腎がん外来のご案内

当科の腎がん治療について

当科では腎がん治療に力を入れており、2016年度は302例の手術治療を行っており、本邦最多です。中でも小径腎がん(7cm以下)に対しては積極的に腎温存手術をおこなっており、更に2016年4月にda vinci surgical systemを使用するロボット支援腎部分切除術が保険収載されてからは、小径腎がん(7cm以下)に対しては95%以上その手術方法でおこなっております。ロボット支援腎部分切除術は腎臓を温存する事はもちろんですが、小さい傷で手術が出来るので体の負担が軽減されます。
多くの患者さまは、術後3-4日で退院となります。腎がんの診断に至り、当院でのご加療をご希望される方は是非相談に来てください。なお、予約が無くても随時担当医が対応いたします。
<担当:高木敏男>

  • 手術治療

    早期がんに対しては、da vinci surgical systemを用いたロボット支援下腎部分切除術を実施しています。2013年から始めており、その手技は確立されています。また、2016年4月より保険適応となっています。
    腫瘍の大きさやステージによっては、腹腔鏡下腎摘除術、ないし開腹腎摘除術を行います。
    術式の決定は、各種ガイドラインを参考にしたり、患者様との相談により進めます。

  • 薬物治療

    転移性腎癌に対しては薬物治療を行っています。現在は分子標的薬治療が中心ですが、今後は、免疫系を調整する薬剤が保険適応となる見込みです。その他、数多くの治験を扱っております。

担当医

田邉 一成

Tanabe Kazunari

教授・講座主任、診療部長

 
午前        
午後        

※診療希望の方は曜日を問わず対応します。

高木 敏男

Takagi Toshio

講師

 
午前        
午後        

※新規患者様は予約を取っていただくか、予約がない場合でも金曜日11:00までに受付していただければ診療いたします。

吉田 一彦

Yoshida Kazuhiko

助教

 
午前        
午後        

※新規患者様は予約を取っていただくか、予約がない場合でも水曜日11:00までに受付していただければ診療いたします。

外来診療に関する留意点

上記担当医の診療日以外でも、11:00までに来院いただければ、その他の担当医が診療いたします。
治療方針については、診療科の中のカンファレンスにて多くの医師の意見を参考にしながら提示させていただきます。 

予約方法

  • 電話で予約する

    予約センター直通電話

    03-3353-8138

    または、東京女子医科大学病院大代表電話

    03-3353-8111 より予約センターへ

  • 直接来院して総合外来センター1階にある予約センター窓口にて予約する

    予約センターお取り扱い時間

    平日  9:00〜16:30

    土曜日 9:00〜12:30(第3土曜日は休診)

※来院時の交通手段は地図・交通案内のページをご参照ください。