What's new|東京女子医科大学整形外科

03-3353-8111(大代表)
東京女子医科大学 東京女子医科大学病院

What's new

【What's new】リウマチ診療実績が読売新聞に掲載されました!
読売新聞(2021年6月16日付)に「主な医療機関の関節リウマチ治療実績(2019年)」の記事が載り、女子医大が関節リウマチの関節手術件数が292件で日本一にランクされました。
年間100件を超える施設が8施設のみで、200件を超える施設は女子医大のみでした。
【What's new】膝班の伊藤匡史先生の論文がJournal of arthroplastyで発表されました。人工関節の評価で使われているFJS-12(The Forgotten Joint Score-12 )が、骨切り術(OWHTO)の成績評価においても有用であることを示した初の報告です。
Good validity and high internal consistency of the Forgotten Joint Score-12 in patients after medial opening wedge high tibial osteotomy
Masafumi Itoh, Junya Itou, Umito Kuwashima, Ken Okazaki,
Journal of arthroplasty. March 12, 2021
【What's new】 膝班の桑島海人先生の論文が発表されました。CWHTOにおけるK-L gradeと術後成績との関係を調査したものです。
Effect of osteoarthritis severity on survival and clinical
outcomes after high tibial osteotomy
Umito Kuwashima, Kenyu Iwasaki, Ichiro Kurakazu, Yukio Akasaki,
Yasuharu Nakashima, Masafumi Itoh, Junya Itou, Ken Okazaki
The Knee 2021,29:441-7
【What's new】骨代謝班の冨永絢子先生による、骨粗鬆症患者に対するロモソズマブの治療効果の続報です。
Early clinical effects, safety, and predictors of the effects of romosozumab treatment in osteoporosis patients: one-year study.
Tominaga A, Wada K, Okazaki K, Nishi H, Terayama Y, Kato Y.
Osteoporos Int. 2021 Mar 26
【What's new】膝班の伊藤淳哉先生による論文が公開されました。
OWHTOにおける遠位screw4本中3本がmonocorticalでも固定性に影響が出ないことをFEA(有限要素解析)で評価したものです。
Monocortical fixation for locking plate distal screws does not impair mechanical properties in open-wedge high tibial osteotomy
Junya Itou, Umito Kuwashima, Masafumi Itoh, Koichi Kuroda, Yasuharu Yokoyama, Ken Okazaki
BMC Musculoskelet Disord. 2021 Feb 8;22(1)
【What's new】リウマチ班の矢野 紘一郎先生による、リウマチ足に対する関節温存手術の治療成績がJBJSに掲載されました。
Patient-Reported and Radiographic Outcomes of Joint-Preserving Surgery for Rheumatoid Forefoot Deformities: A Retrospective Case Series with Mean Follow-up of 6 Years
Yano K, Ikari K, Tobimatsu H, Okazaki K.
J Bone Joint Surg Am. 2021 Jan 20
【What's new】至誠会第二病院の足の外科センター長の吉本憲正先生による鏡視下Brostom変法を併用した思春期スポーツ選手の疲労骨折治療の報告です。
Nonunion of a medial malleolar stress fracture in an adolescent athlete secondary to lateral ankle instability: A case report
Yoshimoto K, Noguchi M, Maruki H, Ishibashi M, Okazaki K
Int J Surg Case Rep 2020
【What's new】リウマチ班の飛松先生による症例報告です。
Triple osteotomy for erosive first metatarsal in a patient with rheumatoid arthritis: a case report.
Tobimatsu H, Ikari K, Yano K, Okazaki K
Mod Rheumatol Case Rep 2020
【What's new】脊椎班の萩原健司先生による症例報告です。
Osteochondroma of the C2 Vertebral Body Totally Resected Using an Intraoperative O-arm Navigation System: A Case Report.
Hagiwara K, Wada K, Tamaki R, Inoue T, Okazaki K.
Spine Surg Relat Res. 2020 Jun 18
【What's new】骨代謝班の冨永絢子先生による、骨粗鬆症患者に対するロモソズマブの治療効果の報告です。
Early clinical effects, safety, and appropriate selection of bone markers in romosozumab treatment for
osteoporosis patients: a 6-month study.
Tominaga A, Wada K, Kato Y, Nishi H, Terayama Y, Okazaki K.
