医師紹介

 

針谷 正祥 教授・講座主任p haritani

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

当科では非常に多くのリウマチや膠原病の患者様を他のご施設からご紹介頂いております。これは、当科がこの領域の「最後の砦」として、一般の先生方および膠原病・リウマチをご専門とされている先生方から高いご評価を頂いている証と考えております。この信頼にお応えし、患者様お一人お一人に正確な診断と最適な治療をご提供できるように、当科の医師は常に研鑽を積んでおりますので、安心して外来を受診されてください。出来るだけお待たせしないように心がけておりますが、具合の悪い患者様、急を要する患者様、病状が複雑な患者様など、予想外に時間を要してしまうことは避けられません。ご理解頂きますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
リウマチや膠原病の真の原因はいまだに明らかになっていませんが、幸いなことに効果の高い薬が次々と開発されています。問診・診察により病気の状態・身体の状態を正しく評価し、検査でそれを検証し、有効性と安全性のバランスが取れた治療を選択することが重要です。
私の外来ではリウマチ・膠原病を幅広く診療しておりますが、特に関節リウマチの分子標的治療、血管炎症候群、全身性エリテマトーデスの治療に力を注いでおります。
あなたにとっての最善の治療を一緒に考えていきましょう。診察室でお待ちしています。

Page Top ▲

 

谷口 敦夫 教授谷口敦夫 教授

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医
  

リウマチ病とは関節、靭帯、筋肉など、結合組織に症状が現れるすべての疾患をいいます。主な疾患として関節リウマチ、膠原病、痛風、脊椎関節炎がありますが、これらの他にもいろいろな病気で関節が痛むことがあります。いろいろな症状に対応できるように心がけていきたいと思っています。

Page Top ▲

川口 鎮司 臨床教授川口鎮司 准教授

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

 膠原病、特に全身性強皮症、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎、皮膚筋炎の臨床・研究を専門として日々研鑽をつんでまいりました。現在は、入院診療部門である東京女子医科大学病院リウマチ科の臨床教授を務めており、膠原病患者さんの外来および入院診療にたずさわっております。まだまだ、原因、病因が不明な点が多い疾病ではありますが、すこしでも症状が軽減されますように、診療を工夫致しております。また、早期に診断して早期に治療することが、より良い結果に結びつくと考えております。膠原病かもしれないと心配されているようでしたら、ぜひ、診察にいらして頂きたいと思います。

Page Top ▲

 

猪狩 勝則 准教授猪狩勝則 准教授

【整形外科】

日整会整形外科専門医
リウマチ学会指導医・専門医

当センター整形外科はリウマチ膠原病内科と協同して最先端の寛解導入・維持を目指した外来診療を担いながら、一般に難易度が高いと言われているリウマチ性疾患の関節手術を得意としています。関節リウマチに対する手術に関しては全国で最多の手術件数を誇っています。近年増加しつつある手指や足趾(指)に対する手術件数もとても多く、国内屈指の関節外科手術施設です。
個人的にはリウマチ足を得意としておりますので、足趾でお困りの方はお気軽に外来受診をなさって下さい。

Page Top ▲

 

南家 由紀 准教授南家由紀 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医
骨粗鬆症学会認定医
         臨床免疫学会免疫療法認定医

本学を卒業以来一貫してリウマチ学を専門としております。
骨代謝学、骨免疫学、細胞生物学的アプローチからリウマチ性疾患の骨破壊、骨粗鬆症の病態を研究してきました。
リウマチ性疾患の診断・治療・研究は日々めざましく進歩しています。
最新の研究結果、治療法をアップデートし日常の診療にフィードバックします。
また私は本学では最初期に骨粗鬆症学会認定医を取得しております。

Page Top ▲

 

田中 榮一 准教授田中榮一 講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

関節リウマチの治療は日々、進歩し続けています。皆さまの状態が少しでも良くなりますように、自分自身のこれまでの経験も生かしながら、日々の診療に携わっていきたいと思っています。

Page Top ▲

 

勝又 康弘 講師Yasuhiro20140525

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

個々の患者さんに合わせた診療を心がけています。

Page Top ▲

 

miyamae20190125
 宮前 多佳子 講師

 【膠原病リウマチ内科】
(小児リウマチ性疾患担当)


 日本小児科学会専門医
 日本リウマチ学会専門医・指導医
 日本小児リウマチ学会理事
 日本感染症学会専門医
                           日本アレルギー学会専門医

