リウマチ性疾患薬剤疫学研究部門(DEEPER)の概要

東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター
Department of Epidemiology and Pharmacoepidemiology of Rheumatic Diseases
DEEPERへようこそ

私たちの研究室は、リウマチ性疾患における薬剤疫学研究を行っています。リウマチ性疾患には幅広い疾患が含まれますが、その中でも特に、関節リウマチをはじめとする膠原病に対する治療薬の安全性と有効性を明らかにし、患者さんに適切な薬物治療を受けて頂くために必要なエビデンスの構築を目指しています。このホームページでは私たちの研究活動について解説します。

 リウマチ性疾患薬剤疫学研究部門の設立の経緯と目的

「リウマチ性疾患薬剤疫学研究部門」は、東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターを基幹部署とする寄付臨床研究部門です。近年、生物学的製剤および経口分子標的薬が関節リウマチをはじめとするリウマチ性疾患に次々と承認される中で、リウマチ学領域における薬剤疫学研究の重要性が非常に高まっています。そこで、膠原病リウマチ痛風センターは、リウマチ学領域における我が国の薬剤疫学を牽引し、国内およびアジア・太平洋地域の国際共同薬剤疫学研究を推進することを目的として、当部門を設置しました。
今後、当部門において、主要なリウマチ性疾患を対象とする全国規模の患者データベースの構築、多施設共同コホート研究、医師主導治験・臨床試験、国際共同臨床研究などを実施する研究体制が順次整備されることが期待されています。また、我が国のリウマチ性疾患の臨床研究水準および信頼性の確保・向上、有効かつ安全な治療法・治療戦略の開発に寄与貢献するため、当部門が中心となり、全国のリウマチ学若手研究者を対象に倫理的・科学的に質の高い臨床研究を実施するための啓発・教育活動も継続的に行っていく予定です。

当部門にご興味のある方はこちら

deeper.be@twmu.ac.jp