Osteoporos Int. 2020 Sep 26
【What's new】膝班の伊藤淳哉先生によるTKA術後満足度を予測するスコアの有用性評価に関する論文です。
Assessing the Validity of a New Prediction Model for Patient Satisfaction After Total Knee Arthroplasty: A Retrospective Cross-Sectional Study
Junya Itou, Masafumi Itoh, Umito Kuwashima, Ken Okazaki
Orthopedic Research and Reviews 2020:12 133–137
【What's new】リウマチ班、鎌ヶ谷総合病院の望月先生による関節リウマチおよび骨粗鬆症患者に対するデノスマブを用いた有効性評価の論文です。
Three-year results of denosumab treatment for osteoporosis in women with rheumatoid arthritis and primary osteoporosis: A clinical observational study
Takeshi Mochizuki, Koichiro Yano, Katsunori Ikari, Ryo Hiroshima , Yuki Nasu, Ken Okazaki
Mod Rheumatol,2020,10;1-7
【What's new】脊椎班の玉木先生による、S2 Alar-Iliac screw挿入におけるO-armの有用性に関する論文が発表されました。
Surgical Technique and Accuracy of S2 Alar-Iliac Screw Insertion Using Intraoperative O-arm Navigation: An Analysis of 120 screws.
Tamaki R, Wada K, Okazaki K.
World Neurosurg. 2020 Aug 22
【What's new】膝班の桑島先生による、膝周囲骨切り術の一つであるTCVOに関する論文が発表されました。
Tibial condylar valgus osteotomy - indications and technique
Kuwashima U, Yonekura A, Itoh M, Itou J, Okazaki K
J Exp Orthop. 2020 May 13
【What's new】脊椎班の和田先生による、環軸椎固定の術式比較の論文が発表されました。
Comparison of Atlantoaxial Fusion with Transarticular Screws and C1 Lateral Mass-C2 Screws using Intraoperative O-arm Navigation.
Wada K, Tamaki R, Inoue T, Hagiwara K, Okazaki K.
World Neurosurg. 2020 Jun 26
【What's new】脊椎班の和田先生による、環軸椎固定におけるC-armとO-armとの比較論文が発表されました。
Surgical Results of Intraoperative C-arm Fluoroscopy versus O-arm in Transarticular Screw Fixation for Atlantoaxial Instability.
Wada K, Inoue T, Hagiwara K, Tamaki R, Okazaki K.
World Neurosurg. 2020 Apr 24.
【What's new】 リウマチ班の王先生が、RA患者の転倒リスクについての論文を発表しました。
A simple screening test to assess risk of falls in Japanese patients with rheumatoid arthritis: Results from the IORRA cohort study.
Oh K, Furuya T, Inoue E, Tanaka E, Ikari K, Taniguchi A, Yamanaka H, Okazaki K, Harigai M.
Mod Rheumatol. 2020 Apr 14:1-4.
【What's new】脊椎班和田先生による、O-armを用いた頚椎へのスクリュー挿入の正確性評価の論文が発表されました。
Cervical Pedicle Screw Insertion Using O-arm-based 3D Navigation: Technical Advancement to Improve Accuracy of Screws.
Wada K, Tamaki R, Inoue T, Hagiwara K, Okazaki K.
World Neurosurg. 2020 Apr 6.
【What's new】 膝班、八千代医療センターの谷口先生による、
人工膝関節置換術後のノイズが臨床成績におよぼす影響を調べた論文が発表されました。
Noise after total knee arthroplasty has limited effect on joint awareness and patient-reported clinical outcomes: retrospective study Taniguchi, H. Itoh, M. Yoshimoto, N. Itou, J. Kuwashima, U. Okazaki, K.
BMC Musculoskelet Disord 2020,21;115
【お知らせ】「第33回日本靴医学会学術集会」開催のお知らせ
第33回日本靴医学会学術集会を開催いたします。会長は、当科客員教授・野口昌彦先生(至誠会第二病院整形外科)です。
詳細はこちら
【What's new】感染対策に万全を期しながら、通常診療・手術を行っています。
【What's new】「第12回東京女子医科大学医学部整形外科卒後研修セミナー」開催のお知らせ
日時:2019年7月13日(土)13時~17時
場所:ハイアットリージェンシー東京 B1「クリスタルルーム」
詳細はこちら
リウマチ班、鎌ヶ谷総合病院の望月先生の脊椎アライメントをリウマチ患者で調査した論文です。
Spinal saggital balance associated with age, vertebral fracture, and functional disability in patients with rheumatoid arthritis: A cross-sectional study Takeshi Mochizuki, Koichiro Yano, Toshiyuki Shirahata, Katsunori Ikari, Ryo Hiroshima, Yuki Nasu, Ken Okazaki
Mod Rheumatol, 2019,19:1-7
膝グループの伊藤匡史先生の論文がpublishされました。
脛骨高位骨切り術の合併症の一つ、深腓骨神経障害をきたした一例の報告です。
Deep peroneal nerve injury during plate fixation for medial open-wedge high tibial osteotomy: A case report and cadaveric study.
