1.血液透析導入基準  

腎機能が正常の10-15%以下になると、透析や移植などの腎代替療法(腎臓の機能を代行する治療)が必要です。日本では、「どのような状態になったら透析を始めたほうがいいか」を判定するための「透析導入の基準」(厚生労働省)があります。症状・所見と腎機能・日常生活レベルとの組み合わせで導入時期を考えます。腎機能が正常の15%以上あっても、尿毒症の症状や高カリウム血症、心不全などがあり、適切な治療によって改善しない場合は透析が必要と判断します。


 

透析導入適応の基準(厚生省科学研究 1992年)

以下の点数の合計が60点以上が透析導入が必要な状態

(1) 症状・所見

    1. 水の貯留(むくみ・胸に水が溜まる)
    2. 酸塩基電解質異常(高カリウム血症、酸の貯留)
    3. 消化管の症状(吐き気・嘔吐・食欲不振)
    4. 心臓の症状(呼吸困難・息切れ・心不全・著明な高血圧)
    5. 神経の症状(意識混濁・けいれん・しびれ)
    6. 血液の異常(貧血・出血が止まりにくい)
    7. 目の症状(目がかすむ)

      このうち3つ以上の症状 = 30点、2つの症状 = 20点、1つの症状 = 10点

(2) 腎機能

    • 持続的に血清Cr8mg/dl以上(あるいはクレアチニンクリアランス10ml/min以下)=30点
    • 血清Cr 5~8mg/dl(Ccr 10~20ml/min未満)=20点
    • 血清Cr 3~5mg/dl 未満(Ccr 20~30ml/min未満)=10点

(3) 日常生活の障害の程度

    • 起床できない高度 = 30点
    • 著しい制限中等度 = 20点
    • 運動・労働が出来ない軽度 = 10点

10歳以下または65歳以上の高齢者または糖尿病、膠原病、動脈硬化疾患など全身性血管合併症の存在する場合は10点を加算する。
小児においては血清Crを用いないでCcrを用いる。