概要

リハビリテーション科は、神経、骨・関節、内臓疾患などにより何らかの障害を来たした患者さんに対して、診断・評価を行い、機能障害や能力低下などの回復を促す治療を行って、日常生活の自立や社会復帰を目指すことを目的としています。

リハビリ科で治療される患者さんの原因疾患には、脳卒中、脊髄損傷、関節リウマチ、骨折、パーキンソン病、脳性まひ、肺・心臓疾患などがあります。リハビリ治療には、リハビリ科医(リハ医)、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、義肢装具士(PO)、看護師、医療ソーシャルワーカー(MSW)などが関与して、チーム医療の体制でそれぞれの専門治療を行っています。

当院におけるリハビリの特徴は、ICUや病室に入院されている患者さんに対して、発症や術後早期からリハビリを開始していることです。リハビリ訓練室だけでなく、ベッドサイドでもリハビリを施行しています。各診療科と連携をとりながら、自宅復帰や回復期リハビリへの円滑な移行が可能なように、主に急性期の患者さんのリハビリを行っています。

また、循環器内科、呼吸器内科と協力して、心臓リハビリ、呼吸リハビリも行っています。

top-reha