医師紹介

山中寿 教授・所長p yamanaka

膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターは、その名の通り「膠原病」「関節リウマチ」「痛風」などのリウマチ性疾患を幅広く診療する専門施設で日本一の規模を誇ります。

当センターは、多くの優秀なスタッフの日夜の努力により支えられています。我々は「より良質な医療」「より先進的な研究」「より魅力的な教育」を目指し、患者さんが満足する医療を展開しようと努めています。

 

 

谷口敦夫 教授谷口敦夫 教授

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医
  

リウマチ病とは関節、靭帯、筋肉など、結合組織に症状が現れるすべての疾患をいいます。主な疾患として関節リウマチ、痛風、膠原病、脊椎関節炎がありますが、これらの他にも多くの疾患や病状が含まれます。いろいろな症状に対応できるように心がけていきたいと思っています。

Page Top ▲

 

針谷正祥 特任教授p haritani

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

リウマチ・膠原病の真の原因はいまだに明らかになっていませんが、効果の高い薬が次々と開発されています。どの薬をどんな順番で何時使用するのかを決めるには、問診・診察により病気の状態を正確に把握することが大切です。あなたにとっての最善の治療を一緒に考えていきましょう。診察室でお待ちしています。

Page Top ▲

川口鎮司 臨床教授川口鎮司 准教授

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

 膠原病、特に全身性強皮症、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎、皮膚筋炎の臨床・研究を専門として日々研鑽をつんでまいりました。現在は、入院診療部門である東京女子医科大学病院リウマチ科の臨床教授を務めており、膠原病患者さんの外来および入院診療にたずさわっております。まだまだ、原因、病因が不明な点が多い疾病ではありますが、すこしでも症状が軽減されますように、診療を工夫致しております。また、早期に診断して早期に治療することが、より良い結果に結びつくと考えております。膠原病かもしれないと心配されているようでしたら、ぜひ、診察にいらして頂きたいと思います。

Page Top ▲

 

小竹 茂 准教授小竹 茂 准教授

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

私は1987年に医師になりました。専門は内科・膠原病・リウマチ性疾患です。その中でも関節リウマチ(発症早期)、ベーチェット病、脊椎関節炎(特に、クラミジア関連関節炎、腸炎性関節炎)、骨粗鬆症に力をいれています。基礎的研究では免疫学、骨代謝学の学会に所属し破骨細胞を中心に1990年から研究しています。上記疾患の方、これまで他の病院で診断のつかない関節炎・関節痛をお持ちの方は是非受診してみてください。

Page Top ▲

 

中島亜矢子 准教授中島亜矢子 准教授

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

当膠原病リウマチ痛風センターでは、一人ひとりの医師が臨床、教育、研究に積極的に取り組んでいます。なかでも診療においてはより良い診療を目指して、医師、コメディカルスタッフが一丸となって協力しています。私は、このような施設で仕事ができることに感謝しつつ、患者さんに「女子医大を受診して良かったと」思っていただけるような診療をしたいと心がけています。

Page Top ▲

 

猪狩勝則 准教授猪狩勝則 准教授

【リウマチ関節外科】

日整会整形外科専門医
リウマチ学会指導医・専門医

当センター整形外科は関節外科手術に特化した科で、特に一般に難易度が高いと言われているリウマチ性疾患の関節手術を得意としています。リウマチ性疾患に対する人工関節置換術の実施件数は首都圏で1位にランクされており、また手指や足趾(指)に対する手術件数もとても多く、国内屈指の関節外科手術施設です。外来では関節リウマチの治療を最も得手にしており、内科医と同様に生物学的製剤を含む抗リウマチ薬を駆使し、寛解導入を目指した治療を行なっています。
個人的にはリウマチ足を得意としておりますので、足趾でお困りの方はお気軽に外来受診をなさって下さい。

Page Top ▲

 

