当院について初診の方はこちらお見舞いの方はこちら交通のご案内

文字サイズの変更

TOP > 総合周産期母子医療センター

総合周産期母子医療センター

当院は千葉県に3施設ある総合周産期母子医療センターのひとつです。周産期救急である母体搬送の受け入れ数も県内の約20%を占めています。第一病棟3階に母体胎児科一般病棟40床、MFICU(母体胎児集中治療室)6床、NICU(新生児集中治療室)21床、GCU(新生児科一般病棟)16床があり、母体胎児科と新生児科が連携し、24時間・365日すべての妊産褥婦・新生児に対して高度な医療・看護を提供しています。合併症を持ちながら妊娠している方や切迫流早産、多胎妊娠、胎児異常など、様々な状況に対応しています。そして、このようなハイリスクなお母さんと赤ちゃんへの対応はもちろんですが、合併症がなく、妊娠経過が順調な方も大歓迎です。緊急事態にすぐ対応できる設備の整った施設での出産を希望される妊婦さんも最近は多くいらっしゃいます。八千代市にお住まいの方も、市外・県外にお住まいの方も、セミオープンシステムの利用や里帰り分娩の希望も受入れていますので、どうぞ八千代医療センターでの出産をご検討ください。

※総合周産期母子医療センターとは、MFICU(母体胎児集中治療室)、NICU(新生児集中治療室)を有し、常時母体及び新生児搬送受入体制をとり、合併症妊娠、妊娠高血圧症候群、切迫早産、胎児異常など、母体または児におけるリスクの高い妊娠に対する医療や高度な新生児医療などの周産期管理を行える施設をいいます。

母体胎児科 新生児科

MFICU

母体胎児科

【母体胎児科外来における妊娠中のケア】

1.受診の流れ

はじめて受診するときには、妊娠の診断を受けたクリニックや経過を見てもらっているクリニックからの紹介状をお持ちください。母体胎児科の健診は完全予約制ですので、予約センターで予約を取って受診してください。妊娠かどうかわからない、診断を受けていない方は当院婦人科を受診することができます。妊娠が確定したら、母体胎児科の予約をお取りください。

2. 妊婦健診

母体胎児科 妊娠が分かったら定期的に妊婦健診を受けましょう。
一般的な妊娠週数と妊婦健診の回数は次の通りです。
  妊娠初期〜妊娠23週 まで 
  3〜4週間に1回
  妊娠24週〜35週 まで    
  2週間に1回
  妊娠36週〜お産まで      
  1週間に1回
※ 双子・三つ子の場合は妊娠初期より、
  上記に限らず医師の指示に従ってください。
※ 妊婦健診の際には、毎回超音波検査があります。
※ 無痛分娩は計画分娩での対応になります。
※ 医師の診察後には助産師による説明や妊娠中の
  心配事などお話をお聞きする場があります。
  心配なことがありましたらいつでもご相談ください。

3.助産師外来

妊娠15週以降で合併症をお持ちでない正常経過の妊婦さんに対して、助産師が妊婦健診と保健指導を行います。詳しくは、保健指導時に助産師にご相談ください。

4.超音波外来

必要があれば,超音波エコー専門の医師が毎週金曜日の午前中に診察しています。 受診については外来診察医にご相談下さい。

5.セミオープンシステム

セミオープンシステムは、正常経過の妊婦さんが地域のクリニックで妊婦健診を受けて、分娩を八千代医療センターで行うシステムを言います。妊娠20週になるまでに紹介状を持って、一度当院を受診してください。その後は妊娠32週以降から分娩まで当院で定期的に妊婦健診を受けます。
「退院した後はしばらく実家に帰りたい」、「実家は八千代市だけど今住んでいるところから八千代医療センターに通うのは大変」、などの場合にはセミオープンシステムをお勧めします。

6.マタニティクラス

安心した妊娠生活や満足できるお産や育児のイメージができるようマタニティクラスを全3回開催しています。妊娠中のお母さんと赤ちゃんの変化、当院の分娩方針について、お産の流れや過ごし方、バースプランについてなどのお話や病棟案内もあります。ご主人や実母さんとの参加も歓迎しています。出産予定月に合わせて開催される日時が決まっており、完全予約制ですので、詳しくは保健指導時に、助産師にご相談ください。
 日時:土曜日 10時 または14時 の2時間
 費用:各1000円

7.分娩予約について

当院で分娩を考えられている方は、妊娠28〜32週ごろに予納金を収め、分娩予約をお願いします。


【母体胎児科病棟における妊娠中・出産・産後のケア】

当院には、アドバンス助産師が9名おります。安心して出産できるようサポートさせていただきます。

アドバンス助産師とは、助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)レベルV認証制度で、日本助産評価機構から自律して助産ケアを実践できる能力を認証された助産師を言います。

