各室のご案内

がん緩和ケア室

がんが進行した患者さんだけでなく、がんと診断された患者さんすべてが可能な限り快適にすごすことができるために、痛みをはじめ、身体と心のさまざまな症状を和らげる緩和ケアが「診断時から」行われることが重要です。

私たちがん緩和ケア室は、治療を担当する医師や看護師などの医療スタッフと共同し、適切な緩和ケアを提供することで、がんの患者さんとそのご家族を支援していきます。

がん緩和ケア室では、緩和ケアチームを結成し、
患者さんの身体的苦痛(痛みなど)だけでなく、
精神的な苦痛や悩み、ご家族や在宅医療を含めた社会的な問題にも対応していきます。

がん緩和ケア室長(消化器内科 准講師)
高山敬子

がん患者さんの苦痛

がん患者さんの苦痛

緩和ケアチームは下記のメンバーで構成されています。

  • 緩和ケア科医師
  • がん看護専門看護師
  • 精神神経科医師
  • リエゾン精神看護専門看護師
  • ペインクリニック専門医
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師
  • がん薬物療法認定薬剤師
  • がん性疼痛看護認定看護師
  • 緩和薬物療法専門薬剤師
  • 緩和ケア認定看護師
  • 臨床心理士
  • 乳がん看護認定看護師
  • 理学療法士
  • リンパ浮腫セラピスト
  • 作業療法士
  • 栄養サポートメンバー
  • 社会支援部

など、患者さんだけでなく家族、在宅を含めた多角的なサポートを支援します。

原則として入院患者さんが対象

平日におけるコンサルテーション体制
(往診、初回診察は原則的に水曜日か金曜日)

前日までに担当医から緩和ケアチームへコンサルテーション依頼をオーダーしていただきます。
当日、担当者より往診の時間調整について担当医へご連絡し、病室へ診察に伺います。

研修会

緩和ケア室研修会

2か月に1回緩和ケアに関する研修会を開催しております。
院内だけではなく院外の方にも公開している研修会です。

がん診療に携わる医師のための緩和ケア研修会

がん対策推進基本計画に基づき、「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」(平成20年4月1日付健発第0401016号厚生労働省健康局長通知)に準拠した緩和ケア研修会を開催しております。

【 研修会 院内修了者(PDF) 】

緩和ケア室研修会