室

病棟薬剤業務部門

病棟薬剤業務

薬剤師は、チーム医療の一員として患者のベットサイドで治療薬に関して面談を行なっています。最初の面談では、入院前より服用されているお薬について飲み方や今までの副作用状況について情報収集しています。また、サプリメントなども服用していれば確認し、副作用歴についても伺います。その際、お薬手帳をお持ちになっていると、今までの治療薬の履歴がわかり大変役立ちます。
入院中は、患者さんへ投与される薬剤が、効果は得られているか、副作用が起きていないか、適正な薬物療法が行われるよう確認しています。そして投与される薬剤の情報を提供できるよう業務をおこなっています。

病棟薬剤部門担当主任

外科病棟

化学療法導入患者さんに対しては原則全員に、パンフレット等を用いて投与スケジュールや副作用など服薬指導を実施しています。また、投与量のチェック、制吐剤の有無なども確認し、より安全に化学療法を行えるよう努めています。

整形外科、泌尿器科、婦人科病棟

今年度より病棟業務を担当するようになり、主に整形外科、泌尿器科、婦人科病棟を担当しています。
当院では2014年より生体腎移植を開始しました。腎移植カンファレンスに参加し他職種との情報交換や情報共有、また腎移植患者さんに対する服薬指導を行っています。
チーム医療において、薬剤師として積極的に関わっていけるようにスキルを身につけていきたいです。

小児科病棟

小児科では治療薬の情報提供以外に、上手な薬の服用方法や適切な剤形の提案、喘息の吸入薬の手技指導なども行っています。また、当院には痙攣や重症感染症で搬送される子供が多く、その際に使用される抗てんかん薬や抗菌薬の血中濃度を解析し医師へ情報提供を行っています。

母胎科、新生児科病棟

母胎科、新生児科病棟を担当しています。
当院は、総合週産期母子医療センターをもつ病院です。様々な合併症を持った妊婦・授乳婦さんが入院されることも多いです。
薬剤部では、今年度より、NICU病棟でも薬剤師が病棟業務を行うようになりました。
妊婦・授乳婦や新生児に対して使用される薬剤の、投与量・配合変化の確認、TDM、薬剤の適正使用など、薬剤が安全かつ適正に使用されるよう努めています。
日病薬認定指導薬剤師/研修センター認定指導薬剤師の資格を活かし、病院実習に来る薬学生の指導も担当しています。

集中治療室

集中治療領域では、病態の変化に伴い急激な機能低下を生じ、病態は刻々と変化しています。多くの患者さんは腎機能や肝機能が低下し、心不全や不整脈等の循環器疾患を合併しています。人工心肺装置や透析装置、人工呼吸器等を使用している患者さんもおり、厳密な投与量の管理が必要な薬剤が、生命維持をするために多数使用されています。
適切な薬物治療が行われるために、使用薬剤の投与量の確認や配合変化・投与ルートの管理などを行っています。また、患者さんの病態を把握した上で、医師や看護師などと情報共有し、TDMを含めた投与設計や効果・副作用のモニタリング、服薬支援などを行っています。

チーム医療 1

緩和薬物療法認定薬剤師

近年在宅緩和ケアが進んできており、在宅緩和ケアにおける医療の質も向上しています。このことで、在宅で治療を受ける薬剤も複雑化し、知識、技術に高い水準が求められています。そのため薬剤師も積極的に在宅緩和ケアに関わり、薬物療法をサポートすることが重要です。
患者さんが在宅緩和ケアを希望された場合、どんな薬を使用されていても、投与方法が如何なるものであっても、在宅で継続できる方法を提案し、これを在宅スタッフと連携・共有しています。また、千葉県共用脳卒中地域連携パス計画管理病院協議会(CAMP-S)の薬剤シートに関する業務も行なっています。

感染対策委員(ICT)

