採用情報

2020年12月18日  【医学部】東京女子医科大学 泌尿器科学分野(教授)公募
学校法人東京女子医科大学では外科全体を包括した外科学という大講座の中に臓器・疾患の専門性の高い多分野を置いた新たな教育・研究・診療の責任体制を確立することとなりました。

この度、泌尿器科学分野教授の田邉一成教授が令和3年3月31日をもって定年退職となることから、後任の教授を選考することになりました。「社会に貢献する女性医人を育成する」という本学の建学の精神に則り、泌尿器科学に対する造詣が深く、豊富な手術経験を有し、女性医師の育成を中心とした医局のマネジメントに能力を発揮でき、同分野に特化した教育、研究、診療を推進できる方を公募いたします。

なお、本学では、男女共同参画を推進しています。上記の建学の精神に則り、業績および人物の評価において同等と認められた場合は女性を積極的に登用する方針です。
また、本学では、令和元年度から任期制を導入しており、採用初年度は原則として1年間の有期雇用となり、勤務実績等を考慮した上で更新されます。予めご承知おきください。

応募に際しては、下記に示す所定の書類の提出をお願いいたします。また、候補者の方には、選考過程でご来学の上、面接、講演をお願いする場合がありますことを予めご承知おきください。


詳しくはこちらのPDF書類をご覧ください>>
履歴書(様式1)>>
業績目録(様式2)>>
主要自著論文10編の説明(様式3)>>
研究資金(様式4)>>
診療実績(様式5-1~様式5-3)>>
手術実績(様式5-4~
様式5-6)>>
医療安全管理に係る実務経験(様式6-1)>>
セーフティーマネジャー研修報告書(様式6-2)>>
推薦書(様式7)>>