What's new|東京女子医科大学整形外科

03-3353-8111(大代表)
東京女子医科大学 東京女子医科大学病院

What's new

【What's new】感染対策に万全を期しながら、通常診療・手術を行っています。
【What's new】「第12回東京女子医科大学医学部整形外科卒後研修セミナー」開催のお知らせ
日時:2019年7月13日(土)13時~17時
場所:ハイアットリージェンシー東京 B1「クリスタルルーム」
詳細はこちら
リウマチ班、鎌ヶ谷総合病院の望月先生の脊椎アライメントをリウマチ患者で調査した論文です。
Spinal saggital balance associated with age, vertebral fracture, and functional disability in patients with rheumatoid arthritis: A cross-sectional study Takeshi Mochizuki, Koichiro Yano, Toshiyuki Shirahata, Katsunori Ikari, Ryo Hiroshima, Yuki Nasu, Ken Okazaki
Mod Rheumatol, 2019,19:1-7
膝グループの伊藤匡史先生の論文がpublishされました。
脛骨高位骨切り術の合併症の一つ、深腓骨神経障害をきたした一例の報告です。
Deep peroneal nerve injury during plate fixation for medial open-wedge high tibial osteotomy: A case report and cadaveric study.
Itoh M, Itou J, Kuwashima U, Fujieda H, Okazaki K.
Clin Case Rep. 2019 Oct 9;7(11):2225-2230
リウマチ班・鎌ヶ谷総合病院の望月猛先生による、人工膝関節置換術の膝蓋骨の動きの違いについての研究が論文発表されました。
Effect on patellar kinematics of the different patellar component designs in total knee arthroplasty: intraoperative measurement of dome type versus anatomic type
Mochizuki T, Yano K, Ikari K, Ryo Hiroshima, Okazaki K.
リウマチ班・鎌ヶ谷総合病院の望月猛先生による、リウマチ患者でのサルコペニアに関与する因子の研究が論文発表されました。
Sarcopenia-associated factors in Japanese patients with rheumatoid arthritis: A cross-sectional study.
Mochizuki T, Yano K, Ikari K, Okazaki K.
Geriatr Gerontol Int. 2019 Jul 24.
リウマチ班の矢野先生による、リウマチ足変形の矯正手術後の測定圧分布の変化を調べた論文が、速報として掲載されました。足の外科の次世代リーダー目指して頑張っています。
Impact of joint-preserving surgery on plantar pressure among patients with rheumatoid arthritis.
Mod Rheumatol. 2019 Jun 24:1-3
リウマチ班の矢野先生による、人工足関節置換術の成績をまとめた論文が、足の外科のトップジャーナルに掲載されました。
Radiographic Outcomes of Mobile-Bearing Total Ankle Arthroplasty for Patients With Rheumatoid Arthritis
Foot Ankle Int. 2019 May 31
膝班の伊藤淳哉先生が研修時代に経験した手の外傷について論文をまとめました。貴重な症例は逃さず報告する姿勢が大切です。
Treatment of Capitellum Fracture with Chronic Radial Head Dislocation.
Itou J, Iwakura N, Hatta S, Tanikawa T, Kanaya K, Okazaki K.
J Hand Surg Asian Pac Vol. 2019 Jun;24(2):247-250.
脊椎班の神代 秀彬先生の論文がpublishされました。O-armを用いて難症例のC1/2固定を行った報告です。
Atlantoaxial Fixation in a Patient with Bilateral Persistent First Intersegmental Vertebral Artery Anomaly Using an O-arm Navigation System: A Case Report
Hideaki Kashiro, Keiji Wada, Mitsuru Yui, Ryo Tamaki, Daisuke Numaguchi, Kenji Hagiwara, Ken Okazaki
Spine Surgery and Related Research 2019, 3 (2): 196-198
脊椎班の沼口大輔先生の論文がpublishされました。脊椎手術中の硬膜損傷が術後の脳内出血をおこすリスクについて論じた研究です。
Incidence of Remote Cerebellar Hemorrhage in Patients with a Dural Tear during Spinal Surgery: A Retrospective Observational Analysis
Daisuke Numaguchi, Keiji Wada, Mitsuru Yui, Ryo Tamaki, Ken Okazaki
Spine Surgery and Related Research 2019, 3 (2): 141-145
リウマチ班の望月猛先生の論文がpublishされました。日常診療でのリウマチ患者に他の内科的合併症が5年間でどのくらい発生するかを調べた研究です。
Five-year incidence of common comorbidities, such as hypertension, dyslipidemia, diabetes mellitus, cardiovascular disease, cerebrovascular disease and cancer, in older Japanese patients with rheumatoid arthritis.
Mochizuki T, Ikari K, Yano K, Okazaki K.
Geriatr Gerontol Int. 2019 Apr 5
膝関節班 伊藤淳哉先生の論文が発表されました。
Itou J, Itoh M, Maruki C, Tajimi T, So T, Kuwashima U, Okazaki K. Deep peroneal nerve has a potential risk of injury during open-wedge high tibial osteotomy. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2019 Mar 5
リウマチ班同門の望月猛先生の論文が発表されました。
Mochizuki T, Yano K, Ikari K, Hiroshima R, Ishibashi M, Okazaki K Relationship of callosities of the forefoot with foot deformity, Health Assessment Questionnaire Disability Index, and joint damage score in patients with rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2019 Mar 5:1-13
新聞掲載のお知らせ
音楽家のための手の外科外来・酒井先生の活動が、新聞掲載されました。
詳しくはこちら