ICT薬剤師は院内の抗菌薬使用状況を集計・把握し、院内の情報共有を図っております。特に広域スペクトラムの抗菌薬、抗MRSA薬といった特定抗菌薬については届出制、許可制を導入し、ここの症例についてICTで検討し適正使用を推進しております。また、TDM対象薬剤については病棟担当薬剤師と連携し、患者さんの体内動態に応じた投与方法を提案しております。

日本糖尿病療養指導士

糖尿病の罹患者は増加傾向にあり、新規治療薬も最近増えてきています。
さらにハイリスク薬として注意していかなければならない領域でもあります。
漢方は近年、不定愁訴に限らず抗がん剤による副作用対策や、栄養状態の悪い患者さんなどに対しても注目されてきました。当院は漢方の採用も少なく、あまり使用されていないように思えます。今後は積極的に漢方を提案していければと考えています。
糖尿病・漢方に限らず幅広い分野に目を向け、患者さん・医療スタッフに何を求められているかを常に心がけて薬剤師業務を行っています。

糖尿病薬剤師外来・糖尿病支援チーム・糖尿病教室・栄養委員会・NST(栄養サポートチーム) 日本糖尿病療養指導士

患者さんに適正な薬物療法が提供できるように、服用薬の副作用も含めてモニタリングを行い、退院までに適正な薬物選択および適正使用の確認と指導を行なっています。また、個々の患者さんにあったインスリンのデバイスを選択するために、補助器具はもちろんのこと実際に体験してもらい使用可能と判断したものを医師に処方提案し、患者さんに使用しています。週に1回、入院患者さんに限らず、外来患者さんも対象に糖尿病教室も行っています。2015年7月からは、外来患者さんの指導も考慮し、糖尿病薬剤師外来を設立しました。入院患者さんだけでなく、通院治療がメインとなる糖尿病患者さんの個々にあったお薬の選択・治療のお手伝いができれば幸いと考えております。
栄養サポートチーム(NST)では、すべての患者の病気療養にとって必要なことは「栄養管理」です。人間にとって衣・食・住が不可欠なように、食=栄養管理は入院中の患者さんにとっても、当たり前で大事なことです。当院には NSTがあり、医師、薬剤師、看護師、管理栄養士、言語聴覚士など様々な職種で構成されています。NST担当薬剤師は、各病棟担当薬剤師とも相談し、栄養状態が悪くなりそうな患者さんや、なかなか食事や経管栄養がすすまない患者さんなどを対象に、よりよい栄養管理を実践すべく主治医のサポートをしています。チーム内のNST専門療法士は、栄養管理に関わる実研修を受けています。チーム活動の中心的役割があり、院内の栄養管理のレベルアップのために勉強会も企画しています。

チーム医療 1

がん薬物療法認定薬剤師

がん薬物療法は、新規薬剤が開発され新時代を迎えています。現在のがん薬物療法に携わる薬剤師には、専門領域の知識と技能は必須であり、そのうえで患者さんの病態を全てマネジメント出来る能力が求められます。そのため、がん薬物療法を安全にかつ適正に実施するため、レジメン審査委員会に所属し各診療科の専門医や認定・専門看護師と強固な連携をとり業務を行っています。また、血液腫瘍内科を中心とした病棟を担当し、がん薬物療法に加え、日々変化する病態を医師と協議し感染・栄養・緩和ケアを中心として関わっています。これからの新時代を担う薬剤師には、Special generalistの概念を抱きながら自己研鑽をし、日々の業務を行っています。

院内DMAT・防災担当

災害時に必要となる薬品の管理、備蓄薬の検討など行っています。
また、災害時に薬剤部として迅速に活動できるよう個人のアクションカードを作成し、発災時に混乱することなく部員各々が薬剤師として行動できるようにできるようしていきたいと考えています。大規模災害に備え日常から防災に対する薬剤部の意識を高めていきたいと考えています。その他にも、院内のD-MAT隊にも参加し他職種の方とも連携を深め、防災に努めています。

院内DMAT訓練