NICU

NICU(新生児集中治療室)のリハビリ

 

NICU(新生児集中治療室)では、低出生体重児や新生児仮死等様々な問題をもったハイリスク新生児が集中治療・管理されています。ハイリスク児とは、発育・発達過程において何らかの問題が生じる可能性があり、経過観察や必要に応じた発達支援が必要になる児のことをさします。低出生体重児(2500g未満)の中で、特に発達予後が不良と報告されている1500g未満の極低出生体重児や1000g未満の超低出生体重児、その他には新生児仮死による低酸素虚血性脳症、脊髄髄膜瘤や先天性筋疾患等の神経系疾患、21トリソミーや口唇・口蓋裂の染色体、先天奇形系疾患等多岐にわたる新生児を対象としています。すべての新生児に共通していることは、両親と離れNICUという特殊環境で育ち始めるという点です。

NICUではDevelopmental Careという概念の下、両親と共に子どもの発達に目を向けたケアに取り組んでいます。NICUにおける私たちリハビリテーションスタッフは、姿勢や運動、哺乳等の評価を行い、ポジショニング・哺乳支援・発達促進・家族指導等の個別性を持った早期介入を実践しています。

top-reha