教授・講座主任からのメッセージ

東京女子医科大学病院 泌尿器科 教授・講座主任・診療部長 田邉 一成

Kazunari Tanabe

当泌尿器科の最大の特色は、泌尿器腫瘍および腎移植の分野においてわが国でトップクラスの症例数を有していることが挙げられます。この豊富な臨床経験に基づき、より高度な泌尿器科医の育成を目標とし大学院の研修カリキュラムおよび研究テーマを設けています。

臨床面では、われわれはすべての泌尿器科疾患の研修を行うに十分な症例を有するため、卒後の学年や臨床経験に応じ柔軟に研修内容を設定することが可能です。本カリキュラムを通じ、泌尿器手術および検査手技の獲得や疾患管理の習得において、最前線の泌尿器科学を研修することができると自負しております。

また基礎研究においては常に臨床の場からの疑問や要求に即したテーマで研究活動を行っており、現在当科においては、本ページにお示しします様々なテーマでの研究プロジェクトが進行中であります。いずれの研究も、それぞれ東京理科大学生命科学研究所安部研究室、シミックバイオリサーチセンター、日本大学獣医学部放射線科、理化学研究所IMS-RCAI ワクチンデザイン研究チーム、本学微生物免疫学研究室、本学先端生命医学研究所などと常時連携し、常に最先端の研究水準を維持するように心がけプロジェクトを進めています。われわれの大学院入学後は、これらのプロジェクトに参加し研究することはもちろん、新たなテーマで研究を行うことも可能です。

このようにわれわれの大学院カリキュラムは、臨床においても基礎研究においても、国内はもとより国際的にも十分通用する泌尿器科医を育てることを目標としています。女子医大は学閥がないことがよく知られていますが、われわれ泌尿器科も例外ではありません。実際に全国の大学からわれわれの科の研修に見えられる方は後を絶たず、その全ての先生方は当科で学んだことを生かしそれぞれの施設で活躍されています。われわれの研修システムに少しでもご興味をもたれた方は、大学院入学にかかわらず施設見学や手術見学など常時受け入れていますので、お気軽にご連絡ください。

電話:03-3353-8111 (内線:37414 田邉教授室)