がんセンターについて

センター長挨拶

  

     山口 茂樹
           がんセンターセンター長
                消化器・一般外科(下部消化管)教授・基幹部門長

がんが日本人の死因第1位になって久しいですが、がん治療を取り巻く環境は徐々に変わってきました。外科手術で取り除くことがほぼ唯一の治療だった時代から、近年の薬物治療の大きな変革と進歩、また放射線治療技術の進歩により、治療の選択肢が広がりその使い方や組み合わせも選べるようになってきました。また高齢者の増加に伴って持病のある患者さんが増加し、単にがんの標準的な治療を行うだけでなく、併存疾患の治療も継続しながらバランスよくがんの治療を行っていくことも必要です。さらに患者さんの気持ちや生き方に即してどのように治療を進めたいかを話し合っていくことも重要です。これらを円滑に進めるためには一つの診療科でなく横断的な組織が必要であり、平成19年に東京女子医科大学がんセンターが創設されました。
 最高水準の治療を提供するためには、外科、内科、放射線科それぞれの分野における最先端の治療のみならず、緩和ケア、がん患者を支える社会的ケアなど幅広いサポートが必要です。また当がんセンターには新しいがん治療に取り組む研究部門も構成されており、病院部門と連携してがん研究に取り組んでいます。女子医大がんセンターは、「至誠と愛」の理念のもとに、患者さん第一のがん治療と研究に取り組んでいきます。