1. LDR分娩、立ち会い分娩のご案内

母体胎児科 当院の分娩は、LDR(陣痛Labor・分娩Delivery・回復Recovery)というお部屋で、陣痛発来から分娩・その後の回復期までを過ごし、バースプランに沿った支援をします。陣痛のつらい時期にお部屋を移動することなく、LDRのベッドが分娩台となり出産できます。ご主人あるいは、一番立ち会ってほしい方お一人の立ち会いが可能です。


2.母子同室と母乳育児

お母さんと赤ちゃんは常に一緒にいるということが一番自然な姿です。お母さんと赤ちゃんの健康状態が良ければ、出産直後から母子同室が可能です。赤ちゃんと一緒に過ごすことで、育児にも早く慣れることができ、母乳育児を行なっていく上でもとても効果的です。妊娠中の乳房のお手入れから、出産後の乳房変化に合わせた授乳指導や乳房ケアを適切に行なっていきます。母乳のメリットを推奨しながら、お母さんが望む母乳育児を無理なく、楽しくすすめられるようお手伝いします。

母体胎児科 母体胎児科
母乳指導室 お祝い膳


【母体胎児科外来における産後のケア】

退院後も継続した産後ケアを行なうと共に、必要時地域とも連携して、お母さんと赤ちゃんに切れ目のない支援体制がとれるよう努めています。

1. 母乳外来

当院で出産された方は、退院後も母乳育児のフォローアップや、乳房ケアを受けることができます。母乳の分泌状況や赤ちゃんの体重の増え具合等、気がかりなことがあるときには、遠慮なくご相談ください。卒乳の相談も行っています。


2. 産後健診

1カ月健診や必要時2週間健診を設けています。お母さんと赤ちゃんが順調に経過しているか、お母さんの気持ちの変化や不安も含めてサポートしていきます。



医師紹介

医師イメージ

正岡 直樹(Naoki Masaoka)

教授

資格
産婦人科専門医 臨床研修指導医
周産期専門医 暫定指導医
日本産科婦人科学会代議員 日本母性衛生学会副理事長
千葉県母性衛生学会 理事
日本女性栄養・代謝学会常任理事
妊娠と糖尿病学会 理事
日本産婦人科手術学会 理事など
母体保護法指定医
専門分野
産婦人科全般
一言
あらゆる産科、婦人科疾患に対応します。

医師イメージ

三谷 穣(Minoru Mitani)

准教授・診療科長

資格
産婦人科専門医 産婦人科指導医
周産期新生児学会 専門医
東京女子医大 指導医
専門分野
周産期医療
一言
出産というかけがえのない幸せのお手伝いをさせていただきたいと思います。

医師イメージ

中島 義之(Yoshiyuki Nakajima)

講師

資格
産婦人科専門医 産婦人科指導医
周産期専門医 周産期指導医
臨床研修指導医
母体保護法指定医
新生児蘇生プログラムインストラクター
日本母性衛生学会 幹事  
千葉県母性衛生学会 理事
日本女性栄養・代謝学会 幹事
専門分野
周産期医学、産婦人科一般

医師イメージ

田代 英史(Hidehumi Tashiro)

医員

専門分野
産婦人科一般
一言
宜しくお願い致します。

医師イメージ

和田 真沙美(Masami Wada)

医員

資格
日本産婦人科学会 専門医
新生児蘇生プログラムインストラクター
専門分野
産婦人科一般

医師イメージ

秋山 美里(Misato Akiyama)

医員

資格
日本産婦人科学会 専門医
新生児蘇生プログラムインストラクター
専門分野
産婦人科一般
一言
患者さんに安心して頂き、相談して頂き易い診療を心がけます。 女性特有のお悩みからお産まで、何でもご相談下さい。

医師イメージ

安達 知弘(Tomohiro Adachi)

医員

資格
産婦人科専門医
新生児蘇生法「専門」コース終了
専門分野
産婦人科全般
一言
宜しくお願い致します。

医師イメージ

古来 愛香(Aika Korai)

医員

専門分野
産婦人科全般
一言
女性の皆さんのお力になれるよう、全力を尽くします。よろしくお願い致します。

医師イメージ

岩田 葉月(Hazuki Iwata)

医員

専門分野
母体胎児科
婦人科
一言
お気軽にご相談下さい。

医師イメージ

今井 悠(Haruka Imai)

医員

一言
よろしくお願いいたします。

医師イメージ

田杭 千穂(Chiho Tagui)

