お知らせ

2019年08月23日 【プレスリリース】精神科治療ガイドラインの教育・普及・検証活動により 精神科医の治療ガイドラインへの理解度が向上

精神科治療ガイドラインの教育・普及・検証活動により
精神科医の治療ガイドラインへの理解度が向上
~ 精神科医への教育を行い、よりよい医療の実践に大きく前進 ~


国立精神・神経医療研究センター(NCNP)
杏林大学医学部
東京女子医科大学医学部
日本神経精神薬理学会
日本うつ病学会
 
【ポイント】
・世界で例のない精神科治療ガイドラインの教育・普及・検証活動であるEGUIDEプロジェクトの最初の成果である
・統合失調症とうつ病の治療ガイドラインのそれぞれ1日の講習を受講することにより精神科医のガイドラインに対する理解度が顕著に向上した
・精神科医に対するガイドラインを用いた本プロジェクトの教育により、より適切な治療が広く行われることが期待される









1、概要
 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP、東京都小平市、理事長:水澤英洋)精神保健研究所(所長:金 吉晴)精神疾患病態研究部の橋本亮太部長、杏林大学医学部精神神経科学の渡邊衡一郎教授、東京女子医科大学医学部精神医学講座の稲田健准教授らの研究グループは、精神科医療の普及と教育に対するガイドラインの効果に関する研究(EGUIDEプロジェクト:Effectiveness of GUIdeline for Dissemination and Education in psychiatric treatment:下図)を2016年に開始し、精神科医に対して精神科治療ガイドラインの教育の講習を行い、ガイドラインの効果を検証する研究を行ってきました。



 現在43大学と130以上の医療機関が参加する国内外に例がない精神科治療ガイドラインの教育・普及・検証プロジェクトに発展しています。EGUIDEプロジェクトは、統合失調症薬物治療ガイドラインとうつ病治療ガイドラインの講習を全国で計68回行い、延べ1500人以上が参加しました。この講習の効果検証のために、ガイドラインの理解度、実践度、処方行動によって評価を行いました。その結果、どちらのガイドライン講習においても、講習前と比較して講習後に顕著な理解度の向上が認められました(下図:統合失調症の例)。
 忙しい医師がたった1日の講習を受講することによりガイドラインの理解度が著明に向上する意義は大きいと考えられます。本研究成果は、EGUIDEプロジェクトの最初の成果になりますが、次の段階として、その理解したガイドラインの内容の実践度の調査や向精神薬の処方行動の調査などが既にスタートしています。これらの成果が得られると、最終的により適切な治療が広く行われるようになることが期待されます。
 本研究成果は、日本時間2019年8月23日(金)午前3時に「Psychiatry and Clinical Neurosciences」オンライン版に掲載されます。

2、研究の背景
 精神科医療においては、薬物療法と心理社会的療法がその両輪ですが、その実践については、臨床家ごとのばらつきが大きいことが問題でした。例えば、代表的な精神疾患の一つである統合失調症においては、抗精神病薬の単剤治療を行うことが海外の各種ガイドラインで推奨されているものの、日本では諸外国と比較して突出して抗精神病薬の多剤投与が多く、薬剤数が多いことが知られています。そこで2011年の日本精神神経学会でのシンポジウムで、統合失調症における多剤療法の問題が取り上げられました。抗精神病薬の多剤併用率が65%程度であり、抗パーキンソン薬、抗不安薬/睡眠薬、気分安定薬の併用率もそれぞれが30-80%と高いことが報告されました。そして、2014年には、向精神薬の多剤処方に対する診療報酬の減額が決定しました。その後、「統合失調症薬物治療ガイドライン」が2015年9月に日本神経精神薬理学会より発表されました。このガイドラインは、精神科領域において日本初のMinds法に則ったエビデンスに基づいたものであり、統合失調症においては抗精神病薬の単剤治療を行うことを明確に推奨しています。また、日本うつ病学会においてもうつ病と双極性障害の治療ガイドラインが発表されています。