小児自己免疫性疾患(若年性特発性関節炎、全身性エリテマトーデス、若年性皮膚筋炎・自己抗体関連筋炎、混合性結合組織病、シェーグレン症候群、全身性強皮症、大動脈症候群・結節性多発動脈炎などの血管炎症候群)、自己炎症症候群(家族性地中海熱、高IgD症候群、TNF受容体関連周期性症候群、クリオピリン関連周期性発熱症候群、ブラウ症候群/若年性サルコイドーシスなど)、若年性線維筋痛症について診断・治療に取り組んでいきます。
小児は成人と病名は同じであっても病態が異なることも多く、治療選択や経過観察も成長発達過程ならでは配慮が必要です。お気軽にご相談ください。

Page Top ▲

 

市川 奈緒美 講師市川奈緒美 准講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医

患者様と共にあゆむ、誠実な診療を心がけております。

Page Top ▲

 

矢野 紘一郎 講師矢野紘一郎

【整形外科】

リウマチ学会 指導医・専門医
整形外科学会 指導医・専門医

関節リウマチは全身の関節に炎症・変形を生じる疾患です。特に足(足首と足指)は障害される確率の高い関節ですが、それにもかかわらず足の治療(保存療法も手術も)は進歩が遅れていました。しかし、近年新しい手術方法や治療戦略が生まれ、足の治療は格段に進歩しました。私はその「足(足首と足指)」を専門としていますので、足でお困りの方は遠慮なくご相談にいらしてください。

Page Top ▲

 

栃本 明子 

【膠原病リウマチ内科】

続きを読む

リウマチ性疾患は、長期にわたる通院治療が必要になることが多い疾患です。なるべく早期に治療を開始し、少しでも苦痛がなくなり笑顔を取り戻せるよう、お一人お一人の病状に合わせた診療を行います。

Page Top ▲

 

 

杉本 直樹 

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ、膠原病で困っておられる患者さまに、少しでもお力になれるようにお手伝いをさせていただきます。患者さまお一人お一人の生活に即した治療を心掛け、人生100年の時代に笑顔で毎日を送っていただけますように、日々の診療に努めてまいります。

Page Top ▲

 

王 興栄 

【整形外科】

「関節リウマチ治療におけるトータルマネージメント」とは、基礎療法とそれを支える4本柱の薬物療法、リハビリ、手術療法、ケアの総合的な方法で治療する事です(日本リウマチ財団HPより)。当院は内科医、整形外科医、小児科医が手を携え、多彩な病状をお持ちのリウマチ膠原病患者様に最善なトータルマネージメントをご提供できる国内屈指の専門医療機関です。私はその中で関節リウマチの手外科手術を担当しております。お困りの事がございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

Page Top ▲

 

岸 崇之 

【膠原病リウマチ内科】
(小児リウマチ性疾患担当)

小児リウマチ性疾患を担当しております。患者様とご家族の訴え、お困りの問題に適切に対処できるように、丁寧な診療とわかりやすい説明を心がけております。疾患だけでなく、お子様の成長、発達をサポートできるように努めて参ります。

Page Top ▲

 

花岡 成典 

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ性疾患では全身にわたる症状や合併症の管理を継続して行っていく必要があります。そのため、他の診療科とも連携を行いつつ診療に当たらせて頂きます。

Page Top ▲

 

岡本 祐子 

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ性疾患は、治療方法の選択がその後の病状と生活に大きく関わってきます。正確な診断と、適切な診療を心がけています。

Page Top ▲

 

佐久間 悠 

【整形外科】

当センターは内科・整形外科が共同で患者さんの加療にあたる,日本最大級の症例数を持つリウマチ・膠原病治療施設です。近年のリウマチ治療は劇的な進歩を続けていますが,それでも手術が必要になる場合や,あるいは患者さんの生活の質の向上に手術が寄与するケースは少なくありません。そのような場合でも各科の垣根が低い当センターではすぐに整形外科医の診療を受けることができます。逆に,整形外科医の診療中に関節外の重篤な症状が疑われるような場合などは,いち早く内科医の治療を受けることが可能です。このように,リウマチ治療に最良な環境が実現されている日本でも数少ない施設の一つだと思いますし,安心して治療を任せて頂ける施設です。

Page Top ▲

 

樋口 智昭 

【膠原病リウマチ内科】

治療目標を共有し、同じゴールを目指した診療ができるよう心がけています。

Page Top ▲

 

川澄 日出長 

【膠原病リウマチ内科】

東京都立大塚病院リウマチ膠原病科に出向しております。すべての患者さんに楽しく暮らしていただくために、個々に合わせて工夫した診療を心がけております。当センターをよろしくお願い申し上げます。

Page Top ▲

 

清水 陽子 

【膠原病リウマチ内科】

患者様に適切な治療法を説明し、その方に合った治療を一緒に考え、より良い医療を提供できるよう努めてまいります。

Page Top ▲

 