南家由紀 准教授南家由紀 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

本学を卒業以来一貫して当センターに所属しております。専門はリウマチ学で、特に骨代謝学,免疫学ならびに細胞生物学的アプローチからリウマチ性疾患の骨破壊、骨粗鬆症の病態を研究しています。またベーチェット病を東医療センター眼科と連携で診療しております。
リウマチ性疾患の診断、治療、研究は最近めざましい進歩をとげました。『アカデミア』に所属している一員として常に最新の研究成果、治療法をアップデートすることが責務と考え日常の診療にフィードバックしています。

Page Top ▲

 

古谷武文 講師P furuya2

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

1990年に金沢大学医学部を卒業し、当センターに入局、アメリカ留学などを経て現在に至っています。病気で困って外来に来られた患者さんの顔に、少しでも笑顔が戻ることを願っていつも診療させていただいています。また、IORRAで関節リウマチにおける骨折リスクを明らかにして、骨折患者さんを1人でも減らしたいと思っています。日本リウマチ学会の専門医、指導医、日本内科学会の総合内科専門医です。

Page Top ▲

 

田中榮一 講師田中榮一 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

関節リウマチの治療は日々、進歩し続けています。皆さまの状態が少しでも良くなりますように、自分自身のこれまでの経験も生かしながら、日々の診療に携わっていきたいと思っています。

Page Top ▲

 

勝又康弘 講師勝又康弘 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

個々の患者さんに合わせた診療を心がけています。

Page Top ▲

 

miyamae
 宮前多佳子 講師

 【膠原病リウマチ内科】
(小児リウマチ性疾患担当)


 日本小児科学会専門医
 日本リウマチ学会専門医・指導医
 日本感染症学会専門医
 日本アレルギー学会専門医

小児自己免疫性疾患(若年性特発性関節炎、全身性エリテマトーデス、若年性皮膚筋炎・自己抗体関連筋炎、混合性結合組織病、シェーグレン症候群、全身性強皮症、大動脈症候群・結節性多発動脈炎などの血管炎症候群)、自己炎症症候群(家族性地中海熱、高IgD症候群、TNF受容体関連周期性症候群、クリオピリン関連周期性発熱症候群、ブラウ症候群/若年性サルコイドーシスなど)、若年性線維筋痛症について診断・治療に取り組んでいきます。
小児は成人と病名は同じであっても病態が異なることも多く、治療選択や経過観察も成長発達過程ならでは配慮が必要です。お気軽にご相談ください。

Page Top ▲

 

p seto 瀬戸洋平 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会専門医
内科学会認定医

 多くの患者さんに来院いただいている実績を生かして,ひとりひとりの患者さんのからだと生活に即した診療を,患者さんと相談しながら目指したいと思います。

Page Top ▲

 

高木香恵 講師高木香恵 准講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

関節リウマチはcareする疾患からcureする疾患に変化してきました。痛くてつらいというイメージがある病気ですが、近年治療法も進化し、大勢の患者様が普通に暮らすことができる疾患となっています。私たちは、専門家として、少しでもお楽になれるよう治療のお手伝いをしたいと思います。

また膠原病という名前から、これらの疾患は、難病であり、深刻な病気であるとお考えの方も大勢いらっしゃるかと思います。適切な診断・治療によりお付き合いできる病気ですので、どうか悩まず来院していただけるとうれしいです。

Page Top ▲

 

市川奈緒美 講師市川奈緒美 准講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

患者様と共にあゆむ、誠実な診療を心がけております。

Page Top ▲

 

 

堤野みち 講師堤野みち 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会専門医
内科学会認定医

『病気』ではなく、病気という特徴を持つ『人』として、患者さまに真摯に向き合うことができるよう、心がけていきたいと思っています。

Page Top ▲

 

