検査室紹介

生理機能検査
心臓超音波検査
超音波検査(心エコー)

心臓超音波は、超音波を用いて体内にある心臓の状態をリアルタイムに観察できる検査です。当検査室では、経胸壁心エコー図、経食道心エコー図、といった検査を日常的に行っています。熟練した技師、および医師が検査を行い、検査結果は専門医により判読され、臨床に有用な情報を提供しています。

超音波(心臓超音波)

場所・問い合わせ

総合外来センター2階
超音波検査室  >> map

電話:03-3353-8112
内線番号:29214

>> 検査予約の変更

Q&A

心臓エコー

検査について

  • 超音波を利用して心臓の大きさや動き、弁や血管の状態、血液の流れなどを記録する検査です。
    心機能、弁膜症、大動脈疾患の評価などを目的としています。

検査前(当日)の注意

  • 食事:普通に食事を摂っていただいて結構です。
  • 内服薬:医師の指示に従って下さい。

検査前の準備

  • 検査の予約時間の10分前には、2F東受付で受付をして下さい。

所要時間

  • 約30分ですが、記録する内容によって30分以上かかることもあります。

検査方法

  • 上半身脱衣の状態で行います。
  • 胸やお腹、頚部などに探触子という超音波を送信する小さな装置を当てて検査を行います。
  • 心臓や血管を描出するためにゼリーを使用します。
  • より明瞭な画像を描出するために、記録の都度数秒間呼吸を止めていただきます。
  • 痛みはありませんが、もし探触子が肋骨にあたって痛みを感じた場合には、遠慮なく担当技師にお申し出下さい。
  • 検査時に使用する超音波やゼリーは共に無害です。
  • 検査担当者が軽くゼリーをふき取らせていただきますが、残っている場合は備え付けのティッシュペーパーをお使い下さい。

検査後の注意

  • 特にありません。

その他

  • 検査開始時刻は状況により多少前後しますので、ご了承下さい。
  • 検査結果については、次回診察時に主治医からお聞き下さい。