当科の概要・ご挨拶

当科の概要

東京女子医科大学歯科口腔外科は昭和23年(1948年)に開設され、医科大学の口腔外科では最も伝統のある教室の一つです。本学創設の思想である「至誠の心」と「愛」を基本に、安全で質の高い医療を合い言葉に医療を行っています。

歯科口腔外科では歯、口、顎骨の疾患と治療を行っています。心臓病、糖尿病、腎臓病、血液疾患などの患者さんの抜歯を含めた歯科治療は院内他科と連携し行っています。当科には、口腔外科、がん治療、顎関節症、歯科インプラントなどの専門医が所属しており、親知らず(智歯)の抜歯や歯根のう胞の摘出手術や顎関節症、歯や口の中の外傷、顎の骨折、歯が原因の炎症、口や顎の腫瘍、口腔癌などの診断と治療を専門的に行っております。その他に、歯科矯正は矯正歯科専門医が行っており顎の変形などは手術を併用して治療いたします。また、睡眠時無呼吸症の治療において、睡眠科などと連携して口腔内装置の作成を行っています。

東京女子医科大学歯科口腔外科は以下の学会の認定施設となっており、診療はもとより教育・研究も行なっています。
日本口腔インプラント学会
日本顎関節学会
日本口腔外科学会
日本顎顔面インプラント学会
日本歯周病学会
日本有病者歯科医療学会

 

ご挨拶

日頃より医療連携にご協力いただきありがとうございます。今日の超高齢社会では、全身疾患を有する歯科の患者さんも増え、また薬剤関連の口腔症状などもみられます。先生方の歯科医院にかかりつけの患者さんの中にも、診断・対応に苦慮する方がいると思います。

 歯科口腔外科では口腔外科疾患の診断治療だけでなく全身的な疾患を有する患者さんの抜歯などの歯科治療、周術期の口腔管理も行っています。また、口腔顔面痛、顎関節、口腔ケアの専門医も在籍し、先生方のニーズに応えられるようにしております。

 主治医は2人の概念のもと、地域包括ケアシステムに則り、地域の歯科医療に貢献してまいりたいと考えております。当方より患者さんの定期的な口腔管理や歯科治療をお願いすることもありますのでよろしくお願いいたします。

東京女子医科大学歯科口腔外科
教授 安藤智博