当院について初診の方はこちらお見舞いの方はこちら交通のご案内

文字サイズの変更

TOP > 診療部門のご案内 > 形成外科

形成外科

形成外科形成外科は、身体表面の形態・機能を修復する外科の一分野であり、先天性および後天性の変形、腫瘍、“キズ”、“キズあと”などに幅広く対応しています。体表面の先天異常(口唇裂、口蓋裂、耳の変形、手足の異常)、顔面外傷、手足の外傷(手指の再接着)、熱傷、瘢痕・ケロイド、母斑、血管腫(しこり、ほくろ、あざ)、顔面神経麻痺による変形、眼瞼下垂症、腋臭症、シミ・ソバカス等を治療します。

診療案内

形成外科は、頭部・顔面・手・足など、外から見える部分を中心に、先天的な(生まれつきの)形の異常および後天的な体表面の腫瘍、変形、外傷、瘢痕(創痕)などを対象にする外科です。とくに顔面では皮膚軟部組織の損傷だけでなく骨折も対象としています。また腫瘍切除後の組織欠損や運動機能の修復・再建にも積極的に取り組んでいます。

当科で診療している疾患(疾患名をクリックすると詳しい説明が見られます。)

医師紹介

医師イメージ

竹内正樹(Masaki Takeuchi)

教授・診療科長

資格
日本形成外科学会 専門医・評議員
日本熱傷学会 認定熱傷専門医・評議員
日本頭蓋顎顔面外科学会 専門医・代議員
日本創傷外科学会 専門医・評議員
日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科指導専門医
日本手外科学会 手外科専門医
身体障害者診断指定医(肢体不自由)
臨床研修指導医
乳房再建用エキスパンダー・インプラント基準・責任医師
乳房増大用エキスパンダー・インプラント実施医師
専門分野
再建外科(頭頚部、四肢)
マイクロサージャリー
肥厚性瘢痕・ケロイド
顔面神経麻痺の形成術
眼瞼下垂症
熱傷
一言
患者さんのニーズを踏まえ、相談の上、最も適した治療法を選択しています。
創傷(キズ)を扱う外科として、治癒後のアフターケアにも配慮していきます。

医師イメージ

中野 貴光(Yoshimitsu Nakano)

医員

資格
日本形成外科学会 専門医
日本熱傷学会 認定熱傷専門医
日本手外科学会 手外科専門医
日本レーザー医学会 レーザー専門医
専門分野
手・足・その他の先天異常
熱傷
レーザー治療
一言
満足度の高い治療を目指し、わかりやすい説明と丁寧な治療を心がけています。

医師イメージ

森 怜子(Satoko Mori)

医員

資格
日本形成外科学会 専門医
日本熱傷学会 認定熱傷専門医
臨床研修指導医
専門分野
形成外科全般

医師イメージ

藤巻 弘(Hiroshi Fujimaki)

医員

専門分野
形成外科全般
一言
宜しくお願いします。

医師イメージ

清水 真理(Mari Shimizu)

医員

専門分野
形成外科全般

医師イメージ

髙木 美佳(Mika Takagi)

医員

専門分野
形成外科全般

医師イメージ

永木 里佳(Rika Nagaki)

医員

専門分野
形成外科全般

医師イメージ

大久保 麗(Rei Okubo)

非常勤講師

資格
日本形成外科学会 専門医
臨床研修指導医
専門分野
形成外科全般
レーザー治療
一言
疾患や治療方法について、わかりやすく説明し、創傷(キズ)、瘢痕(傷あと)、しみ、あざ等、なるべく、きれいに治るように診療していきます。