専門外来

専門外来

 

口腔腫瘍外来

senmon01

senmon02

senmon03

口腔内(舌、歯肉、頬粘膜、顎の骨)には様々な腫瘍が生じます。その中には良性腫瘍から悪性腫瘍(がん、肉腫など)まで多種多様です。口腔腫瘍の診断には専門的な知識や特殊な検査が必要です。口腔腫瘍外来では、CT、MRI、PET等の画像診断などを用いて、科学的根拠に基づいた診断と治療を行っています。治療法は良性腫瘍の場合、手術を行い摘出・切除を行いますが、悪性腫瘍の場合は、手術療法を基本としますが、抗がん剤の治療や放射線の治療も行っており、患者さんにあった治療法を選択しています。また、進行した悪性腫瘍の場合は、緩和的治療も行っています。

顎関節外来

当科では年間約200例の顎関節疾患の治療を行っています。顎関節症の初期治療としては顎関節症の発症・持続させる悪習癖を取り除き,消炎鎮痛剤などの薬物療法,スプリントという装置を口の中に入れて筋肉の緊張を抑え、関節への負担を少なくする治療、また理学療法などの保存的な治療法を中心に行っています。保存的療法で症状の改善が得られない場合には、MRI検査を行い病態に応じてパンピングマニピュレーション、上関節腔洗浄療法などを行っています。さらに関節内で癒着し可動性を失った場合や、関節円板の穿孔に骨の変形により疼痛の改善が得られない場合は関節形成手術を行うこともあります。治療期間は発症からの期間、症状や関節の状態により様々です。経過観察を含めると長期の通院期間を要する場合もあります。

senmon

口腔顔面痛み外来

痛みは通常生体の防御機能であり、外傷(怪我)や、炎症があると痛みが生じます。これらは腫れている、赤くなっているなど、目に見える症状があり、比較的診断が容易です。一方で「歯ぐきが刺すように痛い」、「口をあけるとき顎が痛い」、「頬がビリビリ痛い」、「舌が焼けるように痛い」など、簡単に診断がつけられない、治療法がわかりづらい痛みも存在します。
当科では口腔内の診査(虫歯、歯周病、口腔粘膜の異常など)や顎関節に異常がないか検査を行い、さらに神経内科や脳神経外科、ペインクリニック科、精神科、心療内科などと連携し診断・治療を行っています。

 

周術期口腔機能管理外来

がんや臓器移植などの手術を行う場合、口腔内に感染源があったり、動揺している歯などがあると、術後に重篤な感染症や手術中に歯の損傷をきたす危険があります。また、抗がん剤や放射線治療を行う場合、口内炎がたくさんできたり、口が渇くなどして、食事ができなくなることもあります。周術期口腔機能管理外来では、こうした患者さんの口腔内を術前に診察し、必要な治療開始することにより、術後の合併症を減らしたり、なるべく早く口から食事が食べられるように管理をしています。また、口内炎ができて口腔ケアができない患者さんなどの専門的な口腔ケアも行っています。

抜歯外来

抜歯は一般の歯科医院でも行っている治療ですが、親知らずが深く埋まっていたり、横に倒れている場合、抜歯が困難なことがあります。また、心疾患や透析を行っているなど、全身的な疾患のある患者さんは、出血や感染、お薬の使い方など注意が必要なことも多く、通常の歯科医院では抜歯できないこともあります。抜歯外来では、こうした一般の歯科医院でできない抜歯を、地域の歯科医院や医科と連携して抜歯を行っています。抜歯外来は教授をはじめ、日本口腔外科学会指導医、専門医、認定医が担当しています。

senmon02

口腔インプラント外来

歯周病やむし歯で歯を失ってしまった場合、なくなった歯を補うための方法として、取り外しのできる入れ歯か周りの歯を削って装着するブリッジがありますが、それぞれ違和感があることや周りの歯を傷付けてしまうデメリットがあります。歯科インプラントは人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこに歯を作る方法ですので、違和感は少なく、周りの歯を傷付けることはありません。当科の口腔インプラント外来では、こうした歯の欠損に対するインプラント治療だけではなく、腫瘍などで顎の骨を切除し、広範囲におよぶ顎の欠損が生じた場合に対して、インプラントによって咬み合わせを回復する先進医療も行っています。

口唇口蓋裂外来

口唇口蓋裂は唇や顎が割れた状態で生まれてくる先天的な疾患です。口唇裂や口蓋裂の患者さんは、哺乳や発音、咬み合わせなど様々な問題が起こります。これらの問題を解決するために、形成外科、小児科と連携し治療を行っております。当科の口唇口蓋裂外来では、哺乳の補助となるHotz床の作成や哺乳指導、口腔管理などを行っています。

担当:酒向 誠

歯周病専門外来

歯周病はプラーク中に存在する歯周病原性細菌により引き起こされる感染症ですが、口腔内に限局せずに、歯周病と糖尿病、動脈硬化、誤嚥性肺炎、低体重児出産など、全身疾患との関連性が注目されています。当科の歯周病専門外来は、歯周病専門医が専門的に歯周病治療にあたり、口腔内の疾患予防だけでなく、全身的な健康に寄与しています。

担当:岩田 隆紀

矯正外来

詳細はこちら(矯正外来ページへリンクします)