 しかし、このような状況にもかかわらず、まだこれらの治療ガイドラインが十分に普及したとはいえない状況にあるため、よりよい精神科医療を広めるための工夫が必要でした。そこで、ガイドラインのガイドラインを作成している日本医療機能評価機構EBM普及推進事業Minds(マインズ)は、ガイドラインの作成だけでなく、その後の普及・教育・そして検証を行うことを推奨し、本研究グループは、精神科領域においてガイドラインの作成・普及・教育・検証そして改訂を、当事者・家族・支援者と共に行う研究を進めることとなりました。

3、本研究が社会に与える影響(本研究の意義と展望)
 EGUIDEプロジェクトで講習を行うことによりガイドラインの普及が進み、若手の精神科医に対してより適切な治療教育が行われることになります。その結果、より適切な治療が広く行われるようになることが期待できます。診療現場におけるガイドラインの利活用が進むことは、ガイドラインを用いたSDM(Shared Decision Making: 共同意思決定)が広く行われるようになり、当事者の真の幸福の実現につながると考えられます。また、教育効果を検証することにより、さらに効果的な講習の方法論が今後も開発され、精神科医および精神科医療にかかわるメディカルスタッフへの生涯教育法の開発や、当事者やその家族への教育にもつながる可能性があります。

[用語解説]
※ 治療ガイドライン:
患者と医療者を支援する目的で、臨床現場における意思決定の際の判断材料の一つとするために、 科学的根拠(エビデンス)に基づき、系統的な手法により作成された推奨を含む文書。
 
※ 統合失調症:
約100人に1人が発症する精神障害。思春期青年期の発症が多く、幻覚・妄想などの陽性症状、意欲低下・感情鈍麻などの陰性症状、認知機能障害等が認められ、多くは慢性・再発性の経過をたどる。社会的機能の低下を生じ、働くことが困難で自宅で闘病する患者が多いだけでなく、日本の長期入院患者の約70%が統合失調症。
 
※ うつ病(大うつ病性障害):
約100人に3-16人が発症する精神障害。抑うつ症状、興味や喜びの減退、不眠、食欲不振、不安・焦燥、意欲低下、罪悪感、思考力の減退などが認められ、社会機能の障害を引き起こす。
 
※ SDM(Shared Decision Making: 共同意思決定):
患者と治療者が治療に関する情報を双方に共有し話し合い、患者の好みや価値観に沿った最適な選択を共に行うプロセス。

PDFはこちら>>
 

2019年08月02日 【研究成果プレスリリース】脳卒中再発予防の血圧管理目標が 130/80mmHg未満である事のエビデンス確立

Press Release


令和元年8月2日
学校法人 東京女子医科大学
 
脳卒中再発予防の血圧管理目標が
130/80mmHg未満である事のエビデンス確立

 
  Point
   脳卒中既往患者における血圧管理は130/80mmHgが適切であることを証明しました。本研究成果
   はJAMA Neurologyに令和元年7月29日にオンライン掲載されました。

  1. わが国の脳卒中既往患者を対象として、通常血圧管理(140/90mmHg未満)と厳格血圧管理
   (120/80mmHg未満)に割り付け、脳卒中再発予防を比較したところ、厳格血圧管理で有意ではな
    いものの27%再発が低下する傾向が示された

  2. 本試験を過去の同様な試験とメタ解析したところ、厳格血圧管理(少なくとも130/80mmHg未満)
    は通常血圧管理に比較して22%有意に脳卒中再発を抑制することが明らかになった。

  3. 本研究の成果から、脳卒中再発予防の目標血圧は130/80mmHg未満が適切であることが初めて
    明らかになった。

 Ⅰ 研究の背景と経緯
  脳卒中再発予防に血圧管理が重要であることは広く知られてきたが、どこまで血圧を下げるべきかについ
  ては、確固たるエビデンスがなかった。従来140/90mmHg未満を目標に降圧管理が行われてきたが、よ
  り厳格な血圧管理が脳卒中再発予防に有効かどうか不明であった。


