口腔乾燥・味覚外来のご紹介

外来受診者の主訴の内訳(数字は実人数)

当科では平成13年より専門外来「口腔乾燥・味覚外来」を開設し、口の乾きや味覚障害に加えて唾液過多、舌痛、嗅覚・風味障害などの口腔愁訴全般に対して診断と治療を行っています。

この頁では、口腔乾燥・味覚外来の、味覚障害と口腔乾燥症(ドライマウス)、唾液過多に対する診療内容についてご紹介します。

味覚障害とは 味覚障害の診療の流れ

味覚外来の診療の流れ
味覚障害の診療の流れ

味覚障害には、 ・味が薄い、わかりにくい(味覚減退・脱失)
・塩味など特定の味だけわかりにくい(解離性味覚障害)
・何を食べてもまずく感じる(悪味症)
・何も食べていないのに口の中に味がする(自発性異常味覚) ・においがわからないので味がわからない(風味障害) といった種類があります。味覚障害には口腔乾燥症(ドライマウス)や舌痛などの他の口内症状も同時に見られることもあります。

このため、味覚外来では、味覚の検査に加えて、採血で血清亜鉛や鉄の評価、唾液分泌機能検査も行い、必要に応じて嗅覚検査、唾液腺シンチや心理検査なども追加します。

味覚障害の原因と治療

味覚障害の原因別頻度と治療法(当科症例)

味覚障害の原因で多いのは亜鉛欠乏性味覚障害と薬剤性味覚障害です。薬剤性味覚障害は亜鉛が薬剤に吸着(キレート化)されて腸から吸収されにくくなるためと考えられています。味覚障害は、心因性や、嗅覚が低下する風味障害、全身疾患、口内炎などや、味覚を伝える末梢・中枢神経の障害によっても起こります。

味覚障害の治療については、原因に亜鉛不足が関係することが多いので、もっともよく行われるのが亜鉛補充療法です。当科では、抗潰瘍薬で亜鉛を含むポラプレジンク(プロマック)をまず用います。補充療法中には月1回程度血清亜鉛値測定と味覚検査を行い、数値が改善しにくい場合は亜鉛を含むサプリメントを追加します。味覚の改善には1~2か月かかることが多いです。
口腔乾燥や鉄欠乏、ビタミンB群の欠乏が想定される場合はこれらの治療も併せて行い、漢方を用いることあります。

味覚障害の予後については、これらの治療でおおよそ7割は改善しますが、発症から時間が経っている場合や心因性の味覚障害は治りにくいことが多いです。味覚障害の治療は早めにはじめることをお勧めします。

口腔乾燥症(ドライマウス)について

当外来受診者の口腔乾燥の原因別頻度

口腔乾燥症(ドライマウス)は唾液の減少や口腔粘膜水分の喪失によって生じる口内の乾燥感や粘つきといった症候で、しばしば味覚の異常や口内痛を伴います。口腔乾燥症は「水なしでは食事ができない」「話しにくい」といった不快な症状が生活の質を損なうのみだけではなく、齲歯や口腔カンジダ症といった口内疾患の原因ともなるので、適切な対応が必要となります。

口腔乾燥症は中高年以上の女性に多く見られます。当外来を受診される方の口腔乾燥の原因はシェーグレン症候群が多いですが、これは当院膠原病内科と併診される方が多いためです。口腔乾燥症は他にも、薬剤性や咀嚼機能低下、加齢、放射線照射後など様々な理由で生じます。

口腔乾燥症の診断と治療

口腔乾燥症の治療法

口腔乾燥症の治療に当たってはまず病因診断が必要で、摂食状況や咀嚼機能を含めた全身状態および合併症と服薬状況も確認します。
診察では舌と口腔粘膜の状態をみて、カンジダ症が疑われる場合は培養検査も行います。
唾液分泌機能検査としては安静時唾液量およびガムテストによる刺激時唾液量測定を行い、詳しい評価が必要な場合は唾液腺シンチグラフィも追加します。

口腔乾燥症の治療法には生活習慣の見直し、外用薬、内服薬があります。生活習慣として、唾液分泌を刺激する習慣、例としてガムをかむことは、唾液分泌機能が残存している場合には有効で、最初にお勧めします。歯科的治療も咀嚼機能の保持および齲歯と歯周病の予防・治療のために重要です。薬剤性が疑われる場合にはかかりつけ医と協議のうえで減薬を検討します。
治療薬のうち外用薬では、処方薬では人口唾液サリベートがあるほか、市販品の口腔用の保湿ジェルやうがい薬を使ってみるのもよいです。うがい薬の選び方には少し注意が必要で、アルコール入りのものはすっきりしますが粘膜を刺激するので、口腔乾燥症の方にはアルコールフリーの保湿成分入りのものをおすすめします。

内服薬では唾液分泌促進薬としてはM3ムスカリン作動薬の塩酸セビメリンやピロカルピン(エボザック、サリグレン、サラジェン)のほか、漢方の麦門冬湯、白虎加人参湯などを用います。M3ムスカリン作動薬は効果は高いですが、発汗や胃腸症状といった副作用も多いので、少量から、あるいは分割して投与したり、飲まずにうがい薬として用いるといった工夫もします。

唾液過多(流涎症)について

唾液過多の原因分類

唾液過多(流涎症)は唾液が多いと感じられ苦痛を覚える状態で、真性唾液過多すなわち唾液分泌が実際に増加するものと、嚥下障害や心因により口腔内に唾液が多いと感じる仮性唾液過多に大別されます。頻度としては仮性過多が多いといわれます。

唾液過多の診断としてまず行われるのは安静時・刺激時唾液量測定で、正常平均値を大幅に超える場合は唾液過多が疑われます。しかし、正常者の唾液量は特に安静時では個人差と日内変動が大きく、唾液量と過多の自覚もしばしば一致しません。このためパーキンソン病等における唾液過多の評価には視覚評価スケール:VAS(Visual Analog Scale)をよく用います。

真性唾液過多の治療には、ロートエキスや第一世代抗ヒスタミン薬等の抗コリン薬、抗不安薬や人参湯や小青竜湯などの漢方薬の内服が行われます。効果がみられる場合もありますが、改善の難しい場合もあります。

正常(右)と真性唾液過多(左)の唾液腺シンチ

99mTcO4-唾液腺シンチグラフィ(唾液腺シンチ)は、唾液腺機能を客観的に評価できる方法で、当科では積極的に施行しています。
真性唾液過多では、唾液の流出速度が速いために唾液腺へのアイソトープの取り込みが間に合わず、早期に集積が低下するといった所見がみられます。

当科での真性唾液過多の治療は、抗ヒスタミン薬や漢方薬のほか、頻尿の治療に用いる選択的M3受容体拮抗薬なども用います(適応外使用・東京女子医科大学倫理委員会承認)。