logo
求める看護師像と看護師の成長を支える研修


当院で働く看護師には、「全人的ヒューマンケアの担い手となる看護師」になってほしいと願っています。
そのために必要な姿勢や実践を7つの柱で表しています。

zu-human-care

実践

subtitle_line

    • 先進的、全人的な医療をめざす大学の組織の 一員として経験と学問的に裏打ちされた 知識・技術を習得し、患者・家族へ安全、安心、安楽な看護が提供できる。
    • 豊かな感性と安定した感情を持ち、自らの気づきをケア行動に活かすことができる。

    マネジメント

    subtitle_line

    • マネジメント能力を身につけ看護の質の向上と組織目標の達成に貢献できる。
    • 医療の持つ社会的・経済的側面の重要性を理解し貢献できる。 
    • 医療チームの一員として看護師の役割を理解し、他職種、他部門、他施設などと協働・ 連携のリーダーシップが発揮できる。

    教育・指導

    subtitle_line

    • 看護職のロールモデルになり、相手の成長を助ける教育・指導ができる。

    倫理

    subtitle_line

    • 「至誠と愛」の理念にそった医療人として必要な基本姿勢と態度、倫理を身につけ看護 の役割と責任を遂行するよう自己研鑽できる。

    研究

    subtitle_line

    • より良い看護実践のため、研究に取り組むことができる。

    対人関係

    subtitle_line

    • コミュニケーションを通して自分の考えを大切にしながら相手の価値観も受け入れ、 対人関係を発展させることができる。

    キャリア

    subtitle_line

    • 看護の専門職業人として自らのキャリア開発・発展について考えられる。

    ▲ページTOPへ

    キャリア実践マネジメント教育・指導対人関係倫理研究
     
    TEXT SIZE