カリウム制限は ?

腎機能が低下すると、電解質の1つであるカリウムの排泄も減少し、「高カリウム血症」が認められます。したがって、カリウム制限が必要になります。血清カリウム値5.5mEq/L以下を目標に1日カリウム摂取量を1500mg以下に制限します。

なお、カリウムは細胞の中に存在し、水やお湯に溶けるので、野菜などは小さく切って「湯でこぼし」「流水にさらす」などを行い、カリウム成分を少しでも除くことができます。また、果物は缶詰から取り出した実はカリウムが少なくなっています。 カリウム含有量の多い主な食品を示します。

カリウムの多い食品

  • 果物:
    バナナが最も多く、なつみかん、メロンなどが続きます。干し柿、100%ジュースも多く、注意が必要です。
  • 野菜・いも
    いも類は全体的に多く、特に里芋が一番多く含みます。かぼちゃ、にら、水菜、なす、白菜、セロリ、キャベツも比較的多く、切干大根やかぶなども多く含みます。
  • 肉・魚
    すべて比較的多く含まれます。特にお刺身などは注意が必要です。
  • 主食
    麺(茹でたあとに湯きりをします)
  • 海藻類など
    とろろ昆布、干しひじき、納豆
  • 調味料
    黒砂糖、だし
  • 乳製品
    牛乳
  • お菓子
    スィートポテト、あんみつ
  • 飲み物
    トマトジュース、野菜ジュース、豆乳、日本茶(玉露)、黒ビール ペットボトルのお茶やスポーツドリンクはそれほど多くありません。