総合診療科について

総合診療科について

総合診療科では、まず患者さんのお話をよく伺った上で詳細な診察を行い、それぞれの患者さんの問題点やその原因となる身体の変化を探っていきます。その上で、さらに診断を絞り込んでいく為に当院内の各種最新診断機器を用いて必要な検査をおこないます。これらの過程は、総合診療科医師だけでなく必要に応じて当院各専門診療科医師と話し合いながら行われて、診断に迫っていくことになります。

病気の診断がつきましたら、コモン・ディジーズと呼ばれる頻度の多い一般的な病気の場合には、総合診療科が初期の治療を担当します。
診断の結果専門治療が必要な場合には、当院専門診療科に依頼して専門的治療と管理を継続します。
このような経過を通じて、治療方針が決定して初期の管理で患者さんの状態が安定しましたら、かかりつけ医の先生にご紹介してその後のフォローアップをお願いすることもあります。

当院総合外来センターには、プライマリー・クリニック・センター(PCC)呼ばれる総合案内・患者相談・地域連携室・お薬相談・栄養食事相談・医療社会福祉相談・在宅医療相談・治験相談・からだ情報館があります。総合診療科は、PCCのスタッフと連携しながら、大学病院と地域のクリニック、そしてご家庭をつないで患者さんの問題解決に取り組んでいます。

総合診療科の担当医は専任医師(診療スタッフの紹介を参照)といろいろな診療科から派遣されてきた医師、非常勤医師で構成されています。特別診察室での診察も行っております。教育病院ですので医学部学生、研修医なども御了解のうえで診療に参加することもございますが、御理解をお願いいたします。