研修内容

地域連携研修

(担当:社会支援部)

急性期から在宅医療まで、切れ目のない医療を提供するために必要な組織作りや社会支援の知識を身につけます。地域医療のコーディネータとして、東京女子医大病院の社会支援部で看護師やMSWとともに実際に地域連携に従事し、提携する地域病院や在宅医、訪問看護ステーションなどの地域医療機関での実習を通じて、現場の問題点を知り、解決方法を探ります。

 

化学療法研修

(担当:化学療法・緩和ケア科)

外来化学療法室・化学療法病棟において、EBMに基づいた化学療法を安全・確実に施行するためのシステムや多業種連携の方法を学びます。また臨床試験のデザインや運用、インフォームド・コンセント取得、有害事象に対する支持療法などについて、各職種に必要な知識を学び、実践します。

 

緩和ケア研修

(担当:化学療法・緩和ケア科)

院内緩和ケアチームに参加し、チーム医療の実際を経験するとともに、緩和病棟の意義や社会的使命、地域包括ケアの中での各職種の役割を学びます。 精神腫瘍医とともに、がん患者を取り巻く苦悩に対峙し、ペインクリニックでは、疼痛緩和のための手技を学び、薬物療法との使い分けを身につけます。

 

放射線治療研修

(担当:放射線腫瘍科)

放射線治療室で放射線治療専門医の指導のもと治療に参加し、放射線治療の適応や治療方針決定のプロセス、線量分布図の作成、有害事象への対応を学びます。画像診断室で放射線診断医の読影を学び、正確な診断や治療に導くための、読影技術を身につけます。

 

外科がん治療研修

(担当:第2外科)

専門医による定型的根治手術、姑息的手術、胃瘻造設、静脈ポート留置、胸腹水ドレナージなど、がんに対する基本的な外科的手法を現場で学ぶとともに、鏡視下手術、ロボット手術などの最先端手術の見学など、個別のブラッシュアップ研修も行います。

 

女性がん医療者復帰支援

(担当:女性医師再教育センター)

結婚、育児、介護など、様々な原因で臨床を離れざるを得なかった女性医療者の復職支援プログラムです。東京女子医科大学女性医師再教育センターと共同で、研修者一人一人の事情に配慮しながら、基礎知識の確認、がん医療の実践、専門的教育を行います。

 
〒162-8666 東京都 新宿区 河田町8-1
東京女子医科大学 がんプロ事務局

tel : 03-3357-4889
(直通・共用)
access icon
交通アクセス
ban-kenshu s
ban-ganken s
ban-e-learning s
ban-intensive s