医局員募集

リハビリテーション科では、リハビリテーション医療に情熱を持っている若い医師の入局を募集しています。また、他の科で研修を受けた先生でリハビリテーション科への転科を希望される方の入局も歓迎いたします。リハビリテーション科は女性医師にとって働きやすい診療科です。東京女子医科大学病院では女性医師の教育・支援を積極的に行っています(男女共同参画推進室)。また、日本リハビリテーション医学会専門医会の中にリハビリテーション科女性専門医ネットワーク(RJC)も存在します。

リハビリテーション科専門医とは

 病気や外傷の結果生じる障害を医学的に診断治療し、機能回復と社会復帰を総合的に提供することを専門とする医師です。専門医の資格は、リハビリテーション科が関与するすべての領域について、定められた卒後研修カリキュラムにより5年以上の研修を修め、日本リハビリテーション医学会の資格試験に合格して認定されるものです。

東京女子科大学病院リハビリテーション科医療練士(後期研修医)プログラム

 1. 目的と特徴

リハビリテーション科は、神経、運動器、内部疾患などによる障害に対して、医学的に診断・治療を行う診療科です。リハビリテーション科医は、障害の診断、機能評価、予後予測を行い、適切なリハビリテーションプログラムを作成し、機能障害、能力低下などの回復を促し、日常生活の自立や社会復帰を提供することを業務とします。当科のプログラムの目的は、リハビリテーション医学全般の知識と医療技術を習得して、リハビリテーション医学会のリハビリ専門医を取得すること、リハビリテーションのチームリーダーとして指示・指導できる能力を獲得することです。

2. 指導スタッフ

教授 猪飼哲夫

准教授 和田太

講師 上久保毅

助教 鈴木瑞枝

 3. 研修施設

基幹病院:東京女子医科大学リハビリテーション科

研修協力施設:牧田総合病院 蒲田分院 リハビリテーション科

4. 研修カリキュラム

A:一般目標

 入院・外来患者のリハビリ診療を自立して行えるようになる。

 リハ科医として必要不可欠な専門的知識・技術を習得する。

 リハビリチームのリーダーとして臨床業務に従事できるようになる。

B:行動目標

      1. リハビリのコメディカルスタッフとの密接なコミュニケーションをとることができる。
      2. リハ科医としての基本的な診察法(神経学的所見、運動器所見など)とリハビリ評価法を習得する。
      3. リハ科医としての必要な検査(嚥下造影検査、筋電図検査など)を行うことができる。
      4. リハ科医として必要な放射線学的検査(単純レントゲン、CT、MRI)を読影することができる。
      5. リハビリ科入院患者の主治医として医学的管理ができるようになる。
      6. 他科、他職種とのリハビリテーションカンファレンスに参加する。
      7. 義肢・装具、歩行補助具、車いすなどに関する知識を習得する。
      8. リハビリに関連する社会制度(障害者自立支援法、介護保険法など)の知識を学ぶ。
      9. リハビリ治療計画の立案、リハビリ処方、装具処方ができるようになる。
      10. リハビリ診療のチームリーダーとしての能力を身につける。
      11. 日本リハビリテーション医学会学術集会・地方会で発表する。
      12. リハ医学に貢献できる研究を計画し開始する。
      13. リハビリテーション医学会専門医資格を取得する
      14. 後輩の医療練士研修生、研修医を指導できるようになる。

経験すべき疾患

脳神経疾患(脳卒中、脳外傷、脳腫瘍など)、脊髄疾患(脊髄損傷、脊髄炎など)、神経筋疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、末梢神経障害など)、骨関節疾患(関節リウマチ、変形性関節症、骨折など)、小児疾患(脳性麻痺、筋ジストロフィー、二分脊椎など)、循環器疾患(心筋梗塞、心不全など)、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患、周術期呼吸障害など)、その他の疾患(悪性腫瘍、熱傷、廃用症候群など)

C:年次別研修スケジュールと研修内容概略

(以下は基本的なスケジュールであり変更となることがあります)

研修1年次(大学病院)

 リハビリテーションの基本的な診察、評価、検査、処方の習得、カンファレンスへの参加

研修2年次(大学病院または関連病院)

 関連科での研修

リハビリ科入院患者の診療(指導下で)、学会発表

研修3年次(関連病院)

 リハビリ科入院患者の診療(主治医として)、学会発表、論文執筆

研修4年次(関連病院または大学病院)

 リハビリ科入院患者の診療

外来診療、学会発表、論文執筆

 専門医試験の準備・受験、研究

研修5年次(大学病院)

 外来診療、後輩の指導、研究、学会発表、論文執筆

D:週間予定(大学病院)

  業務 会議等
 リハビリ業務(入院・外来患者)
 小児装具・車いす外来(午後)
 嚥下造影検査(午後)
  救命救急科とのカンファレンス
  糖尿病内科とのカンファレンス
  全体会議(第1)
  拡大医局会
 リハビリ業務(入院・外来患者)
 リハビリ業務(入院・外来患者)
 装具外来(午後)
  神経内科とのカンファレンス
 リハビリ業務(入院・外来患者)
 リハビリ業務(入院・外来患者)   脳外科とのカンファレンス
 リハビリ業務(外来患者)

 

5. 医療練士終了後の進路

医療練士研修終了後に、東京女子医科大学リハビリテーション科の助教、関連病院などへの就職希望に対応する。

6. 学位

研究論文が掲載された後、医学博士の申請、取得が可能である。

 

7: 専門医

研修期間中に日本リハビリテーション医学会専門医を取得する。

 

8: 問い合せ先

〒-162-8666 東京都新宿区河田町8-1

東京女子医科大学リハビリテーション科

教授・診療部長 猪飼哲夫

TEL 03-3353-8111(内線20131)

FAX 03-5269-7639

E-mail: ikai@reha.twmu.ac.jp

 

top-reha