大切にしていること:仲間

渡邉小夏 [東医療センター] 小児科病棟勤務/静岡県出身/2007年入職

「みんなちがってみんないい」 あなたの大切にしていることは なんですか?

働いていて最高の瞬間は、患者さんの笑顔に会えることです。

看護学生時代の実習で、ナースステーションの明るい雰囲気に 魅了されました。

私が働く小児科病棟は、内科疾患の急性期から慢性期まで多岐にわたっています。また、患者さんの年齢も生後数日から中高生まで幅広く、とても賑やかな病棟です。私がこの病棟で働きたいと思った理由は、看護学生時代にこの病棟で実習をして、ナースステーションの明るい雰囲気に魅了されたからです。ここでなら楽しく働くことが出来ると思いました。

初めての看取りの場面で、戸惑うばかりの私を先輩や仲間が助けてくれました。

そして、希望通りに入職できた1年目の夜勤で、私は初めて患者さんの看取りの場面に出会いました。まだ幼い1歳の患者さんは生きようと必死に頑張っていましたが、病気に勝てず逝去されました。命の火が消えてしまいそうな患者さんを前に、私はただ戸惑うばかりで満足に情報収集もできていませんでした。そんな私にリーダーの先輩は優しく厳しく自分のするべきことを教えてくれました。もう一人の先輩は、私がその患者さんだけに集中できるようにと、私が他に受け持っていた患者さんのラウンドやケアをしてくれました。
患者さんを看取った時、私が受け持ちでなければ…と何度も何度も悔やみました。それを見た同期のスタッフは「患者さんはあなたを選んでくれたんだよ」と教えてくれました。温かい仲間に恵まれているからこそ、この経験を乗り越え、今も忘れることなく胸に留めることができるのだと感じています。

患者さんからたくさんのパワーがもらえるステキな職場です。

また、小児科病棟で働いていて最高の瞬間は、患者さんの笑顔に会えることです。
入院当初は、機嫌も悪く、看護師を見るたび泣いている患者さんが多いのですが、病状も落ち着き病棟にも慣れてくると、次第に患者さんとの距離が近くなります。あやすと笑ってくれたり、すれ違うと「渡邉さん、おはよ!」と元気に声をかけてくれたり、長期入院の患者さんではお母さんと一緒にその子の成長を感じることが出来たり…。
辛いこともありますが、小児科は患者さんからたくさんのパワーがもらえるステキな職場です。

  • 前の先輩を見る

主なカテゴリ
  • ホーム

  • メッセージ

  • 病院紹介

  • 採用情報

  • 応募要項