小児泌尿器
PedatricUrology
TOKYO WOMEN’S MEDICAL UNIVERSITY HOSPITAL
Department of Urology,kidney Center

主なカテゴリ
東京女子医科大学病院 腎臓病総合医療センター泌尿器科

小児泌尿器科外来案内・主な病気や症状・検査について

外来案内

主な病気・症状

検査

  • 陰嚢水腫
  • 子供の包茎
  • 水腎症
  • 停留精巣
  • 尿失禁
  • 尿道下裂
  • 尿路感染症
  • 夜尿症
  • 膀胱尿管逆流症

尿路感染症とは

尿路感染症はおしっこの出口(尿道口)から細菌が膀胱内に進入することで生じます。したがって男の子に比べて尿道の短い女の子に尿路感染は起きやすいと言えます。ただし2才までは男女の頻度に大きな差がありません。膀胱の中で感染がとどまっているものは膀胱炎と呼ばれ、細菌が膀胱からさらに腎臓まで進入すると腎盂腎炎を起こします。尿路感染は尿の中に細菌がいることを確認することで診断します。

症状

赤ちゃんの尿路感染では発熱(38.5℃以上)、機嫌が悪いといった全身症状だけの場合が多いといえます。幼児ではおなかや背中を痛がる、おしっこのときに痛がる、普段おもらしをしないのにパンツをぬらすといった症状が加わる場合があります。尿がいつもよりくさい、尿に血液が混じるといったことも起きる場合があります。学童以降の年長児ではトイレが近い、排尿時痛が強いといった排尿に伴う症状が中心になり時に血尿も認めます。ただしどの年齢においても高熱を伴う場合は膀胱炎だけでなく腎盂腎炎の可能性があります。

診断

最初に書いたように尿路感染は尿の中の細菌を確認することで診断します。ただし尿道の出口には普段から細菌が付着していて常在菌と呼ばれます。尿のとり方によっては常在菌が尿に混じってしまって診断が不確かなものになる可能性があります。トイレットトレーニングの終わっていない乳幼児では通常採尿パックと呼ばれる小さなビニールパックをおしっこの出口に貼り付けて採尿します。貼るまえに尿道口の周囲を清潔にして行いますがそれでも常在菌が混入する可能性が高いといえます。年長のお子さんでは自分でトイレでおしっこを取ってもらいますが、出来れば出始めの尿ではなくて途中の尿を採ってもらったほうが診断には有用です。明らかに尿路感染を疑うような状況では、細いくだ(カテーテル)を尿道から挿入して膀胱内の尿を採取したほうが正確な診断が出来て治療に役立つ場合が多いといえます。尿の中の細菌を正確に調べるには培養検査が必要であり、その日のうちには結果が出ません。そのため通常は尿の中の白血球を顕微鏡で調べて尿路感染の初期診断をおこなう場合が多いといえます。白血球は感染が起きると体内から尿中に出てくる血液細胞です。

治療

発熱をともなわない膀胱炎の場合は通常、抗菌薬を3日間服用すれば完全に治るといえます。多くの場合は抗菌薬服用後24時間で症状の改善を認めます。しかし高熱を伴い腎盂腎炎が疑われた場合は抗菌薬の投与は2週間必要です。最初は食欲もなく脱水気味になっていることが多いので点滴で抗菌薬を投与し、解熱後食欲も出てきたら原因の細菌に有効な抗菌薬を飲み薬で続けます。

治療後について

学童以降の年長の女の子ではじめての膀胱炎なら、症状が消失したあとに病院にいく必要はありません。最後の日常の注意を読んで気をつけるようにしてください。高熱を伴う尿路感染や、膀胱炎でもたびたび繰り返す場合は尿路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)の形態や排尿機能に問題がある場合があります。症状が消失したあとに小児を専門にしている泌尿器科で、子供に合わせたいくつかの検査を受けることをおすすめします。

「乳幼児の発熱を伴う尿路感染」:

この場合は膀胱尿管逆流症を伴う頻度が極めて高いといえます(膀胱尿管逆流症の項を参照)。水腎症を伴うこともあります(水腎症の項を参照)。逆流症を放置していると尿路感染を繰り返しやすいだけでなく腎臓に障害をきたす可能性があるので、はじめての尿路感染であっても検査をすることをおすすめします。最初の検査はエコーと排尿時膀胱造影の二つが基本です。検査はお子さんが尿路感染から回復したらなるべく早めに行って、検査の結果が出るまでは抗菌薬を完全に中止しないほうが安全です。

「反復する膀胱炎」:

特に年長の女の子でたびたび膀胱炎を起こす場合は排尿習慣に問題があったり、排尿障害を伴っていることがすくなくありません(排尿障害の項を参照)。エコーの検査と尿流量測定を行い膀胱の形態と残尿の有無をチェックします。問題があれば膀胱造影・ウロダイナミクスなども考えます。

日常的に気をつけること

以下の注意は必ず守らなければいけないわけではありませんが、日常生活で参考にしてください。

  • ふだんから十分な水分を取るようにこころがける。3~5才で500~800ml/日。小学生で800~1,000ml/日を目安に。
  • おしっこを我慢しないで3時間を目安にトイレに行くようにする(1日6回以上:朝、午前中、昼、午後、夕方、寝る前)。
  • カフェインの入っている緑茶、紅茶、コーヒー、コーラなどは避けるようにする。
  • 便秘をしないように食物繊維を十分摂取する。便秘は尿路感染の敵!
  • 女児ではウンチのときに前から後へと紙でふくようにしつける。
  • 外陰部の清潔をこころがける。ただし石鹸でかぶれることもあるので温かいシャワーで洗うことで十分。