Itoh M, Itou J, Kuwashima U, Fujieda H, Okazaki K.
Clin Case Rep. 2019 Oct 9;7(11):2225-2230
リウマチ班・鎌ヶ谷総合病院の望月猛先生による、人工膝関節置換術の膝蓋骨の動きの違いについての研究が論文発表されました。
Effect on patellar kinematics of the different patellar component designs in total knee arthroplasty: intraoperative measurement of dome type versus anatomic type
Mochizuki T, Yano K, Ikari K, Ryo Hiroshima, Okazaki K.
リウマチ班・鎌ヶ谷総合病院の望月猛先生による、リウマチ患者でのサルコペニアに関与する因子の研究が論文発表されました。
Sarcopenia-associated factors in Japanese patients with rheumatoid arthritis: A cross-sectional study.
Mochizuki T, Yano K, Ikari K, Okazaki K.
Geriatr Gerontol Int. 2019 Jul 24.
リウマチ班の矢野先生による、リウマチ足変形の矯正手術後の測定圧分布の変化を調べた論文が、速報として掲載されました。足の外科の次世代リーダー目指して頑張っています。
Impact of joint-preserving surgery on plantar pressure among patients with rheumatoid arthritis.
Mod Rheumatol. 2019 Jun 24:1-3
リウマチ班の矢野先生による、人工足関節置換術の成績をまとめた論文が、足の外科のトップジャーナルに掲載されました。
Radiographic Outcomes of Mobile-Bearing Total Ankle Arthroplasty for Patients With Rheumatoid Arthritis
Foot Ankle Int. 2019 May 31
膝班の伊藤淳哉先生が研修時代に経験した手の外傷について論文をまとめました。貴重な症例は逃さず報告する姿勢が大切です。
Treatment of Capitellum Fracture with Chronic Radial Head Dislocation.
Itou J, Iwakura N, Hatta S, Tanikawa T, Kanaya K, Okazaki K.
J Hand Surg Asian Pac Vol. 2019 Jun;24(2):247-250.
脊椎班の神代 秀彬先生の論文がpublishされました。O-armを用いて難症例のC1/2固定を行った報告です。
Atlantoaxial Fixation in a Patient with Bilateral Persistent First Intersegmental Vertebral Artery Anomaly Using an O-arm Navigation System: A Case Report
Hideaki Kashiro, Keiji Wada, Mitsuru Yui, Ryo Tamaki, Daisuke Numaguchi, Kenji Hagiwara, Ken Okazaki
Spine Surgery and Related Research 2019, 3 (2): 196-198
脊椎班の沼口大輔先生の論文がpublishされました。脊椎手術中の硬膜損傷が術後の脳内出血をおこすリスクについて論じた研究です。
Incidence of Remote Cerebellar Hemorrhage in Patients with a Dural Tear during Spinal Surgery: A Retrospective Observational Analysis
Daisuke Numaguchi, Keiji Wada, Mitsuru Yui, Ryo Tamaki, Ken Okazaki
Spine Surgery and Related Research 2019, 3 (2): 141-145
リウマチ班の望月猛先生の論文がpublishされました。日常診療でのリウマチ患者に他の内科的合併症が5年間でどのくらい発生するかを調べた研究です。
Five-year incidence of common comorbidities, such as hypertension, dyslipidemia, diabetes mellitus, cardiovascular disease, cerebrovascular disease and cancer, in older Japanese patients with rheumatoid arthritis.
Mochizuki T, Ikari K, Yano K, Okazaki K.
Geriatr Gerontol Int. 2019 Apr 5
膝関節班 伊藤淳哉先生の論文が発表されました。
Itou J, Itoh M, Maruki C, Tajimi T, So T, Kuwashima U, Okazaki K. Deep peroneal nerve has a potential risk of injury during open-wedge high tibial osteotomy. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2019 Mar 5
リウマチ班同門の望月猛先生の論文が発表されました。
Mochizuki T, Yano K, Ikari K, Hiroshima R, Ishibashi M, Okazaki K Relationship of callosities of the forefoot with foot deformity, Health Assessment Questionnaire Disability Index, and joint damage score in patients with rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. 2019 Mar 5:1-13
新聞掲載のお知らせ
音楽家のための手の外科外来・酒井先生の活動が、新聞掲載されました。
詳しくはこちら