病院のご案内

病院長のごあいさつ

2018年4月

病院長 田邉 一成

 東京女子医科大学病院は、大学法人の建学の理念「至誠と愛」の下、患者視点に立って、安全・安心な医療の実践と高度・先進な医療を提供することを基本方針としています。

 当院では、特に医療安全に注力し、過去の医療事故を真摯に受け止め、社会の信頼を回復することが当院に課せられた使命として、全力を尽くしてまいりました。その決意の下、医療安全に対する病院全体の認識を高め、関係各部門による連携体制の構築、有効かつ迅速に機能するシステムの構築とその運用などに取り組んでいます。

 診療面では、術後感染症が少なく入院期間も短いロボット支援手術の積極的な活用(腎臓がん、胃がんなど)、脳神経病変を「切らずに治す先進的治療」であるガンマナイフ治療などの先進医療をはじめとして、医療の質向上に向けて常に邁進しております。

 また、患者さんが入院から退院まで、円滑に過ごせるように、入退院を担当する部門を強化すると同時に、地域医療機関との連携を密にし、患者さんが安心して治療を受けられる体制を整えています。

 医療が高度化、複雑化していく中で、本学法人の建学の理念「至誠と愛」に基づき、患者さん一人一人に高い水準の医療を提供すべく、今後、より一層努めてまいります。

Copyright (C)2016 Tokyo Women's Medical University Hospital. All Rights Reserved.