仁科 浩和 

【膠原病リウマチ内科】 

外来と病棟を担当しております。
膠原病・リウマチ・痛風は慢性疾患であり、長く付きあうことになる病気です。
そのため治療によって、その後の生活の質が変わってきます。生活の質を少しでも向上できるように、お手伝いができたらと考えております。それには患者様の協力も重要になります。よく話しあい、方針を決めていければと考えております。よろしくお願いいたします。

Page Top ▲

 

谷 諭美 

【膠原病リウマチ内科】
(小児リウマチ性疾患担当)

小児を担当させて頂きます。お子さんが身体的不調を訴えると、ご本人もサポートするご家族も不安な思いをされることと思います。
受診をされた後少しでも前向きに、笑顔が増えることを目標に頑張りたいと思います。お力になれるよう努めてまいります。

Page Top ▲

 

山口 麗 

【膠原病リウマチ内科】

患者さんの病状、生活に合わせた丁寧な診察を心掛けています。なんでも遠慮なくご相談下さい。

Page Top ▲

 

落合 萌子 

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ・膠原病疾患は診断が難しく、また長期的な治療が必要となる疾患であり、患者さんの不安が大きい疾患だと思います。診療では個々の患者さんに寄り添った治療を心がけていきたいと思いますので、気軽にご相談いただければと思います。

Page Top ▲

 

栃原 まり 

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ性疾患は慢性疾患であり、患者さんの生活の一部に外来診療が位置づけられることが多いかと思います。それゆえに、お一人お一人の患者さんの声を聴き、病状に応じた診療を心掛けていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願いいたします。

Page Top ▲

 

平原 慎也 

【膠原病リウマチ内科】

適切な治療方法を提示し、患者様が望む最良の治療を、共に相談しながら決めていきます。なんでも相談しやすい雰囲気を心がけて診療を行って行きますので、リウマチ、膠原病以外のことでも、お気軽にご相談ください。よろしくお願い致します。

Page Top ▲

 

馬嶋 雅子 

【膠原病リウマチ内科】

2018年に当リウマチ痛風センターに入局、外来診療と臨床研究をさせていただいております。患者様一人ひとりにあった治療を心がけております。よろしくお願い致します。

Page Top ▲

 

肥沼 直子 

【整形外科】

関節リウマチに対する外科的治療は痛みを取り、関節機能を回復させるだけではなく外観の改善も得ることができます。リウマチ内科的治療は劇的に進歩していますが、寛解を維持していても手足の変形がゆっくり進行していることがあります。上肢(手、手関節、肘関節)は変形すると日常生活で大きな支障をきたすケースが多く、特に手は女性ならではの美容的問題もあります。私は手を専門としておりますで、手指、手関節、肘等でお困りの方はなんでもご相談ください。いつでもお待ちしております。

Page Top ▲

 

根田 直子 

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ膠原病患者様たちの気持ちに寄り添いながら、より良い医療を提供できるよう、努力して参ります。

Page Top ▲

 

 

阪 久美子 

【膠原病リウマチ内科】

関節リウマチや膠原病は慢性疾患であり、長年病気でご苦労されている方も多いかと思います。近年では、治療が進歩し、病気を持ちながらも通常の生活を送ることは難しくなくなってきております。それぞれの患者さまのライフプランに合わせて病気とうまく付き合っていくことが出来るよう、サポートできればと考えています。
よろしくお願い致します。

Page Top ▲

 

菅野 瑛梨 

【膠原病リウマチ内科】

ホームページをご覧くださりありがとうございます。
リウマチ性疾患の患者さまの多くが経験される関節の痛みやだるさなどの症状は、普段の生活に支障を来したり、仕事に影響することも多く、患者さま自身が様々な不安を感じながら生活されていることかと思います。
少しでも痛みや不安を感じることなく病気と付き合っていかれるよう、サポートさせて頂けたらと思います。

Page Top ▲

 

杉谷 直大 

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ性疾患は多臓器に障害が及ぶ慢性疾患です。苦痛なく病気と付き合っていけるよう、その方々の地域や社会など生活環境にも目を向け、患者さん一人一人のライフスタイルに合った丁寧な診療を行うように心掛けます。

Page Top ▲

 

髙田 秀人 

【膠原病リウマチ内科】

それぞれの患者さんの病状や生活に合わせた診療を心がけています。患者さんと相談の上、ともに納得のいく治療方針を選択したいと考えています。

Page Top ▲

 

森山 倫奈 

【膠原病リウマチ内科】

 膠原病・リウマチの治療は日々進歩しており、新たな免疫抑制剤の選択で治療の道が開けることもあり、とても希望のある科だと感じています。少しでも多くの患者様の笑顔に出会えるように、患者様の心に寄り添った医療を心がけております。日常生活で困ったささいなことでも、お気軽にご相談ください。

Page Top ▲

 

阿部 麻衣 

【膠原病リウマチ内科】

関節リウマチや膠原病の患者様が日々を心地よく生活できるように心がけ、日々診療を行っていきたいと思っております。

Page Top ▲

 