矢野紘一郎 講師矢野紘一郎

【リウマチ関節外科】

リウマチ学会専門医
整形外科学会専門医

私は当センターでリウマチ整形外科医として働いております。外来では手術患者様だ けでなく、関節リウマチ患者様の薬物療法も行っています。手術に関しては、下肢 (股関節・膝・足など)を中心に、上肢(手・肘など)の手術も行っています。お困 りのことがございましたら、遠慮無くご相談ください。

Page Top ▲

 

市田久恵 准講師市田久恵 准講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

皆様が日常生活を楽しくお過ごしになれますよう、健康面から少しでもサポートさせていただけたらと思います。

Page Top ▲

 

小橋川 剛 助教

【膠原病リウマチ内科】

患者の皆さん、如何お過しでしょうか。当センター対象疾患は、多臓器に渡ることが多いため、他科とも連携を取りながら治療戦略を構築しています。また、ベーチェット病を中心に血清反応陰性関節炎の研究をしています。その関連で同疾患の患者を多く診察しています。鑑別疾患が多岐に渡るため疾患を問わず、拝見させて頂いています。外来でお待ちしております。

Page Top ▲

 

栃本明子 助教

【膠原病リウマチ内科】

続きを読む現在、都立大塚病院リウマチ膠原病科に出向中です。大学病院との連携を行い、女子医大に通院中の患者様の入院の受け入れもしています。外来、入院とも大学と遜色のない、質の高い医療を提供できるよう日々邁進しております。

Page Top ▲

 

大澤彦太 助教

【膠原病リウマチ内科】

患者さんにとって、すこしでもより良い生活が送れるよう全力で治療することをモットーに日々診療しております。

Page Top ▲

 

設楽久美 助教

【膠原病リウマチ内科】

 関節リウマチや膠原病の治療には根気が必要ですが、患者さんの笑顔を絶やさぬような的確な治療を心がけてまいります。

Page Top ▲

 

星 大介 助教

【膠原病リウマチ内科】

関節リウマチや膠原病は慢性疾患であり、継続した治療が必要になります。病気とうまくつきあいながら、日々の生活を送れるように少しでもお手伝いできればと思います。宜しくお願い致します。

Page Top ▲

 

杉本直樹 助教

【膠原病リウマチ内科】

 大阪府出身、趣味は野球観戦、ゴルフ、旅行、音楽鑑賞です。リウマチ、膠原病で困っておられる方々に少しでもお力になりたいと思っています。「この病気にかかって私の人生は変わりました」という患者さまが、元気を取り戻され、笑顔で毎日を送っていただけるよう、日々の診療に努めてまいります。

Page Top ▲

 

宮脇素子 助教

【リウマチ関節外科】

  

Page Top ▲

 

花岡成典 助教

【膠原病リウマチ内科】

2008年に当センターに入局後,現在は外来とリウマチ内科入院病棟を主に担当しております。リウマチ性疾患では局所的な病状のみならず,全身の合併症の管理を含めた長期的なケアが重要です。病状や治療について不安や御心配な点がございましたら,ぜひ遠慮なく御相談下さい。

Page Top ▲

 

中山政憲 助教

【リウマチ関節外科】

関節リウマチに対する薬物治療は年々進歩し、一昔前と比べてくすりのみで病状の改善や生活の質の向上が大いに期待できるようになりました。しかしそれでもなお、手や足を含めた関節の変形により、日常生活上不自由を強いられる方がいらっしゃいます。
私は整形外科の中でもとくに手・肘を専門としており、それらを含めた上肢のリウマチ性変化に対する外科的治療を中心に日々診療をしております。手・肘の変形や使いにくさ等でお困りの方は一度外来にお越しください。診察をした上で、考えられる選択肢や手術のメリットデメリットについてご説明いたします。

Page Top ▲

 

