予約・お問い合わせ

遺伝についてお悩みのある方はご相談ください。

セカンドオピニオン

下記の領域に関して、当センター以外の主治医におかかりの患者さんを対象に、診断内容や治療法に関して意見・判断を提供いたします。
(遺伝性神経筋疾患、遺伝性血液疾患、糖尿病、染色体異常症など)
続きを読む

Home ご挨拶
ごあいさつ
    
 

センター長あいさつ

    saito
東京女子医科大学附属遺伝子医療センター
所長・教授 齋藤加代子

ヒトのゲノムの構造が明らかになり、病気の遺伝と遺伝子の謎が解明されるようになりました。その成果は遺伝子診断や遺伝子治療として臨床の場でも応用され始めました。この医学の発展の中で、遺伝子診断結果が親や子や親族へ影響を及ぼす可能性があること、治療法のない病気の遺伝子診断を受けるべきかどうか、遺伝子情報の漏洩の危険性などさまざまな問題が起こってきます。

「遺伝子医療センター」は、ご相談に来られる皆様の状況に合わせたオーダーメード医療を提供し、遺伝に関わるご相談に対応し、ご本人とご家族への十分な遺伝カウンセリングとサポートを致します。

臨床遺伝専門医と臨床心理士が、東京女子医科大学や他の医療施設の医師、看護師、ソーシャルワーカーなどと協力して、ご本人とご家族のサポートとカウンセリングを行います。


    理事長・学長あいさつ

      rijicho
    学校法人 東京女子医科大学
    理事長兼学長 吉岡俊正

    遺伝子医療センターは、医療における遺伝子情報を患者さんのために適切に取り扱い、遺伝情報を用いたカウンセリングを行っています。本学の附属医療施設の一つとして2004年に開設しました。

    近年の科学技術の発展とともに、人それぞれが生涯変らず持っている遺伝子の解析を通じて、病気の予防、予知、診断や治療に応用できるようになってきました。本センターでは、相談においでになる方に合わせて疾患の情報、遺伝子検査でわかる情報、疾患や障害に対する社会福祉制度など、多面的な情報を提供し、相談者の疑問に答え、また医学として可能な支援を行います。

    本学附属医療施設として、来院される方の希望と気持ちに添う医療と相談を建学者の理念である「至誠と愛」をもって行いますので、ご利用いただければと思います。


      Copyright (C)Tokyo Women's Medical University. All Rights Reserved.