本田 卓 

【膠原病リウマチ内科】

 人間のひびきをもった医者でありたいと思います。

Page Top ▲

 

山下 沙由里 

【膠原病リウマチ内科】

受診される皆様が、少しでも快適な日々を送れるよう、最適な治療法を一緒に考えていきたいと思っております。

Page Top ▲

 

飛松 晴貴 

【整形外科】

 外来では患者様の薬物療法や手術に関するご相談を受けております。病状や生活に合わせた丁寧な診察を心掛けているので、お困りのことがございましたらご相談ください。

Page Top ▲

 

廣瀬 光 

【膠原病リウマチ内科】

患者様が安心できるような雰囲気作りを心がけています.お困りのことがあったらお気軽にご相談ください.

Page Top ▲

 

吉田 秋津 

【膠原病リウマチ内科】

丁寧な診療と分かりやすい説明を心がけていきたいと思っております。何かお困りのことがあれば、気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

Page Top ▲

 

中村 昌平 

【膠原病リウマチ内科】

患者様一人一人に合った医療を心掛けてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

Page Top ▲

 

 

米本 光一 非常勤講師

【整形外科】

 日整会整形外科専門医
リウマチ学会指導医・専門医

 1982年より新宿NSビルの一角でリウマチ痛風患者のためにスタートした当センターは2018年5月より、本院に移動しました。本院電子カルテシステムへの参加により、外来診察室で、個々の患者様の全身状態の把握が、以前より容易となりました。膠原病、リウマチ性疾患、痛風その他の炎症性疾患でお悩みの患者様の、かかりつけ医の一人になれるものと自負しています。現在、通院歴20年をこえる患者様も数多くおられ、所属する医師の臨床経験の蓄積は膨大なものとなっております。お悩みの方はぜひ訪ねてみてください。

Page Top ▲

 

黒堀 ゆう子 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会専門医 
内科学会認定医

1988年よりセンターとともに歩んでいます。
非常勤となり、週1回の外来ですが、患者様に寄り添える立ち位置を
こころがけています。

 

Page Top ▲

 

古谷 武文 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

日本内科学会 内科認定医、総合内科専門医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医、リウマチ指導医
日本リウマチ財団 登録医
日本骨粗鬆症学会 認定医

普段は開業医をしながら、週一回木曜午前に診療させていただいています。IORRA患者調査を用いた骨粗鬆症の臨床研究をライフワークにしております。関節リウマチや膠原病の患者さんで、骨粗鬆症に困っている方がいたら是非ご相談ください。

Page Top ▲

 

深澤 千賀子 非常勤講師

 

Page Top ▲

 

市田 久恵 非常勤講師

【膠原病リウマチ内科】

リウマチ学会指導医・専門医
内科学会認定医・総合内科専門医

皆様が日常生活を楽しくお過ごしになれますよう、健康面から少しでもサポートさせていただけたらと思います。

Page Top ▲

 

田野原 紀代子

【膠原病リウマチ内科】

ご自身の思いを、診察室で教えて頂けますか。どうか遠慮なさらないで下さいね。

Page Top ▲

 

設楽 久美 

【膠原病リウマチ内科】

 治療の進歩がめざましく、新しい薬が次々と開発されています。その中から、皆さまに最良の治療を提案出来る様に心がけて参ります。

Page Top ▲

 

星 大介 

【膠原病リウマチ内科】

関節リウマチや膠原病は慢性疾患であり、継続した治療が必要になります。病気とうまくつきあいながら、日々の生活を送れるように少しでもお手伝いできればと思います。宜しくお願い致します。

Page Top ▲

 

馬場 さゆみ 

【膠原病リウマチ内科】

お一人お一人の生活や症状を伺い、ご一緒に治療方針をたてていきたいと思います。分かりにくいことがありましたら気軽にお声をかけて下さい。 

Page Top ▲

 

 

赤津 みどり 

【膠原病リウマチ内科】

膠原病は慢性的な疾患のために絶えず様々な不安が出てくる思いますが、受診後には少しでも安心してお帰り頂けるようにしたいと存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

Page Top ▲

 

小林 晶子 

【膠原病リウマチ内科】

お一人お一人、相談しながら、より良い医療を提供していきます。

Page Top ▲

 

片岡 さゆり 

【膠原病リウマチ内科】

私たちはリウマチ、膠原病患者さんのより良い治療を目指し、医療に貢献できるよう日々努力を続けております。また皆様が少しでも気持ちよく医療を受けられるよう、さらに良い環境を作っていきたいと思っています。

Page Top ▲

 

河野 美佳 

【膠原病リウマチ内科】

木曜外来を担当させていただいております。
患者様に寄り添って、丁寧で安心できる診療を心がけてまいります。