佐久間 悠 助教

【リウマチ関節外科】

当センターは内科・整形外科が共同で患者さんの加療にあたる,日本最大級の症例数を持つリウマチ・膠原病治療施設です。近年のリウマチ治療は劇的な進歩を続けていますが,それでも手術が必要になる場合や,あるいは患者さんの生活の質の向上に手術が寄与するケースは少なくありません。そのような場合でも各科の垣根が低い当センターではすぐに整形外科医の診療を受けることができます。逆に,整形外科医の診療中に関節外の重篤な症状が疑われるような場合などは,いち早く内科医の治療を受けることが可能です。このように,リウマチ治療に最良な環境が実現されている日本でも数少ない施設の一つだと思いますし,安心して治療を任せて頂ける施設です。

Page Top ▲

 

岡本祐子 助教

【膠原病リウマチ内科】

当センターに通われる患者さまは、長期にわたる治療が必要な方が大勢いらっしゃいます。患者さまの病状、生活に合った適切な治療を行い、満足して頂けるような診療を心がけております。お困りの事や、ご要望がありましたらお聞かせ下さい。よろしくお願いします。

Page Top ▲

 

 

川澄日出長 助教

【膠原病リウマチ内科】

「当科では、外来・入院ともに、最新の治療法による膠原病の臨床を行っております。また、膠原病の原因・治療に関する研究活動も行っており、これまでにも最先端の学会報告が多数あります。膠原病でお悩みの患者さまは、ぜひ当科の専門外来をお気軽に受診ください。」

Page Top ▲

 

清水陽子 助教

【膠原病リウマチ内科】

丁寧な診療を心がけますので、よろしくお願いいたします。

Page Top ▲

 

今村 仁 助教

【リウマチ関節外科】

患者さんが話しやすい、相談しやすい雰囲気を大切にしています。まずはご相談ください。

Page Top ▲

 

栃原まり 助教

【膠原病リウマチ内科】

  

Page Top ▲

 

山口 麗 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

内科の山口麗と申します。主に病棟を担当しておりますので、入院された患者さまとお会いする機会が多いと思います。患者さまが抱えていらっしゃる症状はもちろん、感じられたことや悩んでいることなど、色々と教えて頂けましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

Page Top ▲

 

落合萌子 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ・膠原病疾患は全身疾患であり、慢性疾患で、私達医者と患者さんの関係は長期にわたると思います。非常に難しい疾患でもありますが、少しでも治療のお役に立てるよう頑張ります。

Page Top ▲

 

高橋由貴 後期研修医

【膠原病リウマチ内科】

2012年4月よりこの膠原病リウマチ痛風センターに入局いたしました。やっとここまで来られたという思いとこれからの医療に緊張と胸弾む思いでいっぱいです。一人一人の患者様と共に疾患に向き合った診療を行いたいと思っております。

Page Top ▲

 

 

桃原茂樹 非常勤講師

【リウマチ関節外科】

当センター整形外科(リウマチ関節外科)は関節疾患を対象としており、関節リウマチを中心に、変形性関節症や膠原病などの疾患に対して、関節機能回復を目指しています。特に関節リウマチに対しては、生物学的製剤が登場して以来、かなり関節炎が沈静化することが可能となってきました。そのため、ダメージを受けた関節であっても、より細やかな機能回復が求められるようになり、今まさにレベルの高い外科的治療が必要とされています。ここでは、膝関節や股関節、肘関節、手指、肩関節、足関節などの人工関節、また手の外科、足の外科を中心に全身の関節に対する治療を行っています。当センター整形外科は、リウマチ内科と常に強い連携が築かれているのも特徴です。詳細は手術のページをぜひご覧ください。

Page Top ▲

 

米本光一 非常勤講師

【リウマチ関節外科】

 1983年に新宿NSビルの一角でリウマチ痛風患者のためにスタートした当センターは開設30周年を迎えようとしています。現在は名称を、扱う疾患の幅を広げたものに変更し、痛風、リウマチ、膠原病など、運動器の疾患に対して、内科、整形外科の立場に関わらず診断と治療ができる世界でも希な施設となっています。決して敷居は高くみてありません。病気になったかどうか心配だ、今の治療に悩んでいる、などの方は是非訪ねてください。