 Ⅱ 研究の内容
  RESPECT Study試験は、Recurrent Stroke Prevention Clinical Outcome Studyの略で、我が国の脳卒
  中既往患者を対象として通常血圧管理群(140/90mmHg未満)と厳格血圧管理(120/80mmHg未満)
  模試験である。本試験は、新小山市民病院院長の島田和幸院長(研究開始当時は自治医科大学循環器内科
  教授)を主任研究者として、全国140施設が参加して実施され、その研究成果が2019年7月29日に東京女
  子医科大学脳神経内科学北川一夫を筆頭責任著者としてJAMA Neurologyにオンライン掲載された。当初
  の目標症例数は5,000例、脳卒中イベント244件を目標に研究がスタートしたが、当初の脳卒中再発率が
  予想より多かったため最終的に目標症例数2,000例として研究が実施された。2016年夏に中間解析を実施
  し、2016年12月末に1,280例が登録、ランダム化された時点で、月別の登録症例数の激減、研究資金枯渇
  に伴い研究終了となった。しかし、最終的に1,263例が解析対象となり、平均3.9年の追跡期間で91件の再
  発脳卒中が観察された。登録1年後の両群の血圧は通常管理群132.0/77.5mmHg、厳格管理群
  123.7/72.8mmHgであり有意な群間差を認めた(図1)。脳卒中再発率は通常管理群は年間2.26%、
  厳格管理群は1.65%であり厳格管理群で低下傾向を示した(HR 0.73;95%CI 0.49-1.11、p=0.145)
  (図2)。特に脳出血発症率は通常管理群0.46%、厳格管理群0.04%と顕著な差を認めた。本研究結果を
  過去に脳卒中既往患者を対象として厳格血圧管理と通常血圧管理を比較してSPS3研究を含む3つのRCT研究
  とメタ解析したところ、厳格な血圧管理は通常血圧管理に比し22%有意に脳卒中再発予防を抑制することが
  明らかになった(図3)。


 Ⅲ 今後の展開
  RRESPECT Study試験単独では厳格血圧管理の優位性を示されなかったが、過去の同様な研究とメタ解析
  することにより、初めて130/80mmHg未満に血圧管理することが脳卒中再発予防に有用であることが示さ
  れた。本研究成果で得られたエビデンスから今後脳卒中再発予防の血圧管理は130/80mmHg未満を目標と
  することが広く周知されるものと期待される。


図1:RESPECT Study試験における通常血圧群、厳格血圧群の収縮期血圧の推移
収縮期血圧(mmHg)  

    0              1              2              3               4              5

                                割り付けからの期間(年)


図2:RESPECT Study試験における通常血圧群、厳格血圧群の脳卒中再発率




図3:脳卒中再発予防における厳格血圧管理と通常血圧管理を比較したRESPEC Study試験を
   含む臨床研究のメタ解析


【お問い合わせ先】
<研究に関すること>
北川 一夫(キタガワ カズオ)
東京女子医科大学 医学部 脳神経内科学講座 教授・講座主任
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
Tel:03-3353-8111
E-mail: kitagawa.kazuo@twmu.ac.jp
 
 
<報道担当>
東京女子医科大学 広報室
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
Tel:03-3353-8111 Fax:03-5269-7326
E-mail: kouhou.bm@twmu.ac.jp
 
【プレス情報】
1.掲載誌名  JAMA Neurology
2.論文タイトル Effect of Standard vs Intensive Blood Pressure Control on the Risk of Recurrent Stroke: A Randomized Clinical Trial and Meta-analysis
3)論文のオンライン掲載日
   2019年7月29日

PDFはこちら>>