肩関節グループ|東京女子医科大学整形外科

03-3353-8111(大代表)
東京女子医科大学 東京女子医科大学病院

肩関節グループ

肩関節グループ

第44回日本肩関節学会 第14回肩の運動機能研究会 第1回方の看護研究会

安井謙二(やすいけんじ)

安井謙二(やすいけんじ)
卒業年と卒業大学
2000年 日本医科大学医学部
専門医などの資格
  • 日本整形外科学会認定専門医
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会スポーツ認定医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 東洋大学アイスホッケー部チームドクター
専門領域と主な術式
  • 肩関節専門外来/関節鏡視下手術、人工肩関節手術など
ひとこと
“五十肩だから放っておけば治る”“動かさないと固まる”などと聞くも、”レントゲンで異常なし”“湿布や注射で痛みが取れず”、行き詰まったケースを度々拝見します。
まず大事なことは“現在の病状を正しく診断し、原因を理解すること”です。病態がご自身でも把握できれば、解決の方法に合点がいき治療に肚を据えて臨むことができます。
一般の方でもアスリートでも相談事は“痛みなく、安定して動けるように早くなりたい!”に尽きます。個々の背景とニーズを踏まえ、早期社会復帰・スポーツ復帰へのより良い方法をご一緒に考え提案します。

前田和博(まえだかずひろ)

前田和博(まえだかずひろ)
卒業年と卒業大学
2009年 日本大学医学部
専門医などの資格
  • 日本整形外科学会専門医
  • 臨床研修指導医
専門領域と主な術式
  • 肩関節外科(関節鏡視下腱板修復術,関節鏡視下バンカート修復術など)
ひとこと
よろしくお願い申し上げます。

診療概要

肩関節外科では、肩の痛み、腕が挙がらない、脱臼しやすいなどの症状に対して専門医が診察し治療を行っています。また、病態解明や治療成績向上を目的とした研究活動も積極的に行っています。

腱板断裂

腱板断裂は、肩関節を安定化している重要な筋肉の腱が断裂してしまった状態です。肩を動かす時の痛みや、肩を上手く挙げられなくなるという症状がでます。腱板断裂は好発年齢や症状も五十肩とよく似ているため、五十肩だろうと放置されてしまう場合があるため注意が必要です。
治療は、多くの場合はリハビリテーションや注射・投薬による保存治療で症状の改善が見込めますが、症状が治まらない場合は手術を要します。当院では、小さな皮膚切開を数か所おいて関節鏡による関節鏡視下腱板修復術を行っています。関節鏡視下手術は、正常な組織の損傷が少ないため、術後の痛みも少なく入院期間も短くてすむなどの利点があります。

正常
正常
腱板断裂
腱板断裂

腱板断裂は、肩関節を安定化している重要な筋肉の腱が断裂してしまった状態です。肩を動かす時の痛みや、肩を上手く挙げられなくなるという症状がでます。腱板断裂は好発年齢や症状も五十肩とよく似ているため、五十肩だろうと放置されてしまう場合があるため注意が必要です。
治療は、多くの場合はリハビリテーションや注射・投薬による保存治療で症状の改善が見込めますが、症状が治まらない場合は手術を要します。当院では、小さな皮膚切開を数か所おいて関節鏡による関節鏡視下腱板修復術を行っています。関節鏡視下手術は、正常な組織の損傷が少ないため、術後の痛みも少なく入院期間も短くてすむなどの利点があります。

反復性肩関節脱臼

反復性肩関節脱臼は、ケガなどによる脱臼をきっかけに肩がはずれ易くなり、簡単に脱臼を繰り返すようになった状態です。日常生活に支障をきたす場合や、スポーツ復帰を目指す場合には手術を行います。基本的には侵襲が少ない関節鏡を使用した関節鏡視下バンカート修復術行いますが、症例に応じて烏口突起移行術も行っています。

反復性肩関節脱臼

反復性肩関節脱臼は、ケガなどによる脱臼をきっかけに肩がはずれ易くなり、簡単に脱臼を繰り返すようになった状態です。日常生活に支障をきたす場合や、スポーツ復帰を目指す場合には手術を行います。基本的には侵襲が少ない関節鏡を使用した関節鏡視下バンカート修復術行いますが、症例に応じて烏口突起移行術も行っています。

変形性肩関節症・腱板断裂症性肩関節症

関節の変形が強く保存的治療を行っても症状が改善しない場合や、関節リウマチなどで関節が破壊されている場合には人工関節置換術を行います。さらに、腱板が大きく断裂して骨も変形し、痛みがあり腕が上がらない腱板断裂症性肩関節症に対しては、2014年から日本で認可されたリバース型人工肩関節置換術を当院では厳しい施設基準をクリアし導入しています。

変形性肩関節症・腱板断裂症性肩関節症

関節の変形が強く保存的治療を行っても症状が改善しない場合や、関節リウマチなどで関節が破壊されている場合には人工関節置換術を行います。さらに、腱板が大きく断裂して骨も変形し、痛みがあり腕が上がらない腱板断裂症性肩関節症に対しては、2014年から日本で認可されたリバース型人工肩関節置換術を当院では厳しい施設基準をクリアし導入しています。