大切にしていること:想いを受けとめる

森山 美蘭[東京女子医科大学病院]母子総合医療センター勤務/助産師/福岡出身/2012年入職

「みんなちがってみんないい」 あなたの大切にしていることは なんですか?

お母さんや赤ちゃんの気持ちに寄り添い命の大切さを実感していきたいです。

当院なら助産師として基礎からしっかりと学べると思い入職を決めました。

私が東京女子医科大学病院を選んだ理由は、ハイリスク妊産婦の受け入れを積極的に行っている当院で、様々な症例を学びたいと思ったからです。
また、パンフレットや説明会で情報収集し、病棟見学の際に実際に働く先輩助産師から直接話を聞き、ここなら助産師として基礎からしっかりと学べると思い入職を決めました。

入職するまでの間、大学病院の高度な医療技術についていけるのか不安でいっぱいになりました。

入職するまでの間は、専門学校卒の自分が大学病院の高度な医療技術についていけるのか不安でいっぱいになりましたが、実際に入職してみると、研修プログラムや実践を通じ、改めて基礎の基礎からしっかり学習でき、自己の振り返りを行う機会が多く用意されていました。優しく、時には厳しく先輩たちが教えてくれるので、今は日々新しいことに気付きや学びを得ながら、一歩ずつ確実に前に進むことができているなと実感しています。

たくさんの生命の誕生の場を通じて命の大切さを実感していきたいです。

助産師として2年目を迎えての目標は、合併症のあるハイリスクな患者さんを受け持ちアセスメント能力を高めることや、分娩介助を通じて技術を向上していくことです。 これからも、お母さんや赤ちゃんの気持ちに寄り添い、嬉しいことや辛いこと、様々な想いを受けとめながら、たくさんの生命の誕生の場を通じて命の大切さを感じていきたいです。

  • 前の先輩を見る

主なカテゴリ
  • ホーム

  • メッセージ

  • 病院紹介

  • 採用情報

  • 応募要項