Page Top ▲

 

藤波睦代 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

  

Page Top ▲

 

上田寛之 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

 皆様の健康について、ご一緒に考えさせて頂きたいと思っています。

Page Top ▲

 

黒堀ゆう子 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

 

Page Top ▲

 

持田 睦 非常勤講師

【リウマチ関節外科】

Page Top ▲

 

宗定 伸 非常勤講師

【リウマチ関節外科】

 現在横浜で自分のクリニック中心にリウマチ診療を行っています。したがいまして、月に一度しか外来を持っていませんが、整形外科的な問題、特に手に関連した問題があれば気楽にご相談ください。

Page Top ▲

 

星 真哉 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

 1999年度秋より膠原病リウマチ痛風の内科診療を中心に火曜日午前の外来を担当させていただいております。膠原病及びリウマチ性疾患は自己免疫現象という異常を特徴としていることから、全身性の多臓器に亘る諸症状やリウマチ症状を示します。個々のライフスタイルをお聞きしながら、リウマチや膠原病からの「完全寛解」を目指す健康上の幸せをサポートできるように心がけております。

Page Top ▲

 

五十嵐 徹  非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】(小児リウマチ性疾患担当)

 「小児と小児期発症の方、進学で上京される方の関節リウマチ、膠原病疾患を専門とした小児リウマチ外来を土曜日に行います。若年性特発性関節炎(若年性関節リウマチ)の方には院内でリハビリテーション、全身性エリテマトーデスで腎炎を合併した方には腎生検を行います。シェーグレン症候群の方には、眼科とともに診療にあたります。自己炎症性疾患(地中海熱、TRAPS)の遺伝子診断は院内で行います。紹介状は必ずしも必要ではありません。」

Page Top ▲

 

松山 穀  非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】(小児リウマチ性疾患担当)

Page Top ▲

 

小関由美  非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

Page Top ▲

 

八子 徹  非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

Page Top ▲

 

益田郁子 非常勤講師

【リウマチ関節外科】

内科と整形外科両面より診療できる真のリウマチ医をめざし、膠原病・リウマチ・痛風の内科診療にあたっています。リウマチ性疾患に悩んでおられる患者様に専門的医療を提供するとともに、よくお話を聴き、丁寧でわかりやすい説明により最善の治療を選択していただけるように努めてまいります。

Page Top ▲

 


五野貴久 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

一人一人の患者さんが当センターへ来院されるたびに、少しでも病状が良くなるように日頃から心がけて、診療を行っております。膠原病・関節リウマチでは、近年、新しい薬の開発が次々と進み、治療が進歩してきております。痛風も昨年に新薬が登場しました。患者さんに少しでも役立つように意識して、病気の原因・診断・治療において研究を行い、その成果が患者さんに還元できることを目指して医療に携わっております。

Page Top ▲

 

小林晶子 嘱託医師

【膠原病リウマチ内科】

自分の病気は他の人と比べて、一般的なんだろうか、重症なんだろうか、など、周囲に同じ病気の人がいなかったら不安になるかと思います。当センターは日本全国から患者さんが集まっております。一般に珍しいといわれている膠原病であっても、対応できる場合が多いです。まずは、お気軽に相談ください。当センターの長所である、多くのスタッフで皆様をサポートしていきたいと思います。

Page Top ▲

 

片岡さゆり 嘱託医師

【膠原病リウマチ内科】

私たちはリウマチ、膠原病患者さんのより良い治療を目指し、医療に貢献できるよう日々努力を続けております。また皆様が少しでも気持ちよく医療を受けられるよう、さらに良い環境を作っていきたいと思っています。

Page Top ▲

 

馬場さゆみ 嘱託医師

【膠原病リウマチ内科】

 

Page Top ▲