大学院・研究施設

実践看護学Ⅰ(がん看護学)

概要

がん看護学では、修士論文コースを開設しています。がん看護学の研究者および教育者、臨床現場でのリーダーとなる人材の育成を目的とし、自己の研究課題を明確化し、テーマに適した手法を用いて研究を行います。

研究可能テーマ

がん看護・緩和ケア領域の研究テーマを幅広く扱っています。修士論文コースでは、将来的に自立した教育・研究者になることを目指して、研究指導を受けます。
がん患者の症状マネジメント、がん患者及び家族のQOL、遺族ケア、緩和ケアの質の保証、看護師の緩和ケア実践能力の向上・評価、学部生に対する緩和ケア教育など、がん看護・緩和ケアにかかわる多様な側面の研究テーマに取り組むことが可能です。

スタッフ紹介

・教授  町田 貴絵
・准教授 小泉 雅子
・助教  峯川 美弥子


 

学位論文テーマ主な実習施設

■学位論文テーマ
 
○修士論文テーマ
・転移性脳腫瘍によりガンマナイフ治療を受けた患者の体験
・再発した造血器がん患者にとっての治療選択と治療継続の意味
・非寛解もしくは再発した成人後期血液腫瘍患者の治療意思決定における思い
 

■主な実習施設

・東京女子医科大学病院
・北里大学病院
・日本医科大学病院