病院のご案内

東京女子医科大学病院の患者の権利章典

「至誠一貫」 創立者吉岡彌生先生直書

 

患者さんの権利と責務

医療は患者さんと医療従事者(医療機関)との十分な信頼関係に基づき成り立っております。
当院では、すべての患者さんに次の権利があるものと考え、これらを尊重した医療を行います。同時に、患者さんには、より良い医療を当院で受けていただくため、協力していただきたい責務があります。

  • すべての患者さんは、身体的、言語的、文化的違いに関わらず、公平に、安全で良質な医療を受ける権利があります。
  • だれもが、一人の人間として、その人格や価値観が尊重され、精神的および宗教的な慣習についても配慮を受ける権利があります。
  • 病状、検査、治療、手術、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで説明を受ける権利があります。
  • 十分な説明と情報提供を受けたうえで、検査、治療、手術などをご自分の意思で選択する権利があります。
  • プライバシーと個人情報が守られる権利があります。
  • 院内において、財産や暴力から守られ、安全な環境が確保される権利があります。
  • 患者さんが医師から勧められた治療を選択するにあたり、納得して治療をうけられるよう、セカンドオピニオンにより、他の医師に意見を求める権利があります。
  • 良質な医療を実現するために、患者さんご自身の健康に関する情報をできる限り正確にお話しください。また診療の過程で不安を感じましたらすぐにお知らせください。
  • 医療に関する説明を受けてよく理解できない場合は、納得できるまでお聞きください。
  • すべての患者さんが適切な医療を受けられるようにするため、患者さんには、他の患者さんの迷惑や病院職員による医療提供に支障を与えないよう配慮する責務があります。病院のルールをお守りくださいますよう、ご協力ください。

Copyright (C)2016 Tokyo Women's Medical University Hospital. All Rights Reserved.