特定疾病療養受領証

この制度は、血友病や人工透析を受けている方などに対して、その治療に対する1ヶ月の医療費を軽減するものです。1ヶ月の自己負担限度額は、年齢や所得により、10,000円又は20,000円になります。
自己負担限度額20,000円に該当する方

 

人工透析を受けている70歳未満の上位所得者の方

上位所得者とは、国民健康保険は年間所得600万円を超える方、
社会保険は月収約53万円以上の方です。

 

自己負担限度額10,000円に該当する方

  • 血友病の方
  • 人工透析を受けている上位所得者以外
  • 65歳以上70歳未満で老人保健対象の方。

 

手続き方法

加入している保険 窓口
国民健康保険の方 区市役所・町村役場の
国民健康保険課
社会保険の方 各健康保険組合、
または全国健康保険協会
後期高齢者医療被保険者証 区市役所・町村役場の
後期高齢者医療制度担当
国民健康保険高齢受給者証の方 区市役所・町村役場の
国民健康保険課
健康保険高齢受給者証の方 各健康保険組合、
又は全国健康保険協会

  

申請書類
1. 特定疾病認定申請書・意見書 (決められた様式)
2. 保険証

 

 

  • 受療証は申請手続き後すぐに発行され、おおむね手続きをした月の1日から有効となります。
  • 自己負担限度額は受療証に記載されます。
  • 入院時の食事療養費は自己負担となります。
  • 更新の手続きは必要ありません。