logo
専門・認定看護師

 

看護師として成長し、目指す看護の可能性を追求する過程として、エキスパートナース、
認定看護師、管理者、ジェネラリストとそれぞれの道があります。

 

急性・重症患者看護専門看護師

subtitle_line

CNS複雑で解決困難な看護問題を持つ個人・家族・集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するために専門の知識・技術を深めて。保健医療福祉の発展・看護学の向上を図る目的を担います。役割は卓越した看護実績、相談、調整、論理調整、教育、研究です。


p-en-kyusei01

特定専門分野で5年以課程(CNSナース)を経て卒業後1年以上の経理を経た後、試験が受けることができます。(5年更新)

  

 

認定看護士

subtitle_line

CN認定看護師は、5年以上の臨床経験と専門とする 分野での一定期間の研修を経て日本看護協会の 認定資格試験に合格した人に与えられる称号です。

看護実践の場において専門性を生かして担当部署を中心にロールモデルとして 活動しています。

13名の認定看護師より

 

救急看護

subtitle_line

p-cn-kyukyu01

救急車で救急搬送され、集中治療を要する患者様の看護にあたっています。
救急患者様は、本人の身体面はもちろん、そのご家族の精神面も危機的
状態にさらされていることが多く、家族への関わりにも力を入れています。

 

手術看護

subtitle_line

p-cn-shujyutu01

患者様が安心して手術を受けられるように、術中だけでなく術前からの
かかわりを大切にしています。また手術というチーム医療が円滑に行え
るように、他職種との連携も図っています。

 

糖尿病看護

subtitle_line

p-cn-tonyo-all

 

 

患者さんが糖尿病に関する知識が得られ、生活の中に上手く取り込んで
自己管理ができるよう支援しています。普段は病棟で勤務しておりますが、
外来で足病変の予防を目的としたフットケアも行っています。

 

 

皮膚・排泄ケア

subtitle_line

p-cn-hihu-all

 

 

 

創傷(褥瘡・術後の創傷・下腿潰瘍)やストーマリハビリテーション、便失禁・
尿失禁に関する患者さん・ご家族へのケアを入院中・外来(専門外来)で行って
います。よりよいケアをめざし医師など他職種と協力して活動しています。


 

 

 

透析看護

subtitle_line

p-cn-toseki-all

 

 

透析看護という名称ですが、腎不全保存期から血液透析、腹膜透析、腎臓移植
など腎臓病看護全般にわたってを専門としています。腎代替療法の選択などを
患者さんと一緒に考えていきたいと思っています.

 

 

緩和ケア

subtitle_line

p-cn-kanwa-all

 

 

主に、病棟での活動を中心に緩和ケアチームの看護師としての活動も行ってい
ます。他職種と協働して「全人的痛み」の緩和を図り、患者・家族にとっての
QOL向上を目指した看護を提供できるように取り組んでいます。

 

 

乳がん看護

subtitle_line

p-cn-nyugan01

乳がん患者様の意思決定をサポートし、精神面・身体面のケアを行っていきます。
また、リンパ浮腫に対しセルフケア方法を指導し、複合的理学療法を行っていき
ます。

 

 

感染管理

subtitle_line

p-cn-kansen01

患者さんに安心して診療を受けて頂くために、看護職をはじめ、すべての医療
スタッフが感染防止技術を習得し、実践するよう支援しています。

 
TEXT SIZE