医員

資格
レジデント
専門分野
産婦人科
一言
よろしくお願い致します。

医師イメージ

坂井 昌人(Masato Sakai)

登録医

資格
産婦人科専門医
超音波専門医、超音波指導医
臨床研修指導医
周産期(母体・胎児)専門医
専門分野
周産期医学、産婦人科超音波診断
一言
患者さんが納得できる診療となるように誠意を持って診療します。

医師イメージ

山代 美和子 

登録医

資格
日本産婦人科学会専門医
専門分野
産婦人科

医師イメージ

村田 浩之

登録医

医師イメージ

橋本 美和子 Miwako Hashimoto

登録医

医師イメージ

芝崎 智子(Tomoko Shibasaki)

登録医

資格
産婦人科専門医
新生児蘇生法専門コースインストラクター
専門分野
周産期医学
産婦人科一般
漢方医学

医師イメージ

芝崎 智子(Tomoko Shibasaki)

登録医

医師イメージ

佐藤 伊知朗 Satou Ichirou

登録医


新生児科

新生児科周産期母子医療センターは、母体・胎児部門と新生児部門で構成されており、胎児から新生児への一貫した診療を行います。 院内・院外で出生した病的新生児の診療を行う新生児集中治療室には国内で最新の医療システムが配備され、医師、看護師、薬剤師、臨床工学士、理学療法士らが一体となって高度専門医療を行います。
一方で、母子関係や退院後の身体発育・発達に留意したきめ細かな育児支援を推進します。 入院治療のほか、分娩立ち会い、新生児搬送、退院後の育児・発達支援外来、乳児健診なども行います。

診療案内

新生児科とは出生した(時には出生前からの)赤ちゃんを対象とし、出生後の急性期の管理のみではなく、その後の発育・発達も含めて診させていただく診療科です。当院の新生児科病棟は新生児集中治療室(NICU)21床、後方病床であるGCU16床で、最新の医療システムを備えたわが国でも有数の大規模施設です。新生児科には体重が1,000gに満たない超低出生体重児や何らかの検査・治療が必要な赤ちゃんが入院しています。多くの医療機器を駆使する新生児医療は先端医療の象徴のようにも思われがちですが、赤ちゃんが元気に、健やかに発育していけるよう、優しいケアを常に心がけて診療にあたっています。

当科が実施している研究等
・早産児における左房容積および動脈管開存症評価

医師紹介

医師イメージ

佐藤 雅彦(Masahiko Sato)

診療科長

資格
日本小児科学会専門医
日本周産期新生児医学会暫定指導医(新生児)
新生児蘇生法Aコース
専門分野
新生児、呼吸生理
一言
入院中だけでなく、時には出生前から、またお家に帰られてからも、ご家族と一緒にお子様の成長を見守らせて頂きたいと思います。

医師イメージ

谷本 愛子(Aiko Tanimoto)

医員

資格
小児科専門医
新生児蘇生法Aコース
日本周産期・新生児医学会専門医
専門分野
小児科・新生児
一言
子育てをするご家族の不安に寄り添った診療を心掛けます。

医師イメージ

大塚 直哉(Naoya Otsuka)

医員

資格
PALSプロバイダー
日本小児科学会 専門医
専門分野
小児科・新生児
一言
過不足ない適切な医療を提供できるようベストを尽くします。

医師イメージ

山浦 美希(Miki Yamaura)

医員

資格
小児科専門医
新生児蘇生法Aコース
PALSプロバイダー
専門分野
新生児
一言
お子様がご家族のもとで、健やかに成長されますよう、精一杯お手伝いさせていただきます。

医師イメージ

古舘 愛子(Aiko Furudate)

医員

資格
小児科学会専門医
新生児蘇生法Aコース
PALSプロバイダー
専門分野
小児科一般
一言
赤ちゃんとご家族のお力になれるよう頑張ります。

医師イメージ

杉山 育静(ikusei sugiyama)

医員

資格
新生児蘇生法Aコース
PALSプロバイダー
専門分野
小児科一般・新生児
一言
こどもたちとご家族が笑顔でいられるようにサポートしていきたいと思います。

医師イメージ

淺木 弓英(Yumie Asaki)

医員

資格
NCPRプロバイダー
ICLSプロバイダー
BLSプロバイダー
専門分野
小児科
一言
子ども達とご家族のお力になれるよう、精一杯がんばります。
よろしくお願いします。

医師イメージ

大村 葉(You Omura)

登録医

資格
新生児蘇生法Aコースインストラクター
日本小児科学会 専門医
日本周産期・新生児医学会 専門医
PALSプロバイダー
専門分野
一般小児科・新生児
一言
信頼される新生児科をめざしてがんばります。