header2 menu 04
IORリウマチセミナー
内科
整形外科
業績

リウマチの診断と治療 膠原病の診断と治療 小児リウマチ性疾患の診断と治療 痛風の診断と治療 外科手術について

映像で見る 診断と治療

video shot

内科医局員募集
整形外科医局員募集
DEEPER
IORRAニュース
センターニュース
講演会
診療実績
論文紹介
top-ban-gyoseki
IORセミナー
センター便り 2019年1月

sentatayori01平成最後のお正月です。昭和、平成のような元号が中国に端を発することはよく知られていますが、今では元号を使っている国は日本だけだそうです。確かに西暦と和暦を併用することで、少なからぬ混乱もありますが、理解しやすい時代区分でもあると思います。大正ロマンとか、昭和の雰囲気とか、元号が入るだけで、どんな時代であったかが心に響きます。では、平成がどんな時代であったか、現時点ではいろんな意見があると思いますが、次第に評価が収束されて、50年もすれば平成と言えば***な時代だったなあ、との評価が固定されると思います。平成の次は、どんな元号で象徴される時代になるのか、楽しみです。今年は時代も変わりますが、私に大きな変化が起こる年でもあります。良い1年になるよう、さらに精進したいと思います。

続きを読む...
 
お知らせ

お知らせ一覧

 

所在地

〒162-8666   東京都新宿区河田町8-1    TEL:03-3353-8111(大代表)

■ Inside IOR