各室のご案内

がん研修室

一人の患者さんのがんの治療のため、そしてより質の高い生活をおくるために、さまざまなスペシャリストが連携して治療をサポートすることを目標として研修室はその橋渡しを行います。

がん研修室長(脳神経外科 講師)
丸山隆志

目標

院内・院外にわたり多職種による先進的な集学的治療体制の構築と、全人的ケアの発展を目指します。

Cancer Board

Cancer Board

がんの治療は一つの科だけは治療は成り立ちません。ここでは、関係する様々な科のスペシャリストがあなたのがんを最も効率的に連携した治療を行うために、多様な角度からがん治療を相談します。会の主体は診断ならびに治療方針の決定のための多科、多職種が一同に介した検討が中心ですが、その他、特徴的な治療判断を行った症例、他職種間で意思統一が難しい症例、診療ガイドラインの紹介なども行います。一人の患者さんへの治療からの「学び」を目標に、皆で症例を検討する会を月に二回開催しています。

がん教育講座

月に一度、がん治療のスペシャリストをお呼びして専門とされるがんに対する勉強と最新の情報などを交えて講演を行っています。院内の医療従事者のみならず、患者さんや一般の方などご興味のある方も自由に参加いただくために、がんに対してなるべくわかりやすく講演を準備して頂いています。

その他、院内の研修会として「がん医療薬学研究会」「がん薬物療法研修会」などそれぞれの専門の分野での研修会が開催されています。