診断と治療 リウマチ リウマチとは
リウマチとは

関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis:RA)は自己免疫疾患の一つで、全国で患者数が70万〜80万人と推定され、いわゆるリウマチ性疾患の中でもっとも患者数が多い疾患です。男女比は1対4と女性に多く、働き盛りの30〜50歳代が発症のピークと考えられています。免疫の異常により関節を裏打ちしている滑膜という組織に持続的な炎症が生じる疾患で、典型的には手の指や足の指などの小さい関節に対称性に関節炎が生じますが、膝などの大きな関節が侵されることも少なくありません。薬物療法でしっかり炎症を抑えないと軟骨の破壊と骨にはびらんが生じ、最終的には充分に機能しない関節になり、外観上も尺側偏位、スワンネック変形、ボタン穴変形、高度外反母趾などの特徴的な形を呈します。また痛みのある関節を動かさなくなることで関節の動く範囲が狭くなったり、ひどい時には強直といって関節がひとかたまりの骨となって動かなくなることもあります。朝のこわばりも特徴的で、起床後手を握れず、衣服の着脱などの朝の身支度が困難になるなど生活に支障を来します。また全身倦怠感や易疲労感を持つことも特徴の一つです。関節症状以外にもリウマチ結節という皮下結節ができたり、血管の炎症に由来する多彩な症状が出たりすることもあります。

関節リウマチの自然経過にはいくつかのパターンがあると考えられており、病期が発症して短期間で多くの関節の破壊が進む患者さんもいれば、初期だけ症状があり1−2年で自然と寛解にいたる患者さんもいますが、多くは症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら徐々に関節破壊が進行していきます。しかし最近の治療薬や治療法の進歩により、早期に診断して治療を開始できれば、多くの患者さんで病期の進行を最小限に食い止められるようになってきています。

原因は完全にはわかっていませんが、遺伝性があることは確実で、HLA(Human Leukocyte Antigen, ヒト白血球抗原)領域をはじめこれまでに100以上の疾患の発症に関わる遺伝子が明らかになっています。また喫煙もリウマチの発症や進行に関与していることは確実で、遺伝的な体質に喫煙などの環境要因が重なって免疫機能に異常が生じて病期は発症すると考えられています。

 

病気の分類

リウマチという病気の分類はその分類方法により異なります。

症状からの着目:リウマチ性疾患

関節が移動性に痛む病気、というのが元々の意味です。広義には、関節リウマチをはじめ、各種の膠原病や近縁疾患、痛風などの関節が痛む病気全てを含みます。現在では、おおむね自己免疫の機序でおこる関節炎を指すことが多くなっています。

紛らわしいのですが、循環器内科(心臓関係)ですと、心臓弁膜症の一部を「リウマチ性心疾患」と呼びます。これは、私たちが使う意味とは少し異なっています。

 

原因からの分類:自己免疫疾患

細菌やウイルスなどの外来物(「非自己」といいます)が攻めて来たときに、病気にならないようにこれらの「非自己」を攻撃し、体を防御するシステムを「免疫」と呼びます。免疫機構が自分自身(「自己」)に働いてしまい、いろいろな症状が出ることがあります。このような機序で起こる病気を「自己免疫疾患」と呼びます。関節リウマチをはじめ、各種の膠原病や、甲状腺機能低下症、一部の糖尿病など様々な病気が含まれます。

 

病理学的な分類:膠原病

古典的には、顕微鏡で調べた時「皮膚の膠原繊維(コラーゲン)が増生する病気」という特徴から命名されました。6つの病気が含まれますが。現在は、古典的な6つの病気にかかわらず、自己免疫の機序で起こる、全身疾患を膠原病または膠原病類縁疾患と呼びます。

文責 猪狩勝則
2015年6月9日改筆