がんセンターについて

病院部門長挨拶

板橋 道朗
がんセンター病院部門長 消化器・一般外科 准教授 板橋道朗

東京女子医大病院では、至誠と愛を基本理念に最高水準のがん医療の提供を行ってまいりました。

がん医療の対象は、もちろん患者さんが中心ですが、患者さんだけでなく、そのご家族、そして皆さんを取り巻く夜会環境も広い意味ではがん医療の対象と考えることができます。

東京女子医大では平成19年にがんセンターを設立して診療科単位にこだわらない横断的な組織として6つの室を設立、質の高い全人的な医療を提供すべく活動してまいりました。

がん医療の3本柱は 予防、治療、情報提供です。
女子医大がんセンターにおける予防、治療、情報提供についてご説明いたします。がん予防については、予防医学センターと連携して、啓蒙活動、検診受診率の向上などを行っております。

癌の患者さんを治癒に導くべく、集学的治療の観点から最善の治療選択を行うため、他職種によるキャンサーボードを定期的に開催し全人的な観点からの治療法の選択を行っております。万が一、がんにかかってしまっても、治る患者さんを増やすためには何が必要でしょうか。

もちろん早期発見が大切なことは言うまでもありません。さらに女子医大では診療科間の連携を強めて、多方面からのアプローチを駆使して最適な内科治療や外科手術の組み合わせなどを検討しております。

また、治らないとわかった患者さんとともに残された時間を有効に生きることは、非常に大切なことです。がんセンターでは緩和ケア研修の必須化を行っております。また、相談支援、セカンドオピニオンや がん教育講座といった情報提供もおこなっております。

がんセンター病院部門は、がん治療のスペシャリスト集団です。
私たちのチームは最高水準のがん医療を皆さま(患者さん、ご家族、社会)に届けます。是非、ご期待ください。

がん医療の対象・がん医療